中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春休み期間

さて、あすは春休み期間中の練習日。
この休み期間にどれだけ、部活や自主トレーニングなどの練習をしていたか、
はたまた、どれだけ英単語を覚えたか。

試してみよう。

さぞかしレベルアップしている事だろう。
相当数の英単語を覚えている事だろう。




と、いう事は多少キツイ練習でもいけるか?

そうそう、リベンジの大会直前だし。



久しぶりに英語で声出しやってみよっか?

新学年がスタートすることだし。





そうそう、これを書こうと思っていた。

主将のつぶやき。



『試合で、負けたらどうしよう、
 など弱気な事は思っちゃいけない。
 ただ、勝つとだけ思っていれば良い。』



素晴らしい。



安全に、無難にやっていると弱気になりがちだ。
普段の練習から、勝つためにどうするか、これだけを考えていれば、
何かが見えてくる。

この姿勢は野球を通じた、正に人間形成としての理念そのもの。
言った本人は、あまり意識はしていないだろうが、
このようなコメントが出てくること自体に自信を持ってほしい。





中学野球では、

試合に負けたって死ぬわけではない。

でも、

人間としての勝者になって欲しい。




あのような言葉は、

社会人ですら言えない人も多いハズだ。






スポンサーサイト

PageTop

それなりのチームに

今日の練習で驚いたこと。

3つ。



1つ目。 活気。

まだまだ声が出なかったり、タラタラとした態度があったり。
ま、ある程度はヨシとする範囲か。
でも、総合的に活気が感じられる。
明らかに、1年生が入って人数が増え、上級生の練習方針にうまく噛み合った状態だからだ。
特にベーランでは、ヘッドスライディングまでし始めた。
誰が言い出したのかはわからないが、3年生は殆ど全員がやったのではないか。
ベースランニングでのヘッドスライディングは実は物凄く難しいのだ。
当然綺麗に決まるのは数える程。
それでもベーラン練習でヘッドスライディングにトライできるという事凄い。
その証拠に、ヘッドスライディングしている練習を他チームに見た事が無い。
ノックの時に全選手に『もっとxxx』と声を掛けるタイチの姿勢は明らかにチームを牽引している。
1年生には手本してほしい。
久しぶりに参加したエイジの取組姿勢も、もうこのチームに無くてはならないものになった。




2つ目。ユタカのスイング。

今日はワイルドキャッツに借りた古いビヨンドマックスを持って行った。
3年生に使わせるため。
目的は、自分のスイングに対してなんらかの気付きを持たせてやりたかった。
私自身はビヨンドマックスがあまり好きではない。
ボールミートした場所が正確にわからないだけでなく、
驚きの飛距離によって引っ張りの意識になってしまう事、
更に構造的にポップフライが多く成る事が理由。
しっかりとしたスイングができるようになった選手以外には使わせたくはない。
しかし、飛距離が格段に伸びるのも事実。
私も何本かビヨンドマックスでHRを打ったことはあるが、結局はいつもの木製バットに戻している。
芯を食った時の飛びの違いは10m以上はあるだろうか。
だからこそ、キチンとしたスイングのできていない中学生には抵抗がある。
でもそろそろフェニックスでも使えそうな選手も出てきた。
私のターゲットはユウタとユタカだ。
試しにユタカにトスバッティングをさせてみた。
驚いた。
ビヨンドマックスに意識を行かせて実はいままでユタカが理解しなかった事をやらせてみたところ、なんと一発でできた。
ユタカ! なんて単純なんだ。
いや、なんて良いセンスをしているんだ。
左打者特有の左肘と左膝でボールを見て、
構えた状態から一気に振り出し、左半身で前に押し出す。
今までの2年間、全く聞く耳もないのでは、と思うほど変わらなかったのが、
今日はたったの10分程度で見事にやってのけた。
これが出来たため、
体の軸で持っていくスイングになり、
かなり速いトスでも難なく打てた。
また時折トスを変化させ泳がせてみたところ、しっかりと軸足で回転して左腕で押すフォームが完成。
これができればビヨンドマックス特有の効果は十分に出せ、同時に速球派にも十分対抗できる。
今までのユタカは美味い打撃をしていても実は速球派は苦手だったハズ。
もう速球派のストレートもスライダーも対応できる。
それにしても驚いた。ユタカの単純さ、じゃなかった素直さとセンス!
ユウタにも試したかったが次回の楽しみに取っておこう。
シンタにはユタカ以上のセンス打撃センスを感じるがまだ非積極性が邪魔をしているんだよな~。



3つ目。新1年生のタクミのピッチング。

1年生時点での投球力としたら私の8年間の経験からするとかなり高いレベル。
ただ、小学生のレベルでは抜きんでているが、これから『野球』としていくとなると、改善していかねばならない部分が山積。
まず、フォームが早いのだ。その結果タメをつくれていない。
タメがないのでフォームが流れる。流れるからちょっとした変化に対応ができない。
これは、野球の応用を殆どしてこなかった証拠と推測する。
たとえば左足を上げた時点でタメをつくらせると物凄くグラつく。
このグラつきは経験的に知っているようで背中を少し丸め、フォームを早くして本能的に防いでいる。
この工夫自体は素晴らしい。
しかしこれで良いか?
もっと根本を経験させてやらんとイカン。
3年生たちともちょっと意見交換した。
やはり投手以外のポジションを経験させなければ。
ユタカの投手やタイチの捕手のように。
この2人も言っていた。私も同じ経験をした。
殆ど全てをやったことがある。それによってチームメートの理解者になれるのだ。
そこから応用が利くのだ。だからチームメートと共に成長できるのだ。
まずは、タクミには捕手を経験させてやりたい。
いきなり野手はまだまだ時間がかかりそうだ。
しかし、捕手は投手経験にも大きく生かせる。
1年生の捕手としては今日ヒロトを初めて試してみた。
なかなかGOOD。
ヒロトは素直な性格と抜きんでた身体能力がウリ。
そのヒロトとどのくらい捕手として勝負できるか。
投手タクミを育成する意味で捕手タクミにチャレンジしよう!






PageTop

久しぶりの練習ブログ

新体制での最初の公式戦に負けてはしたが、
確実にチームとしては成長している。

とにかく新1年生が素晴らしい。

1年生の良さは以前のブログでも書いたが、新2,3年生からの影響である。

昨日と今日、特に目立った1年生はタイキとシュン。
この2人は取組姿勢が素晴らしい。

改善点もある。
タイキはグラウンドの右側での視野が狭いようだ。
セカンドを守らせた時の判断が三塁の時に比べて弱い。
同時にゴロを捕球してピボット回転動作して投げる、
要するにセカンドゴロで2,3塁へ投げるのが苦手。
まずは三塁または左翼で経験を積ませたい。
開き投げは絶対克服させないとイカン。
シュンは知識が先行してしまう。
その知識は中学野球ではない。
従って、多くの事を考える必要のあるセカンドで経験を積ませてやりたい。

この2人は練習の参加率も高く、殆ど欠席が無い。
今この時期に新1年生としての参加は、
新しい環境での野球を開始する意味で非常に効果的だ。

もう殆どダイビングキャッチは普通にできるようになっている。
シュンのそれは3年生でも負けてしまう選手がいるくらい。
2人ともボールの追い方が良いのだ。
低い位置から見ている。
このような選手は必ず打撃も良くなるだろう。

不思議なもので、野球の基礎レベルで守備と打撃は共通する。

なぜか。

ボールの見方とそこへ向かっての重心のバランスの持って行き方が同じなのだ。
ボールに対して雑な守備をする選手は得てして打撃でもボールを捉えるのが巧くない。

(xx選手は要反省)
(⇒今日問いかけたのは、なぜ2打席目以降の打率が極端に低い?)
(⇒雑なのだ)
(⇒ボールの扱い方も打撃のミートもチームメートの扱いも)
(⇒とてつもなく勿体無い)

今日は、タイキ、シュン以外にもリョウガとタクミも参加。
リョウガは肘に痛みがあるとの事なので、5m程度の至近距離からのノック。
相当な恐怖だったと思う。
でも、数十球後には打った瞬間に身体を移動することが出来るまでに至った。
凄い。本当にすごい。
おそらく3年生にこれをやると怖がって誰もできないだろう。
ただ、リョウガはボールを投げる時に左腕のグローブが上を向いてしまい、
それのせいで左肩が開く。だから肘に痛みが来る。

それとタクミ。新入部員。
先日の公式戦後に正式入部。
小学生時代は投手だったとのことだが、まだその全貌はベールに包まされている。
明日の練習試合で投げる事になると思うが、
タクミも投げ方に特徴がある。
タメがなく、胸の張りを使えていないのだ。
村上コーチによると、そこそこ速球派とのこと。
本人も、まだ本気で投げていない、と。(このコメント凄い!)

中学野球は特別な野球では決して無い。
彼らのような輝く原石に、怪我をしない基本のフォームとして注意をすることは
指導者として基本だろう。
いや、その指摘は義務と言うべきか。
しかし個性は伸ばしてあげたい。

そう、力を発揮できるように、
癖は直し、個性は伸ばす。
ここは要注意ポイント。






さてさて、明日は練習試合。
タイチとの投手としてプレーをするとの約束の開始。
なので先発はタイチ。

しかし、今日は練習で多くの球数を投げた。
本人が、多くの球数を投げた、という意識を持った、
いや持ってしまったようだ。
今まで無難に投げてきたタイチにとって、
私は、打者に向かって投げていないタイチの球数はその肩のダメージとして1/3以下と考える。
明日の投球に影響を与えるような球数では無い。
なので、投球練習後10人前後の打者と対戦をさせた。

私は一つ試してみる事にした。(明日の試合にいけないのは申し訳ない)
今までタイチ自身から避ける事さえあった投手。
久しぶりの先発で、いきなり簡単には良いピッチングなんてできるわけがない。
しかし、そんな状況でマウンド上にてどのような対処をするのか。
以前のように、『調子が悪いから今日はダメだ』このような発言はもう許されない。

『投手としてもう逃げないで取り組もう!』
先週のタイチと私の約束。

だったらこの1週間にどのような努力や準備をしていたのか。
全く何もやっていなかったら今日の練習で肩の筋肉が張ってしまうだろう。
何らかの準備をしていれば全く問題の無い範囲だ。

案の定、練習最後に私とキャッチボールをした際には、
1週前に即興で作ったフォームは既に崩れていた。
でも、一言のアドバイスで修正できる能力は流石だ。


さあ、タイチ。
最後の6か月へ向かって試練のスタートだ。
ここで『調子が・・・』とか『グラウンドコンディションが・・・』はもう誰もケアしてくれない。
タイチが投手としてもがき、這い上がらねば、フェニックスの目標達成は無い。
私は本気でそう思っている。

投手とは、エースとはどういう存在であるのか。
それに近い態度や姿勢でプレーしてきたのはタイチだけだ。
そのような姿勢に新1年生は信頼感を抱き、彼らのプレーが引き出されるのだろう。

打たれようが、四球連発だろうが、そんなの私には低プライオリティだ。

うまく行かない状況になった時に、逃げないで、どうやって工夫をするか。
そこにチャレンジするのが明日の練習試合の目標だ!

結果を求める指導者も居るし必要な事だが、
私は中学生野球の結果は二の次だと本気で思っている。

もがき苦しんで、そんな時に
仲間と共に工夫できるような人間性とチームワークが伴えば、
ついてくるのが結果なのだ。




PageTop

やつとできた練習

二週連続で降った大雪。
今週末は三週間ぶりの練習。

と思いきや、
グラウンドコンディションは最悪。
しかも、中学生は定期テスト前のため練習できず。

しかし、
新入部員の小学六年生で良い練習ができました。

土曜日参加
ダイキ、リョウガ、ミッキー、シュン、エイジロウ、シンノスケ

日曜日参加
リョウガ、ヒロト、シンノスケ

グラウンドの一部しか使えないので練習自体は限られてしまいますが、
この二日間の練習は内容の濃いものになりました。

皆、良い部分を持ち合わせている。
中学野球にステップアップする正にその瞬間で、
それなりに練習も厳しいと感じるでしょうが、全員プラスになっている。

二日間ともフルに参加したのはリョウガのみ。
シンノスケは事情があって土曜日は途中から参加。
まだ小学生という事か。
特に今日の日曜は3人だけの参加。
でも、こういう時の練習はとてつもなく実になる。

リョウガ
投球時のグラブ側の腕の使い方をチューニング。
グラブよりも肘が下がるフォームは左肩を開いてしまう。
大きな欠点の無いのは頼もしい。

ヒロト
野球に開眼した日になっただろう。
あれほどのノックを受けこなすのは2年先輩でも難しい。
あの短距離で速い打球に対して球を下から見られたのは素晴らしい。

シンノスケ
守備で足を動かす今までには無かった反応ができた。
また、4番への道に踏み出した一日になった。
スイングの形自体は六年生にして早くもチームNo1だ。


選手たちには、
その一日の練習の中で自分が納得のいくプレーを一つ、
または、今後のヒントになるものを一つ掴んで欲しい。
そうすれば、
昨日の自分より1点でもレベルアップした自分になれる。

どうしてもそのようなプレーが出来なかったら、
最後の外周を走っている時に
次はどうするか、
次までに何を準備するか、
それを考えれば良い。

要するに、
言われた事をこなすだけの練習ではなく、
自分のため、
そしてそれがチームのため、
それによって自分に返ってくるための
練習だと気づいて欲しい。



そう言い続けて今の中学生選手たちは練習を重ねてきたはず。




さあ、いよいよ3月中旬からは公式戦。
2年生にとっては最後の8ヶ月。

まずは来週のワイルドキャッツとの練習試合。

そこでは、今までの成果を出して欲しい。
昨年は全く試合にならなかったけど、
彼らの実力をそのまま出せれば、
昨年よりは必ず良い試合になるはず。


平均年齢 40才 vs 14才

はてさて、その結果は如何に…。






PageTop

欲と制御と反復

スポーツの理論は時代と共に変化します。

昭和時代は、バックスイングを大きくとれ、と言われていました。
それだけ、パワーを溜め込めるからでしょう。

今はそうではありません。
一昨年に在京球団から福岡の球団へトレードされた強打者はこれが原因で長年のスランプに陥っています。
メジャーでも殆どバックスイングはなく、捕手からすると突然バットが出てくるそうです。
投手もおなじですね。

何故?

昔は、今ほどにボールのスピードや多彩な変化球がありませんでした。
ストレートとカーブだけの優秀な投手が多くいました。

最近ではスライダーが中心。
プロはこれにスプリットやチェンジアップが加わります。

何故?

人の体力自体が向上していることが大きいのですが、道具の変化もあるはず。
最近の軟式球は硬式球に弾道が似るように設計されています。
また昔は多少汚れてもそのまま試合で使っていました。
土がこびりついたボールは思ったような変化をしてくれません。
と言うか、変化自体をしてくれないのです。
特にフォーシームの延びの違いは顕著でした。
だから、今で言うカットボールなどは否定されていました。
意識して投げる人が居なかったからです。
でも、ストレートとカーブははっきりと見分けができ、良し悪しが判断しやすく、要するに練習しやすかったわけです。

結果、そのような単純(先輩方ごめんなさい)な方針なため今ほどの繊細さは必要なかったのかも知れません。


しかし今はもう時代が違います。
バットだってその反発の仕方は昔から比べるとけた違いで改良されています。

そのような中で昔のようなまま、よく言えば豪快なフォームは現代の野球を難しくしてしまいます。
それでもそれを貫く姿勢は時に必要ですが、まずは基本をキチンとしてから豪快さを伸ばす必要があります。


やっと今日の本題です。

もっと強い球を投げたい欲。
そのために右投手の左肩が三塁方向までねじってしまうバックスイング。
いわゆる捻り。
野茂投手は特別。
そこを目指すなら並大抵な下半身トレーニングでは駄目。
相当な覚悟が必要です。
野茂投手の後に同じフォームで成功する投手が居ない事が証明しています。

その欲を抑制し、フォームを安定させる制御を最優先に。
それができたら、自分自身のフォームでパワーの最大化を図る繰返し練習とそこからのチューニング。

この順序が必要。

特に強肩の速球派投手は要注意。
腕や肩肘で投げるのではなく、体幹です。

投球練習を始め、バテてくるとイメージ通りの球が行かなくなる。
すると無理してさらにフォームに無駄を作り始める。
結果、制球できない。
更に無理する。
そして肩肘を故障する。
速球派の宿命でしょう。
若い選手には如何に指導者がキチンとみてあげるかでその選手の将来が左右されます。


上述のような状況になったら、投球練習を止めさせ、例えば外野からのバックホームなどの遠投に切り替えて練習させるなど工夫をしてやる必要があります。
遠投は捻りません。
速球派はガテン系や体育系で考えがちですが、練習を打ちきる厳しい姿勢も指導者には必要でしょう。

少なくとも、私が学生時代にそのようなアドバイスがあったらと、後悔するような思いは大切な選手たちにはさせたくありません。


さてさて、今日はお寒い中での練習始め。
ユタカ以外は体が動いていないようにみえました。
このように間隔が空くと動けなくなるのはもう今の選手の限界なのでしょうか?

来週は、審判講習会なのであまり組織的練習はできないかも。
選手の自主練習に期待。
現2年生はいよいよ時間がなくなってきた。

PageTop

野球初め

明けましておめでとうございます。
昨日は、自主トレ。
3時間程度でしたが、それなりにキツい練習ができました。

久しぶりに人が投げるボールを打ちました。
実際のバッテリー間の3分の2くらいの距離で投げてもらいましたが、
タイミングをとるのが難しいのなんのて、バラバラでした。

まずは、 逆方向に遠くへ飛ばす練習。
これが難しい。
しかし練習の最初に逆方向に強く打つ事は、
打撃フォームを作るためとても大切です。

次にフリーで打ちましたが、やはり力んでしまい うまくタイミングをとることが出来ません。

おそらく 200球近く打ったでしょうか。
久しぶりのスイングだったので今日は身体中が筋肉痛です。
私の場合は特に腹筋と背筋に来ます。
バッティングの基本は、やはり体幹です。
腹筋と背筋をベースにして回転で打っている証。
ちょっとホッとします。

吉田コーチはノックを打つと腕が筋肉痛になると言っていました。
彼は腰というよりも腕でバットを被せるように打つ特徴があります。
筋肉痛もフォームの特徴を知る一つのチェック項目かもしれません。


今日の私の筋肉痛は、お尻と腿にも現れています。
恐らくこれは内野ノックの練習の結果で、如何に低い姿勢をとっているかということがわかります。

特に左腿の筋肉痛は激しく、バッティングでの軸足と、ノックでの送球の際の軸足とでの結果であり、足腰を何故鍛える必要があるのかがよくわかります。


このような 基本的な練習で汗をかけたのはとても良かった。
練習後に飯島母さんから焼き鳥とノンアルビールの差し入れ、ありがとう。
フェニックスでの練習はいつもハードで、選手たちに意識が行っているので、
ついつい自分の水分補給を疎かにしがち。本当にありがたい。
汗をかいたあとのあの味は格別ですね。




選手で参加したのは唯一ユタカ。
やはり彼は相変わらずうまい。
特に守備は以前のブログでも書いたのですが、さすが!
多少のイレギュラーバウンドも問題無し。
この日はバッティング練習で大きな変化が見られました。
どうしても突っ込み勝ちなフォームのため、実戦ではなかなか打てないという欠点がありますが、この日は何球かは素晴らしい回転で打つ事ができました。
上述のように、逆方向に強い打球を打った後でフリーに打つ練習が効果的でした。
逆方向へしかも遠くへ飛ばすためには当てるだけではダメ。
しっかりとボールを見て引き付け、強く押し出すように振らなければいけません。
つっこむ打者や引っ掛ける打者にはうってつけの練習です。
私の学生時代の経験では、体ができていないにも関わらず強い打球を意識しすぎるあまり、からだ全体で反動を起こすフォームになり勝ちでした。
これは、同じような球を何回も繰り返す練習では打てますが実践では機能しません。
ユタカには早くそれを理解させてやりたい。
でも、回転と腕を押し出すフォームを数回体験できたのは
ユタカにとって大きな収穫でしょう。
その結果、私が使っている木製バットでもしっかりとボールを飛ばせていました。
あとは、左腕のパワーアップが大きな課題。
少なくとも握力は+5k欲しい。


そしてそして、飯島父コーチ。
実に逆打ちが上手い。
ユタカは身近にこんなに良い手本がいる。
でも、親子だとなかなか難しいんですよね~



吉井さん、五藤さん、吉田さん、飯島さん、飯島お母さん。
ありがとうございました。& お疲れ様でした。
いよいよ二年生にとって最後の年が始まりました。

今年もよろしくお願いいたします。



PageTop

今週末は練習無でした

昨日、今日は練習無。
先週末は土曜日に練習、日曜日は練習試合を2試合でした。

土曜日の練習参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、タマ

この日の練習はとにかく走った。
ベーランは当然、野手ノックでは必ずランナーを置いて実施。

10人ベーランも。
何故か最近は彼らは、イヤ、と言いながらもまんざらではない様子。
事実、この日は2回やりました。
その中で1回はなんと最高記録。
3分4秒

2回の内、1回は1年生が2周走りましたが、そこそこ着いてこれるようになっています。

ノックでは4人対4人で試合形式。
1,3塁手とレフトとライトの4人。
ランナー2塁から、1ヒットで生還、またはフライタッチアップを阻止。
3人連続でランナーが成功したら守備につける。
ランナーはセーフにならないといつまでたってもランナーで走る練習です。
これを3イニング。(6回交代するまで)

次は、1塁手、3塁手、遊撃手と打者。
打者はトスバッティングで三遊間に転がして三塁手が捕って1塁へ送球と同時に2塁ベースへ・・・
といういつもの内野フォーメーション。
その間に1塁ランナーの相手チームは一気にホームイン。
これを3人連続で成功すればランナーから守備へとチェンジ
これも6交代くらい。

上述したようにかなり走りました。

その成果かどうかはわかりませんが、翌日の練習試合は2試合とも勝利との事。
なかなか良い試合展開だったようです。


1年生のタイムリーエラーがあったようですが、
その選手は最近の練習に参加していない。
今の時期は、不参加=実力差 となるので、なんとか参加してほしい。



待っているぞ、サトシ&カイ!








PageTop

テスト休み

今日は、永山中学以外がテスト前で休み。
なので永山中学生は来られるはずなのだが・・・

参加
中2:ヒロ、トモ、ユウスケ  の3人。

サトシとカイはどうした?
今、中1生は基礎を叩き込んでおかないと、先が難しい。


さて、先週の決勝戦は残念だったことは皆わかっている様子。

今日の3人は特に反省すべき。

しかし、今日の練習では素晴らしい動きを見せていた。
だからこそ、勿体無いのである。

彼らはポテンシャルを持っている。
なのに、自らそれをしまい込み、更にはチーム全体のムードを下げてしまう。

今日は、かなりキツイ練習に成らざるを得ませんでした。
ペッパーノックに10人ベーラン。

特に、来月からは小学6年生が入ってくる。
その時に恥ずかしいプレーはできない。

また、正月には、あと80回くらいしかこのチームでプレーできない事を確認しましたが、
もうこの時点で半分に。あと40回程度でしょう。
何かをつかまないといけない。

そのためにも、また先週の試合の反省を込めて、更には来週の練習試合に向けて
きっちりと練習できる日だったのですがなかなか人数が集まらない。
あと2人来れるハズだったのに。


でも3人は上述の練習でかなりハードで、
グラウンドで足が動かなくなるまでボールを追いかけました。
良い練習です。

ペッパーノックでは、ちょっとへばるのが早い。
もう少し食らいつきてこれれば、そこからが巧くなるチャンス。
10人ベーランも3人であると1人は3.3333周。これはキツイ。
なので、3分10秒のいつもの目標ではなくて3分25秒に。
きっかり3分24秒99で完了したところは、まあまあかな。
必ずや、今日の3人には良い体験になったことでしょう。




今日のような態度で臨めば、ヒロも投手をやる資格あり。
しかし、先週の罪は重すぎた。

どうやって彼が投手としての信頼を挽回するのか注目してみたい。
ポイントは、今日も指摘したが、リョウを生かせるようになれば本物だ。

1年生を煽てろ、と言っているのではない。
目標とされ、尊敬され、自身がチームのリーダーとなって牽引する結果で
他のメンバーにイキイキとプレーさせる事だ。
自分だけ巧くなり、他が追いついてこないからキレた態度をとる。これでは人間失格。
子供ならまだしも、これからの日本社会を背負う若きリーダーになるのだから!

少なくとも次の公式戦までに、彼が自分自身で信頼取り戻せば
投手としてもっと先を見たコーチングをするつもり。
でもあと40回。どんどん残りが少なくなっていく。

本人はわかっていないかもしれないが、
今日の練習は部分部分で投手としての練習要素を取り入れたものだ。
まだ子供だから、わっかんないだろうな~。

ヒロ以外にも、トモ、ユウスケももう十分リーダーとしてこのチームを牽引する立場だ。
トモは最近少しずつだが、闘争心に近いものも出始めている。
ユウスケも率先した言動が出てきている。

先週の決勝戦では、タイチだけがチームに声を掛けていた。
フェニックスは、全員が戦力であり、全員がリーダーであれ。


でもなぜ1年生は練習に出てこないのだろうか・・・




とにかく、
巧いか下手か、勝か負けるか、ではなく、どのように努力して、どのように工夫するかだ。
来週日曜の練習試合では、選手達が自ら率先して行動する意地を見てみたいものだ。
そのためにはあと1週間、自分で調整するチャンスがある。
来週の土曜日も、そのためのチーム練習をするチャンスがある。

さてさて。







PageTop

今度こそ決勝前

先週は決勝戦が雨で順延。
いよいよ明日。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、ユタカ
中1:リョウ、タマ

今日は、永山中学がテスト前のため参加人数は少ないが、
それでもいつもの土曜日と変わりなく5人。
ヒロはテスト前休みのはずの永山中学生だが、練習に参加。
良いのか、悪いのか・・・
その代り、ヒロには英語で平均点以上とることが命題。

さて、タイトルにあるように決勝前。
とは言っても秋も深まるこのシーズン、少しずつ基礎練習に戻しつつ。

今日はバットを右へ左へ連続でスイングする練習の基礎に着手。
まだまだ綺麗な軌道でスイングできる選手が少ないので、まだこの練習は難しいので
今日はトスしたボールを左右にスイングする中で打つ感覚を持たせました。

まあ、そこそこ出来たかな。
この感覚で、自主的に素振りなり、または試合の打席直前にやってくれれば良いのですが。



ところで、今日は一つ発見がありました。

ユウタのピッチングです。
相変わらずティラノザウルス投げなのですが、吉井部長がピッチング練習を丹念にやってくれるおかげでなかなか良いボールを投げられるようになってきた。
これが驚き。
ボールを指先で切り離す瞬間の球離れの感覚は、おそらくチームで断トツ№1。

そのため回転が素晴らしく、捕手の手前でのキレが抜群。
どうしてもティラノのためボールに体重が乗らないので、トップの位置直前までに右腕を弛緩するよう下に下ろすフォームでも練習。

ただ、あの指先の感覚があれば、フォームを矯正しなくても自分で発見するかもしれない。
それが一番。
そのためにユウタにはA球でピッチング練習をさせる必要あり。
それと、変化球は厳禁。
ボールに体重が乗せられるようになってから変化球を練習しないと、
せっかくの指先の感覚がずれてしまう。

はやく試合でつかってみたいものだ。

でも、このチームの投手陣は今はユタカとヒロが牽引している。
明日の決勝はこの2人。

しかし、この2人にタイチとユウタが加われば、物凄いチームになる事間違いなし。
本当に、多摩地区の全大会優勝を目指せる。(目指すのは自由なので)



それと打撃練習では約半分の位置から私が投げて実施。
それなりに力を入れた速球と半直球、それにチェンジアップを交えて実践を意識。
さすがに半分の位置から投げる球は打ちずらい。
が、奴らはそれなりに対応できるようになっている。
これまたびっくり。
コーチ陣が想像する以上の実力が付きつつある。
実際に選手達と対戦してみればわかります。
今までこのチームで8年コーチをやってきましたが、間違いなく3本の指に入るチームでしょう。

問題は、それが常に発揮できるかどうか、それと向上心がもう少しあれば・・・
この点がまだまだ子供なんだよな~。

身体が小さい分迫力不足ですが、でもまだ2年生。
これから次のステップが楽しみです。



明日の決勝は楽しみなのですが、私は家の用事があって、どうしても間に合わない。
でも、確実に勝つでしょう。







PageTop

これでも決勝戦前

相変わらず土曜日は選手があつまりません。
それでも6人。

中2:タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:タマ

久しぶりに、バットでのキャッチボールを実施。
一人はグローブ、もう一人はバット。これで遠投してワンバウンドを相手に打ち返す。
以外に巧かった。
この狙いは試合での変化球への対応と、素早いステップワーク後に早く軸足でためを作って打つ練習です。
もう一つ、これが大きいのですがバットコントロール。
変化球への対応としては、遠投されるボールをよく見て、バウンドに合わせて打つため、
タイミングをとるのが難しく、必ず一呼吸置かなければ打てません。
また軸足を早く固定しなければスイングが出来ません。
自分で移動することでボールの位置を自分で決められるのですが、真ん中に来ることは殆どありません。
そん中で相手にボールを返さなければならないため、自然と投手方向へバットを押し出さねばなりません。
それなりに難しい練習ですが、その見返りは必ずあるのも事実です。
ただ、これが適している選手とそうでない選手がいるので要注意。
タイチとトモのコンビが巧かった。

次はベーラン。
実は今日はベースランニングを多くする計画でした。
と言っても、単なるランニングだと気合が入らないので、
内野ボール回しをホームの位置から2周する内に、ランナーは1塁からホームまで帰るランニング。
2回連続でホームインできればランナーは交代としましたが、大体一人4回くらい走ったでしょうか。

それにしても何故か皆体が重そう。
そこで、10人ラン。
今日は6人。結構きつそう。
しかししかし、出ました、新記録。3分4秒。

練習中にどうも気合いが入らないので、後でもう一回やりました。
さすがに、ボール回しランと10人ランをやっているので体力も消耗しているため、
目標を3分15秒としました。
結果、3分14秒。
なかなかやるじゃん。

しかし、このベーランで体力を使い切ったか、後半は殆ど声も出ず、
活力の無い練習になってしまいました、
途中でタイチが帰宅ということもあり、
どうしても人数が少ないとこうなります。

でも、OBのキヨマとタケのバッテリー組みが来てくれたので良い刺激になった事でしょう。何しろ甲子園出場経験者。

打撃投手をしてもらいました。
スピードは大したこと無いのですが、打者との駆引きが巧かった。
インハイのボールの後にアウトローにスライダーまたは速球。
これをやられると、手も足も口も出ない。
そこで打者の鉄則。
インコースにボールが来たら、普段から体または目を近付けながら避けること。普通にボールから遠ざける避けかたをすると、その動きが体に残像として残り、アウトコースが打てなくなる。


それにしても、
最近、トモに元気が無いのは今日も気になるところ。
外野守備がどうもザル。
特にフライが捕れない。
試合での外野フライは実は捕るまでにかなり緊張するものです。
なので私は練習ではなるべく大きな、高い、強いフライを打ちます。
試合で、中学生のフライを楽に感じさせるためです。
その大人のフライだから難しいのはわかっていますが、1,2か月前は最もうまく外野守備をしていたトモですが、ボールが見えていないような動き。
本人に聞くと、見えている、と応える。
野球は気が付かない内に目が影響していることが多いので、メガネを替えてみたらどうか。
私も、全く打てない時にコンタクトレンズの度数を替えただけで打てた経験が多くあります。
ベースランニングはそこそこ速く走れるようになっていますが、最後の外周は唯一、目標タイムに届かず、最後は私が背中を押して走る状況。
どうしたのか? マジで失恋?

でも今日、私は実は安心しました。
OBキヨマの投球で初球を左中間ライナーで抜けるランニングホームラン。
このような初球から打つ姿勢は、少なからず闘争心に火が付きつつある証拠。
だからこそ、私はトモを4番にしたいのですが・・・。


さてさて、外周の間にコーチ間で確認しました。
①2ストライク後に外すのアウトコース。
 インコースに外す事もあるかもしれませんが、私が打者なら2ストライク追い込まれていて、
 インコースにボール球が来たら避けながら当たります。
 従って、外すのはアウトコース。
 投手心理からしてもそうですね。
②複数ランナーが居る時の考え方。
 たとえばランナー2,3塁時の外野の考え方など。
 エラー/ヒットは良いのです。しかしその後2塁ランナーをどうするか。
 外野フライの時にホームかサードか。
 これはミーティングも必要ですが、実戦の中でそのプレーが出た時にミーティングで言い聞かせる。
 だからこそ、練習試合が必要です。


さて、とにもかくにも、明後日は決勝戦。
明日の練習で全員が参加して気持ちを持っていければ良いのですが。

目標は、多摩チャンピオンは当たり前。
そんな小さな事ではなく、早く東京レベルへ。
でないと世界王者になれない!




そうそう、タイチが早く帰ってしまったので細かなアドバイスができませんでしたが、
以下の2点、注意するように。
①ボール回しの時に言った、投げる前の両足スタンスを肩幅以内に狭める事。
 これが自然の立ち方です。自然が全てのスタートです。
②投げる時にパワーの連動が無い。スパイクの歯から始まって最後は指先&爪。
 その途中で腕が大きな役目を果たすが、下半身から腕にパワーが伝わっていない。
 もう1テンポで良いので、腕の始動を遅らせることで下半身からくるパワーを腕に伝達するように。



今日は、ユウスケが1つ理解出来た事を期待したい。
ユウスケは、ゴロを捕りに行く方向のまま捕球後も体を流しながら投げる。要するに下半身で粘れていない。ずっと治らなかったけど、やっと理解してくれた。と思う。今までは、理解ができなかった。

さあ、明後日の決勝戦へ。

(でも私は明日休みです)




PageTop

公式戦間の練習

先週末の決勝戦後に誓った今週末の練習。
しかし、昨日土曜に集まったのは5人。
やはり混成チームの難しさか、もう少し人数を増やさないとなかなか難しい。

参加
中2:ヒロ、トモ、ユウスケ
中1:タマ、カイ


実戦形式の練習をしよう!
平日の間に各自でトレーニングを積み、土日でその成果を披露しよう!

と、確認して臨んだのですが・・・

とは言うものの、全く練習ができなかったわけではありません。
前回の試合で、その試合前の練習や試合中での野球に取り組む姿勢を注意したヒロ。
この日は率先して、球拾いやチームメイトへの声掛けなど、率先した姿勢を見せていました。

ヒロはこれができる事は十分わかっていますが、いかんせん試合中にそれがまだ出せない事がある。
これはヒロだからこそ、指導陣として求める事。
この日の練習は姿勢が素晴らしいからこそ打撃も守備も動きは一歩も二歩も抜きんでていました。



心配なのはトモ。
最近の試合でも精彩を欠いていました。
特に先週の決勝戦はまずかった。本人もわかっているハズ。
同じミスを、それも大きなミスを2回繰り返してしまった。

ちょっとしたダッシュでも1年生に負けてしまいます。
負けるというより勝負をしていない。
全力を出していないのです。
これでは、ポテンシャルを出せないどころか向上しません。実にもったいない。
この姿勢が大きなミスを繰り返してしまい、失敗すると抜け出せなくなってしまう原因。
中学生のこの若い時期になんとか克服させてやりたい。

トモにはトモの良さがあります。強みがあります。
常々私は選手一人ひとりに言っていますが、
このような状況の時に私から再度言い聞かせても無意味。
やはり自分自身で気付かなければいけない。

いつもこのチームでは個々の選手の状況を鑑みてそれぞれでの指導をしています。
今、正にトモには変化が必要です。
しかしダメだからと言って下位打線や別の守備位置にしてしまうと
それなりの選手になってしまいます。ここが難しいところ。
危機感が自意識のある強豪高校野球ならそれで良いでしょう。
でも、我々は中学生のしかもクラブチームです。
そのメリットを生かして指導をするべき。


さてさて、来週の試合は因縁の相手。
だからこそ、トモの復活が必要です。
トモの活躍なくしてフェニックスの優勝はありえません。


ということで、
トモを4番に推薦します。


ヒロでもまだ4番は打っていません。少なくとも私が関与した試合では。
ヒロに4番は打たさなくても、今のトモにはそれぐらいの期待を掛けるべきです。
トモはそれだけの努力を(以前は)していたハズ。

いつも言いますが、4番に結果は求めませんが、最高のスイングができる事が前提です。

とにもかくにもトモが納得のいくスイングをするまで4番に座らせてみようと思います。
歯を食いしばるような、自分を超えるようなスイングを。
監督が却下したら諦めますが。



さあ、どうする? トモ。







PageTop

久しぶりの練習

台風や試験休みなどでなかなかできなかったので、
やっと練習ができました。
久しぶりに見る選手達の状態は、以外と悪くはありませんでした。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、タイチ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:サトシ、カイ



またまたウオーミングアップでいつものやつをやりました。
ジグザグダッシュ&ヘッドスライディング。

明日も練習があるのであまり体力を最初に消耗してしまっても
モチベーションが上がらないので、今日は1回だけ。
でも1年生は可哀想にルールが分からないとの事だったのでルール説明も含めて2回やるはめに。

でも、このチームは1年生のレベルが上がれば非常に良い野球ができる。
1年生もほぼ全員が試合に出るのでここがポイントになりそう。




さて、今日は久しぶりのキャッチボール練習中にボールを投げるフォームのチェックを行いました。

■ユタカ
投げる時に使う筋肉のイメージを持たせました。人間は不思議なもので意識するだけで鍛えられる筋肉の発達に差がでます。この選手はきようなのでどうしてもただ投げるだけになってしまう。そこで、ボールリリースの瞬間からその直後に肘から先の筋肉だけを意識させました。これによって、リリースの瞬間のスピードを上げ、ボールにキレをつけさせたい。

■タイチ
今日はクロスステップしていましたが本人は気が付かなかったとの事。クロスステップは悪くはないけど体の使い方が物凄く難しくなる。それと、ユタカと同じでただ投げるだけのフォームからメリハリをつけさせたい。ユタカにはリリース直後を意識させましたが、タイチにはリリースまで脱力することを指示。クレバーなタイチなだけにこのイメージをどうやって自己流につなげていくか見ものです。ここを克服できれば長く苦しんでいるアーム式投法を改善でき、本物の投手になれるハズ。

■ユウスケ
最近のlevelアップはチームNo1。気持ちの持って行き方がわかってきたのかもしれません。左足を上げて軸足に体重が乗る瞬間に軸足がブレて外側に体重が乗ってしまう事が多い。すぐに本人も理解した様子。この癖がなおればヒップファーストにもつながり、更に強いボールを投げられるようになるハズ。

■トモ
実は肩が強い。実は足も遅くはない。なかなか100%を表に出せない選手ですが、徐々に出始めています。スローイングでは、腕の始動が早いため体重移動を腕のスイングに繋げられていない事を指摘。しかしこれを治すのはなかなか難しい。以前からわかっていたのですが体も小さくまた上述したように100%の表現がうまくない選手だったのでいつここを指導するか待っていましたが、今チャンスです。これをクリアできれば投手だっていけます。

■ヒロ
最近腕のスイング軌道が変わってきました。本人はわかっていなかったようですが。でも素晴らしい変化です。皆これがなかなか出来なくて苦労するのです。腕のスイングで作る軌道が今までは斜め。要するにスリークオーター。だったのですが、きちんと両肩のラインより上に肘が上がり、スイング軌道が縦に。正にオーバースローです。しかし難点は体を捻ってしまうため目線が切れてしまう事。これではコントロールは付きません。投げてみないと分からない投法です。従ってフォームに影響を与えないようにかつ目線を切らないようにするため、相手側の目、要するに左目だけで相手を見て、右目はどこでも好きなところを見て良し、としました。基本中の基本です。

■ユウタ
以前からティラノサウルス投げと言っているのですが、足を挙げた時点でボールを持つ手首が脇の下近くに来てしまい、強いボールを投げられる体力があるにも関わらずうまくいきません。そこでトモと同様に腕のスイング始動に一呼吸入れてタメを持たせるようにしました。しかしこれもなかなか難しい。でも治れば物凄いボールを投げるハズです。

■ごめん、中1の2人は今度チェックします。


さてさて、
今日はちょっとした実戦練習を試しました。
常に考える練習を目指していますが、今日は特にチャレンジ。
1outランナー2塁。選手はセカンドとライト、残りは2塁ランナー。コーチが1,3塁に入ります。
ここでノック。
想定されるシチュエーションは、
・フライでタッチアップ、3塁進塁とその阻止
・セカンドゴロで3塁進塁とその阻止
・ボールの落下で2塁ランナーは一気にホーム生還とその阻止

セカンドにユウスケ、ライトにはトモ、サトシ、カイ。

なかなか良い練習ができました。
練習メニュー後の休憩時間中に選手達と話をしましたが、
体制が崩れている時こそタッチアップのチャンス。
しかし、落とす可能性もあって、先日の西武球場で2,3塁からのセンターフライで
2人が生還したプレーの凄さ、難しさを多少は理解できたようです。

このような戦術的練習をするにはコーチの人数が必要です。
今日は新たに鈴木さんが加わっていただき、とても助かりました。



それと、今日もロングティー。
印象的だったのはみんな個性が出始めています。

特に、ユウタのペーパープッシュヒッティングのアドバイスは非常に効果的。
彼のミートは物凄いパワフルになりました。
今夏に入ってからは、ボールを弾ます野球からボールを運ぶ野球へと指導しています。
弾むボールの野球は小学生まで。もう大人と同じ体格になりつつある選手は弾ますのではなく
自らの体でボールを飛ばす投げると言う事。
バットにボールが当たって弾むのではなく、紙を打つイメージ。
バットに巻き付いた紙は弾みません。それを飛ばすには前に押し出して強く早いスイングを
しなければなりません。今日にユウタのスイングは正にそれがイメージされていました。

それとタイチ。
インコースの打ち方で引手側の体を開くのではなく、バットの内側で詰まっても良いから
肘を畳んで押し手側の半身を押し出すというアドバイス。
元々遠くへ飛ばすよりもしっかりとしたライナーを目指したいと言っていたのでこの理論がバッチリ適合。
今日のインコース内は大人顔負けするフォームで打っていました。



明日は私は参加できませんが、吉井部長へはバッティングマシンを使ってバントと打撃を徹底的にやってもらうようにお願いしました。


来週は試合。勝てばメダル。
今まで苦労した分、3年生の抜けた他チームに脅威は感じません!
でも試合運びが下手なんだよな~。

そこは練習でしか克服できませんね。




PageTop

ラッキーorアンラッキー

先週は台風で練習できず。
今週はテスト前で参加人数が1,2人になってしまい、今日は中止に。

前回、せっかく3年生のいる相手チームに公式戦で勝利したというのに、
練習が全くできない。

特別な勝利の後ほど重要な練習はありません。

各自、自主的に勝利のイメージで素振りやランニングなどしているのでしょうか?
それとも、勉強に専念するのもよし。



個のレベルについて議論されることの多い選手達だが、
ベースはチームワークで勝っている状況です。

個のレベルでは到底勝負するレベルには至っていません。
だからこそ個のレベルアップは大きなウエートを締める事は間違いなし。

勝利から次の練習までの約4週間を各自がどのように過ごしてくるか、
次の練習が楽しみです。



ただし、勉強は野球より多少ウエート高く頑張って欲しい。


以前のブログにも書きましたが、
野球は、使う道具やルール、更には9つのポジション毎のセオリーが非常に多岐にわたっています。
私の知る範囲では他のスポーツを圧倒するでしょう。

それほど、野球は頭を使うのです。
勉強にも必ず活かせます。

いわゆる、野球バカには決してならないように。
普段から工夫をして、柔軟な頭脳をつくるためにも、
野球と勉強の両立に励んでください。






言うは易し、
行うは難し。






PageTop

公式戦初勝利!

やっとです。公式戦初勝利。
相手は近隣のライバルチーム。いつも3年生にやられていましたが、
今日は1安打に抑えての完勝。
しかも、約束通りに夏休み最後の練習試合で1つ勝利した後の公式戦トーナメント。

参加
中1:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中2:リョウ、サトシ、タマ

またまた9人ちょうど。

4-2のナイスゲーム。
ただいくつかの反省点もありました。

守備では、仲間がいっぱいいっぱいの中でプレーしていることを常に想定しておく事。
先制された3回裏。1アウト 1,3塁。
ここでピッチャーゴロ。ユタカがジャンプして好捕。すかさず2塁へ送球。
この判断と動きは素晴らしい。野手を信頼していなければあのプレーはできない。
遊撃のヒロは何とかその送球を捕球し2塁ベースを右足でキックタッチ。
難しい体制のまま1塁へゲッツー狙い。
流石に送球は難しいハーフバウンドになり1塁手は捕球できず、3塁ランナーホームイン。
エラーは当然悪送球の遊撃ヒロに。
しかし、その時1塁手は悪送球を前提に構えていたか?
昨日の内野ノックで難しいボールを止めていた1塁手。
それは難しい打球を想定しているから止められる。
特に1塁手は、打球より仲間の悪送球を止めて欲しい。
リョウだからこそ求めるプレーだ。

もう一つ反省すべきは、試合の流れを離してしまう事。
チャンスで押せ押せの場面、見逃し三振やフライで走らず。
このようなプレーは気持ちの問題。
今日のこのような反省点の多くは1年生でした。
要するに試合の中では当然出てくるプレーです。
これをどのようにチームとしてカバーするか。またはどのように削減するか、ここがチームワークとしての課題であり、我々フェニックスとして最も目指さなければならない点。
1年生のミスはミスではなく経験です。


しかし、しかし。
そんな反省点以上に素晴らしい事の方が多かった。
ポイントは以下の4つ。

①先頭打者の出塁
7イニングの攻撃の内、4度成功。3度はヒット。
でも最終回逆転に成功したのは先頭のタマちゃんの振り逃げ出塁。
これは大きい。
それまでの2打席はどうもアウトコースに苦しんでいたように見えたので、
バットの内側で叩くために、ベースに近づけさせました。
その工夫でしぶとくファールも打って粘っていました。
それが奏功して最後三振でしたが集中していたため振り逃げ出塁。
ヒロ、ユタカ、ユウスケの1、4,6回での安打出塁も技術と精神力がついてきた証。

②確実な送りバント成功とそのあとでの確実な加点
6,7回。共にノーアウト1,2塁で、それぞれユウタとユウスケが最高の送りバント。
あの緊迫した場面できっちり成功させたのは明らかに精神的優位に立っていた証拠。
3塁手に捕らせる綺麗なミートは打撃力がついてきたことにも通じる。
更にそれぞれのバントの後で、タイチとユウタが確実にクリーンヒットで加点。
このコンビネーション! いつの間にこんな精神力がついていたんだろうか?

③ランナーを進めるためのゴロ打球
7回、送りバント直後1点ビハインドの中で1アウト2,3塁。
散々練習の中でもこの場面を想定してきました。
難しい投球をなんとか遊撃に転がしたユタカ。
更に逆転後の1アウト2,3塁でのタイチ。投手は勢いを止めるべく変化球多投するなか、
体制を崩されても転がしたあの執念は素晴らしい。
ちょっと昔ならみんなポップフライだった事を考えると明らかに成長している。

④足で相手バッテリーの牽制
実はこれは紙一重。
しかし、失敗を恐れないでリードをとり、スタートを切って走者から牽制する姿勢は練習の賜物。
相手捕手がタイムをとって投手にランナーを気にし過ぎと明らかに注意した場面がありました。
その直後、投手の軸足が牽制をしないように伸びきっていたのでダブルスチール。
まんまと成功しました。
特にランナーで目立ったのは、ユタカとタマちゃん。
あれだけ投手に牽制させたのは明らかに相手のリズムを崩していました。
紙一重と言ったのは、リードが大きくなってしまい間一髪、というシーンがあった事と、
1アウト2,3塁での3塁ゴロでゴロゴーができなかった事。
これはやはりベンチからゴロゴーをサインで出してやらなければいけませんでした。


もうひとつ、見逃してはいけないのは、トモ。
悔しい打席が続いた3打席目。明らかに集中していました。
その結果、四球。こういうのがチームとして大きい。
打者にはいつも言っています。複数回巡ってくる打席の中でストーリーを作れ!
1打席目を活かして2打席目に臨め。2,3打席に繋がる1打席目にしろ。
今日のトモはたまたまヒットはありませんでしたが、このような集中力は素晴らしい。

更に更に、今日のバッテリーは相手を1安打。
8個の四球はいただけませんが、まあこんなもんでしょう。
私はイニング数前後はOKと思っていいます。
今日先発はユタカ投手にユウタ捕手。リリーフではヒロ投手にタイチ捕手。
4人とも特徴を活かしていたように思います。
タイチのキャッチングがうまくなっているのに驚き。左ひざの使い方を教えるとすぐにできていました。
凄いのはランナーが出た時には自分で判断して膝を地面に着けていなかった。
しっかりとコーチの言う事を自分自信で考えて実践している。
決して言われたことだけをやっているわけではない。これが素晴らしい。
でももう少し経験を積む必要あり。でもタイチならすぐに吸収するでしょう。


とにかく今日は全員よく声が出ていました。
特にサトシ。
レフトから絶え間なく声でチームを鼓舞していたあの姿勢は
もうフェニックスには必要不可欠なものになっている。



こういう野球ができるチームなんです。
なかなか理解できていなかったかもしれませんが、これで大きな自信になってくれることを期待します。


ヒット数はいつもあまり期待しませんが、3年生投手から7本の安打は立派。
声出しも試合を通してずっとできていました。

とうとう来たかもしれません。
今まで1,2年生だけで散々やられまくってましたので、
これから同学年との対戦は必ず優位に立てるチームです。





おめでとう!

監督、部長、お疲れ様でした。
まだまだ反省すべきまたは改善すべき点は多いチームですが、
ヤツらはなんとも素晴らしいゲームをやってくれました。
もう少し早いイニングに点を捕ってくれれば良いのですが・・・




33打席 28打数 7安打 .250  立派!
犠打2             成功率100% 2回ともノーアウト1,2塁
四球3             死球をとれるくらいにベースに近づかなくてはイカン
三振9 (見逃し2個)       多過ぎ 1年生だけで6個
盗塁2             ダブルスチール
フライアウト3         これが凄い! 11打席に1回しか打ち上げていない確率







PageTop

2選手でも内容濃い練習

明日は試合だというのに、たった2選手での練習。
中学校でのイベントがあるとのことなので仕方なし。
それでも良い練習ができました。

参加
中1:ユウタ
中2:リョウ


選手2人に対し、監督コーチ陣は4人。
でも、参加した2選手は志高く、本当に良い練習ができました。

マウンドからのピッチング、
ロングティー、
内野守備


■ピッチング
リョウの練習しか見られませんでしたが、
プレートの使い方、
軸足と前足の置き方による重心の安定のさせかた、
上げて踏む出す足の使い方
グラブ内の親指を手のひらの下から捕手へ突き出す方法、
などなど、良い経験になったと思います。
同時に捕手をやったユウタには2塁3塁への捕手からの牽制をやりました。
どうしても2塁へ送球すると方が開いて、肩を痛めがちになるので、
途中で急きょ1,3塁への送球に変えたところそこそこうまくできていました。

■ロングティー
今日の重点ポイント。
この2人は間違いなくどちらかが4番に座らなければいけません。
最初は84cmのバットを歩幅間に入れて下半身を意識させ、
次にフリーに打たせました。
特に、ボールが弾んで飛び出してしまう打撃ではなく、
紙を打つイメージでボールをバットに乗せて運ぶ打撃を意識させました。
最初はなかなかうまくいきませんでしたが後半は素晴らしい打球が飛ぶようになりました。
しかし1年生と2年生の差はまだまだ大きい。
ユウタからは常にリョウにアドバイスさせましたが、スイング後半の体力が無い、
という指摘はまったくその通り。

■内野守備
この2人に1塁手をやらせるのは、この2人ならばボールを止める事ができるから。
その信頼感は絶大です。
この2人をシートノックの時によく同じポジションにして、お笑い系!
と言いながらジョークを言わせてノックしていましたが、
この2人への送球時に他の野手が気楽に投げられるようにするためです。
それはこの2人だからこその事なのです。
今後のフェニックスを考えると、この2人が3塁手をこなせるようになるとチームとしての
レパートリーが広がり、チーム力が増すこと間違いなしです。
そこで3塁手の内野ゴロをやりましたが、練習着がドロドロになるまでに頑張りました。



最後の外周も3週のタイムノルマをリョウが達成できなく、リョウだけ+2週になってしまいましたが、
ユウタが1週分助けてそれぞれ+1週で完了。

これこそが、チームプレーです。

間違い無くこの2人がフェニックスを引っ張るべき逸材です。

リョウはまだまだ気が弱く、自身が伸びる練習の手前で諦めてしまう事が目立ちますが、
この2人のコンビは捨てたもんではありません。

今日の練習は本当に内容的に濃いものとなりました。
このような練習ができるのであれば、
人数は少なくともフェニックスとしての意味は非常に大きなものとなります。


さあ、明日の試合。
この2人だけは特に結果ではなく、今日の練習のような意気込みとプレーが出せればそれでOKです。
それによってチームメンバーは必ず牽引できます。

もっともっと自信を持て、ユウタ、リョウ!






PageTop

今週末

今週末は、来週早々に開催されるグローバル会議の準備のため、練習は土日共に欠席します。

日曜日は、以前から監督に頼んでいた練習試合がやっと組まれたのですが残念。

しかし、前回ブログにも書いたように、全員での練習をした後で臨む試合でないと、

なかなか目標設定としては難しいですね。

今のままだと、そのうち勝てるでしょう、的な試合を重ねてしまっているように感じてなりません。



選手達のモチベーションを上げて、
全員が参加して、目標を持った練習をして、
精神的に強くなるために礼儀や感謝の気持ちを持ち、
そして勝って。

そこに、モチベーションが上がる要因がある。

そんな好循環にはやくならんとイカン。






PageTop

練習の人数

今日は、朝早くから行けたので明日の練習試合に向けて基礎技術練習をしました。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、トモ、ユタカ、ユウスケ
中1:タマ

いつもいつも、練習参加の人数が少ない。
チームとして特にこの夏休みはトーンダウンしている。


久しぶりの朝早くからの参加なので、ウオーミングアップから診る事ができました。

が、あれは一体何をしているのだろうか?
と思うほどの練習内容。

思わず、ウオーミングアップを一からやり直しました。
まずは、5mほどのショートダッシュ
次に、1,2塁間を使って近距離反復ダッシュにヘッドスライディングを交えたウオーミングアップ。
全員、汗と泥で大変。でも私から言わせてもらえば野球です。
結果的にこのアップで全員体力を使い果たしてしまい、今日の練習はヘロヘロ。

驚いたことに、このアップの後の水分補給タイムに手を洗いに行く選手。
?????
まだ練習するんですけど・・・



なんとも、今まで何をやってきていたのか。

少なくとも、夏休み期間中はほとんど体を動かしていない様子。
自主的な素振りもマラソンも・・・

学校での部活動はどうしているのでしょう?
まだ、"ゆとり教育"、なんて風潮があるのでしょうか。


さてさて、
とは言うものの、明日の練習試合に向けて行った基礎技術練習は、
3牽制と軸足打撃。

3牽制とは、投手の牽制、捕手の牽制、走者の牽制です。
走者1塁で、バッテリーと1塁手で練習。
場面は、3ボール1ストライクを想定。
投手の1塁牽制はプレートを外さなかった場合は、次に牽制する時にプレートを外さなければならないルール。
走者は投球と同時にスチールのスタート。
捕手からの1塁牽制に間に合うように手から戻る。

結果的は、全員素晴らしいリードをとれるようになりました。
また投手も牽制を意識し過ぎると四球になってしまう事を理解できたハズ。
更に、牽制のバリエーションもかなりうまくなりました。
でも一人だけ、走者としてスタートと帰塁のヤマを張ってしまう選手がいたのが残念。
いずれにしろ、良い経験になったと思います。

軸足打撃は、最近どうもスエーしながら打つ選手が目立ったので実践しました。
まずは、
バットを構えたまま軸足だけで立ち、その状態で全員で列を作って、片足ジャンプでベース一周。
これでグロッキー。
でもその後の、
後手だけでバットを持って前手でボールをトスして打ち、2人1組でキャッチボールする練習と
ミートポイントを手前にして前後足荷重を1:9を目指す強打練習、
更に、後ろからのトスを打つ練習。
これらはなかなか効果的でした。
特に、ユウタ。
最近はグリップの動きが大きすぎるので先週も注意しましたが、
それなりに意識していた様子。声出し練習の時も自身でその点を叫んでいました。
今日の打撃ができれば、明日の練習試合は十分に4番を任せられます。

前回の試合では1年生のリョウが4番に入りました。
2年生は違うぞ! という所をぜひ見せて欲しいですね。
今のところ、4番はこの2人で競わせていくつもりです。




と言う事で、今日は守備練習は少な目でしたが、
冒頭でも言及したように、ウオーミングアップでヘロヘロ。
その後は、ダラダラする姿勢が目立つ中で何とか技術練習で盛り上げた状態。

フェニックスはクラブチーム。
自由に参加している組織です。
野球をやりたいから練習に来ているハズですが、4月以降どうもノリが悪い事が多くなっている。
選手達はどのように考えているのやら。
指導するコーチも人数が少ないのが辛いところ。特に土曜日。

このような時だからこそ、選手達の意識を統一させ、指導方針も徹底するために、
クラブチームとしての理念の再確認が必要と痛感しています。

当クラブ発足時は、やりたくても野球をできない近所の子供達を集めたのが切っ掛けと聞いています。
そこからは、好きなように好きな野球をヤル、というのが理念の一つと考えられますが、
そうであれば、それをベースとした今の選手の目標を決めなけれいけません。

好きなようにヤル、という事はどのようなことなのでしょうか?

団体行動というものは、このように一致した目標のベースになる考え方は必要不可欠です。



今日の練習の最後にちょっとしたトラブルがありました。

午後の練習にくるチームが練習を始めているにも関わらず、
荷物を持ちながらそのチームの練習する中を通ってグラウンドから出てきました。
このような態度は野球人として許せません。
確かに苦しい練習を4時間30分やった後なので身体が疲れているのはわかりますが、
他チームへの失礼な態度は反省すべきです。

キャプテンと副キャプテンに考えさせる事にしました。
どのような野球をやりたいと考えるのか。
あくまでもクラブチームとして。



まだまだ、試合で勝つには時間がかかりそうです。

いや、まだ勝ってはいけないのかもしれません。

少なくとも、
試合前に9人の選手が、"どうやって勝つ"、という同じ目標で苦しい練習を経るまでは。
今は、練習に来る人数が選手も指導者も保護者もまだまだ揃っていない。






PageTop

こんな練習ができるのに

タイトルにあるように、今日は素晴らしい練習でした。

参加
中2:ヒロ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、タマ、カイ


先週の事があったので、どうかと思っていましたが、
終わってみれば、素晴らしい練習ができました。

今日は、中学校のグラウンドが使えないので小学部が使っているグラウンドの端っこを使わせてもらって練習。
中学校を使えない時に数年前はよくこの小学校のグラウンドで練習をしたものでしたが、コーチ陣に父兄がいなくなり、コーチの人数が減ってからは機会が減ってしまいました。




さて、練習内容です。
狭いスペースでの練習のため、ちょっと技術よりにしてみました。
トラブルのあった次の練習ということもあって、ルーチンではなくしようとの計画です。

技術の狙いは2点。
1つ目は、守備で徹底的にボールを下から見るように慣れさせる事。
2つ目は、打撃で後ろ側半身でセンター方向へ押し出す感覚を身に着ける事。



まずは、守備。

いつもの内野ノックで、受けた野手は中間の位置まで近寄り、
次選手のノックの打球を体全体で潜り、ボールを下から見ます。
目を離すと顔に打球が当たります。低い姿勢にしないとくぐれません。
これはよくやっているので、そこそこ出来ていました。

次は、ピボット送球。
驚いたのは、このピボットスロー。
本当に短時間で全員がうまくなった。
特に、サトシとユウスケ。
この二人は、軸足を刺すというイメージが腑に落ちたようで、素早かった。

次に、1、3塁近辺に野手を置き、真ん中の選手はノックを受けたら捕球後に胸からダイビングして自分の判断で2人の野手のどちらかに送球します。
このダイビング後のピボットでは、もう一つの工夫をしました。
捕手、1,3塁、ノック受け、カバー2人で構成。
数回繰り返した後のローテーションの際は、必ず全員が違うポジションになるように、としました。
途中で、捕手が近辺のボールを拾うために交代に間に合わない事があり、
タマちゃんが繰り返す事になってしまいました。
全員が違うポジションにするためには誰かが率先して捕手のポジションに来ないと、捕手からは全てが遠いので代わる事ができなくなってしまいます。
選手達に、何故か、どうすれば良かったか、考えさせました。
すると、率先してユウスケが、
自分が捕手に一度も行かなかったのはチームの事を考えていなかったためだ、
と言ってきました。
このような考え方ができる選手達なのです。
今日は技術練習と言いながら、ノックを後ろに逸らすと全員で腕立て。
結構、ハードでした。

練習の最後にはフリーに内野ノックをしましたが、練習効果がテキメン。
しっかりとボールを見て追い、ピボットの感覚があるので逆シングルでもダイビングを試みる事ができます。
この時は全員泥まみれになってダイビングキャッチ連発。
捕れないボールの方が圧倒的に多いにも関わらず、
彼らは声を出し、仲間に声掛けして、率先してボールを呼んで、
ダイビングする姿勢は圧巻。
隣で練習している小学生に必ず良い刺激となった事でしょう。
これほどアグレッシブな守備練習は、過去8年間では無かった事です。


驚いたのは、カイ。
彼は最も野球経験が少なく、また体つきもまだ子供なのですが、
見た目以上に身体を動かす能力が高そうです。
このダイビング、最も綺麗に体を反って胸から入るのはカイがNo.1でした。




打撃では、あまり広いスペースを使えないので、
私がよくやっている、
右手にグラブ、左手にバット、これでノックをするのを対面で行い、
キャッチボール形式にしてみました。

これは私が学生時代にテニスをしていた時に気付いた事ですが、
テニスとセンター返しまたは流し打ちがあまりにも感覚が似ているのです。
以前のブログにも書きました。

それと、最近のトモのバッティングでのスイングの軌道がチームNo.1。
これに近づける良い練習です。
やってみると流石にトモが最もうまく打っていました。
全員真っ直ぐ前に強く打つ感覚を得られた事と思います。
ヘッドが下がる癖のあるヒロは案の定、苦戦。
強い打球は打てるもののフライになってしまいます。
相対的に1年生には難しかったかもしれませんが、思った以上に有効な練習でした。
そこで簡単にこの打ち方で紅白戦をして見ましたが、
中学校のグラウンドでやってみたいメニューです。



吉井部長にはブルペン捕手を務めてもらい、リョウ、トモ、ヒロの3選手の投球を診てもらいました。
やはりピッチングをすると腕の使い方を意識するためか、リョウの肘先を動かす悪い癖は多少ではありますが修正されていたように思います。すぐ戻ってしまいますが。
トモは最近ピッチングから離れていますので時間が必要ですが、センターからの返球のイメージを投球にも生かせるようになると半年後には面白い存在です。
ヒロはセットとワインドアップとの差が激しいと吉井部長が言っていました。
試合で点を捕られてしまうのはここが大きな原因との指摘。
この選手は、以前にも書きましたが、投手としての気持ちの持ち方が余りにも未熟です。
私と対戦するときには時折、抑えてやろうと気持ちを込めてくるときがあって、その時は左打者からすると腕の振りが言えない事もあり、打ちずらい投手です。
しかし試合ではなかなかその気持ちが見えてきません。
ここがポイントでしょう。
この投手としての気構えはタイチの方が一歩リード。


さてさて、本日の練習。
途中で全員の前で、今もっとも心配な選手はサトシだ。と発表しました。

『ゲームで朝方まで起きている、飯を食わない、
 そんなことはどうでも良い。(良くはありませんが)
 ただ、お前の良いところを自分で殺すな!
 良いところはなんだ!?』

『んーーーーーー?』

がっかりしました。
でもそのあと、

『声出しと練習に取り組む姿勢だろ?』

気が付いたようです。
今日、最も声を出していたのは、このサトシです。
サトシの声出しに皆もつられます。




本当に、今日は全員が声を出し、仲間を鼓舞し、ボールに食らいつき、
その結果、物凄く今日1日でうまくなりました。
途中で罰ゲーム的に実施した腕立て伏せでは、選手から、
『コーチも一緒に!』なんてわけわからん声がけがあったので
一緒にやってみましたが、地面の熱いのなんのって、
あいつらは本当によく頑張っています。

でも、すぐに戻ってしまうかもしれません。
中学生野球はこの繰り返しです。

すこしずつ、考える事もスムーズになってきています。
先週の五藤コーチの指導も功を奏しているのだと思います。


さあ、3年生の居ない我がチームにとって
秋の大会は他チームの3年生と戦える最後のチャンス。

一発かましてやろう!




思った以上にノッていた練習だったので、最後に一つアドバイス。

ボールを弾ませる野球から、ボールを潰す野球に入れ。
小学生まではボールがかってに弾んでくれていた。
中学生になったら自分からボールを潰すイメージでプレーする事。
そのイメージがスイングを強くし、守備でもボールを怖がらなくなる。
そのためには、手でまたは足で踏んで、ボールを潰してみる事。
それが片手でできるくらいの握力が付けば・・・



明日は休みます。





PageTop

考える野球

今日は通常練習。でも参加は7人と寂しい人数でした。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ユタカ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、タマ

いつも言っている事。
ミスは一杯しろ!
ただし、同じミスを繰り返すな!

どーも、繰り返す。



今日は、送りバントの練習から入りました。
送りバントでは、ストライクのみ実施。
でもそのストライクを見逃したり、ボール球に手を出してフライになったり。
それを繰り返してしまう。
まだ1年生にとっては精神力が伴っていないせいかも。

ある選手は最近なかなかノッテいない。
先週の試合もボーンヘッドあり、練習からして集中していない。
入部当初はよく声を出してチームのムードメーカーにもなっていたのだが。
聞くところによると、練習前日にも関わらず朝方までゲームをしているとか・・・
この年頃にはよくあるバイオリズムかも。早く復活してくれることを切に願います。
入部後数か月した時には1年生ながら練習で、
打ってはホームラン、守備でもダイビングキャッチまでできる選手なのだから。
野球に取り組む姿勢は手本にすらなれるハズ。

サトシ、待ってるぞ!




話を戻して、今日はそんな状況だったので、
あまりにも気合が入っていない時によく行うチームベーランを合計3回。

ベーラン1週を10人でリレーしてトータルタイムを競う。
今日は7人なので1回につき3人が2周走ることに。
タイチとユタカは3回とも2週走っているので合計6周。これ、けっこうきついです。
自分が手を抜くと全員でタイムクリアするまでやらなければならないので、本当に手を抜けない。

最近は10人で3分30秒を最低クリア目標にしていましたが、
ここにきてタイムが向上。今日のベストは3分9秒が出ました。

まだまだ1年生のタイムが伸びませんが、その分2年生が貯金を稼ぐチームリレーができつつあります。
それに引っ張られ、1年生も最近ではかなりタイムが伸びています。
人数か少ないため必ず2,3人が2週を走る事になりますが、その選手は率先しています。
これは素晴らしい。
しかもチームメートの走りを見ながら自分でペース配分を考えるようになっています。
まだ1年生は20秒を超えてしまう選手もいます。
2年生には16秒台で走れる選手もいます。
(今の3世代前には15秒台で走る選手も居ました)
走力は皆バラバラです。決してエリート選手が集まったチームでもありません。
だからこそ、チームの事を考えて走る事が大切なのです。
自分がここで頑張ればチームが向上するんだ、という事。



さてさて、
送りバントがなかなかうまく行かないので、3人対4人で、バントのみの紅白戦。
ただし、打者一巡で1イニングとし、各打者はランナー2塁の状況でスタート。
2塁ランナーと打者走者合わせて進んだ塁の数だけ点数としました。

目的は、送りバントでバントをすることをゴールとするのではなく、
如何に先の塁へ進むかという、要するにゴールを1つ先へ伸ばして考えさせる事としました。

これがうまく行き、最後はセーフティでプッシュバントまで成功。
やはり野球は、ただ厳しくではなく、考えながら楽しくやる事が必要です。

チームは2年生対1年生で振り分け、多少2年生にはハンデを与えた結果、
なんとちょうど、1勝1敗。



そこで次は、バントではなくフリーに打たせてみました。
ルールは同じ。
ただし、1球でしとめる練習とするため、0ボール2ストライクから開始。

するととたんに2年生の圧勝。
やはりここは経験の差。

1年生には守備位置に工夫が見られませんでした。
全員が中途半端なポジションで、上を越されたり1塁で刺せなかったり。
考えるチャンスを与えるため、打つ前に1球は試し打ちをさせたにも関わらず守備位置を改めない。
私から指摘するのは簡単ですが、自ら気付いて欲しかった。

中学生とはいえ、まだまだ子供の野球です。
考える野球どころか、やらされる野球をしてきていた代償です。

流石2年生はその点、中学野球というかフェニックス野球に慣れてきているので
各自の工夫がうまくいっていました。

そうは言っても、まだまだ試合で勝てていない事を考えると
工夫が功を奏していないということでしょう。


今日のような練習は少なくとも5人対5人くらいでやれると効果的ですが、
いかんせん選手の人数がいないので、難しいですね。




PageTop

Why don't you enjoy?

最近は土曜日しか私は行けませんが、
今日(もう昨日ですが)も土曜日は人数が揃わない。
複数の中学校の生徒から成るチームなので致し方ないのだが・・・

参加
中2:ヒロ、トモ、ユウスケ
中1:サトシ、タマ、カイ


相変わらず声が出せない。
流石にここまで来ると、選手を庇うのも限界か。

キャッチボールを黙々とやる。
聞こえてくるのは、『ゴメン!』

暴投して謝っている声。

部長がいつも塁間キャッチボールを勧めるので監督が指示。
いつも通りにやり始めたのですが、たまらず中断しました。

ただでさえ暑い中。声も出なければ単に辛いだけの練習。
何故、野球を楽しまないのでしょうか?
やらされている練習ではもったいない。
中学生という人生において貴重な時間。
やらされる練習をするくらいなら家でジュースでものみながらゲームでもしていれば良い。
ましてやこのチームはクラブチーム。
好きだから、または目的があるから参加する団体。
学校の部活動とはまた違った組織です。

本当に楽しく野球をやって、そこから個人の成長を個々の鍛錬とチームワークから学んで欲しいのです。
私個人的には、野球のプレー自体は下手でお構わないのです。
真摯に取り組む姿勢から何か成功体験をつかませてあげ、
それが彼らの人生において必ず財産になると信じています。
それを実現できるのが野球だと思います。


さて話を戻して、
声も出ない選手達に、『自由に帰って好きなことをやって良い!』と発破。
本当は、気合を入れなおして練習に臨みたいところ。
結果、誰も帰らないのでとりあえずホッとします。
ですが練習方針を変更しました。


選手個人が苦しい思いをするからこそ、お互いに声を掛けて激励し合う事を実践。
個人ノックをして、交代のタイミングはノックを受けていない選手に判断させ、自ら交代する意思を言わせるようにしました。
するとやっと声が出始めます。


そこまで気持ちがのってきたので、
再度塁間キャッチボールをさせました。
が、短時間で次のメニューへと移行。

確かに塁間キャッチボールは大切です。
が、他チームでも散見されますが、塁間キャッチボールを左回りから開始したり、
届かせるだけの送球に対して何も指摘しないケースが多いのが気がかり。

コーチングとして重要なのは、コーチの枠に当てはめるのではなく、
選手の状態を判断して、特徴を生かす練習メニューを考えてやる事だと私は考えます。
学校の部活動は徹底して基礎から始めなければいけませんが、クラブチームは特にです。
以前にもSWOT分析の重要性をブログにも書きましたが正にそれ。

現チームでは、塁間キャッチボールは塁間距離の安パイ送球の練習になってしまいます。
常にそれを指摘しながら練習をさせられれば良いのですが、さすがに私も毎回参加できる状況ではありません。
勿論、塁間キャッチボールは基本中の基本なので徹底させなければいけないのは重々承知。
しかし、1,2年生の我がチームはそれ以前なのです。

中学生とりわけ1,2年生に大切なのは、
しっかりとしたフォームで強く低い送球ができるようになることです。
フワンとした送球は全てすっぽ抜けの練習になってしまい、
そんな練習を繰り返すことで試合では強い送球が怖くなってしまいます。
最初から枠にはめた送球をさせてしまうと強い送球をする『心』が育成されません。

コントロールばかり気にする野球はあまりに Too much small Baseball です。
このような、コントロールを先にやらせようとするのが旧日本野球。
一方、欧米型は強く早い球を投げる事がまずは美徳とされます。

当然、私は後者を推奨。
なんてったって中学生は無限の可能性を持っていますから。
早い球を投げる=良いフォーム&強い気持ち。
これを目指したい。

なので現状のチーム状況としては、塁間キャッチボールの前に遠投が必要です。
外野から走者をおきながらの遠投が効果的です。



一方、塁間キャッチボールでは強く早く確実に、この心がけが必要です。
しかしついつい、暴投に注意してしまいがち。
そうではありません。
それは、強く早くに対してトライした結果なのです。
暴投に対しては、捕球する選手が捕ってやれば良く、
投げる方はとにかく強い送球を意識させねばなりません。
ここはコーチングとして難しいところですが徹底すべき。
私は、打球以上に仲間の暴投にこそ飛びついて止めてやれ、と指導しています。
その時のために内野ノックではギリギリで捕れるか否かのゴロを打ち続けます。


似たケースで、試合でのピッチングがあります。
よく『ボールが多い』、『四球を出すな』と文句を言うベンチワークが目につきますが、
私は、全ての投球でストライクを取ろうとする方がオカシイと考えます。
ストライクとボールなんて、5:5で良し。
ボールを振ってくれる事だってあるので。結果的にそれは6:4または7:3になります。
そもそも、ボールが散らばる投手の方が打者としては打ちずらいですよね。

多少極端かもしれませんが、ベースが3つあるので、3つまでの四球は目を瞑る。
ただ頻度の問題ですが・・・



とにかく中学生野球のレベルでは、まずは正しい&個性に合うフォームを見つける事が優先。
そのためには、萎縮するようなプレーになるのではなく、
伸び伸びと強く早いプレーをさせるべき。

怒鳴りつけるなどはもってのほか。
必要な時も勿論ありますが、コーチングとしては怒鳴る理由をしっかり持つべきです。
そしてなによりも理論をもって接する必要があります。


ピッチングに話を戻すと、
コントロールや球速を指摘するのではなく、
投球フォームや間合いを指摘してやることが肝心。
そうではないと、選手が困ってしまいます。
ストライクを入れろ!
もっとスピードを出せ!
このような指示はベンチワークの技量の無さが露見してしまいます。




ところで、今日目立った選手は、

タマ。
セカンドゴロを2塁へトスする動きが素晴らしい。
肘に爆弾を抱えるこの選手はこのような動きから腕の使い方の基礎を徹底したい。
元々肘の使い方は抜群に巧い。
3年生時のエースを目指せ、タマちゃん!

それと、ヒロ。
ピッチングの基本として、球離れの瞬間を教えましたが、
この選手の投球フォームは腕の出どころが見えなく、打者としては打ちずらい。
そこで良いところを伸ばすために球を離す瞬間を、
点ではなく1cmだけ線として押し出す事を練習しました。
まだまだ中指だけで投げているのですが、時折人差し指を使ったボールを投げられるようになりました。

この選手が本当に投手として、エースとしての姿勢が出てくれば、
徹底してピッチングを教えてみたいと思える選手になってきたように感じます。

そういえば上述した強い球を投げる練習はこの選手が最も取り組んでいました。



日曜、月曜日は私は欠席しますが、
月曜日の練習試合はとにかく勝ってほしい。
大抵の相手なら、そこそこやれる実力は確実についていますが、
どうも集中力がなく、また声を出せなくて自分たちからリズムを作り出せないのが原因。
時折見せる、リードしている時の素晴らしい雰囲気を維持できれば素晴らしいのですが、
そんな時でも自分たちで、ミスしたら・・・なんて考えるのでしょうか、勝手にリズムを崩す傾向あり。

そんな欠点は一回勝てば、払拭できると思うのですが・・・




PageTop

できるじゃん!

先週はブログを飛ばしてしまったので久しぶりの投稿。
今日は暑かった。やはり選手はバテバテダラダラボロボロ。
これでは野球になりません。

でもでもでも、あれ?
乗ってくれば凄い!
こんなプレーができるようになっていたんだ!

参加
中2:ユウタ、ヒロ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、タマ

最近は試験休みや運動会、さらに梅雨天気でなかなか練習ができません。
そうするととたんに動きが悪くなる最近の中学生。
一体、部活や自主トレではなにをしているのでしょうか?

そんな状態で先週の土曜日も動き悪く、
日曜日はナント3-5で新人戦に負けてしまったとか。(私は欠席)
新人戦は余裕で優勝する実力と思っていましたが・・・



今日もダラダラ。
いつものように、ダラダラ練習になっている時は途中で止めてチームベーラン。

10人で3分40秒(先週の最低記録)を目指しました。
今日は7人なので3人が2週を走ることになります。
さてさて、結果は・・・、3分15秒。

今日のメンバーでこの記録は、このダラダラ感の中では以外。
まぐれだ! と発破をかけてもう一回。
今度は3分14秒。

やればできる。
2周走るメンバーが3人いるので、これは以外とキツイ。
しかも2回やったので、4周走った選手も居ます。

走力に自身のある選手はチームのためにタイムに貯金を、
自身のないメンバーは少しでもその貯金を切り崩さないように走ります。

そのあとは、内野連携です。
三遊間のゴロを1塁へ送球。
一塁手は2塁ベースカバーに入った三塁手へ送球後、ホームへ走り、
2塁で受けた三塁手は3塁へカバーに入った遊撃手へ送球、
3塁で受けた遊撃手はホームカバーに走っている一塁手へ送球。

これ、結構難しい&キツイ。

しかししかし、なかなかやるじゃん!
今日の7人は自身持って良し!

後は、2塁手のポジションで深く守らせ、
そこへ選手がバッターボックスからフルスイングでノック。
受けた野手はホームへ遠投送球。
野手が後ろへ逸らしたら全員で腕立て伏せ。

これは初めてやってみました。
遠投の練習にはなりましたが、全員押し込むスイングが出来ない。
もう少しやらせてバットスイングの軌道を意識させてやりたいところ。

左打者の私が三遊間や三塁線に痛烈にノックしている事が如何に難しいか
選手達も共感してくれることでしょう。
これが正しいスイングの軌道に定着するのを期待したいですね。



明日は1日練習との事でしたが、私は欠席です。

今日のような、ダラダラとしてしまう中でも、
確実にレベルアップした実感と、
とにもかくにもキツイ練習をしているという自身をもってくれることを期待しています。

そうすれば、必ず新人戦は優勝できます。

ピンチ時の守備や、チャンスでの打席では、
苦しい練習をしてきたという自覚と自身が最後のモノを言います。

今日の選手達はそれを持てるハズだと信じています。

それにしてももう少し声が出ると良いのだが・・・

でも一歩間違えると日射病に成りかねない状況だったので、よく頑張ったと思います。





PageTop

Rainy season

雨のため試合と練習は中止。

今年に入ってすぐ、現2年生に言いました。
このチームでこのメンバーで野球ができるのも。あと80回程度。
その中で、どこを目指し、そのために何をするか、
中学生として、学校以外で同じ目的を持って活動するこの時間を大切にしよう!

実際、選手たちはどう感じているのでしょうか。

私は、今日中止になり来週は試験休みで活動できず、このような状況に非常な焦りを感じています。

何を選手たちに私はしてあげられるのだろうか・・・

私が中学生の頃は、確かに練習が中止になると喜んでいました。
しかし、教えていただいていた監督への感謝は卒業して数年経つまでは理解できませんでした。

早く気づかせてやりたい。
彼らにとって今は非常に貴重な時。

先週も試合では負けたとのこと。今週は活動なし。来週も試験休み。
その次の週はいきなり新人戦。

もっと、しっかりとした準備をして、
その努力によって得られた成果で自信をもち、
その体験を積み重ねて人間を磨いて・・・

なかなかうまくいきません。

ですが、少なからず今までフェニックスで培ってきた事を、
自主トレとは言わないまでも、イメージで思い起こして、各自が再来週に臨んでくれることを期待。

どんな練習をやってきたのか。
それを思い起こすだけでも、十分に苦しいトレーニングをしてきた成果にはつながるはずです。


さあ、勝つぞ、新人戦!
3年生がいないために苦渋をなめてきましたが、
そんなフェニックスの独壇場にしよう!



PageTop

惜敗

昨日は、私は行けませんでしたがメダルを賭けた3位決定戦。
とは言っても、チーム数が少ないために巡ってきたチャンス。

2-3 で惜敗との事。

前回のブログでも書いたように、選手数が少ない前日練習からの試合。
そりゃ簡単には勝てない。

しかし、1点差の敗戦。
しかもメダルを逃してしまった。


私は、最高の結果と理解しています。
勿論勝ってメダルを手に入れさせてやりたいと常々思っていますが、
なによりも選手達は、悔しさを手に入れたのではないでしょうか。

最近、特に5月に入ってからは元気のない練習や試合が続いていました。
そんな中で簡単には勝てない事は当然です。
しかし、参加している選手達は本当に苦しい練習を積んできています。

その結果の1点差。

ちょっと工夫すれば、またはちょっと努力を増やせば手が届く範囲です。

先週の試合や土曜日の練習状況からはまだまだ改善余地があることは
選手自身が感じているハズ。

そう、1点さえ捕れれば勝てるんです。

みんな、自信を持とう!
そして、その1点を捕れる練習をしよう!
それは個人の努力とチームワークの支えがあれば、必ず実現できる!

まずは、その理解からですね。

そうすれば、鬼コーチに指示されての練習ではなく、
各自が納得できる自主的な練習になるハズです。



PageTop

Go for it !

さてさて、今日は運動会やら塾やらで参加できない選手が多く、4人。

参加
中2:タイチ、ヒロ、トモ、ユウスケ

明日はリーグ戦3位決定戦というのに、4人しか集まらない。
この地域全体で野球をやる中学生が減っている様子で、他チームでも消滅するチームや合併して存続させるチームなどが出てきています。

先週の試合の相手は正にその後者で、合併した2チームのかしらもじを配したチーム名。
そのため人数がかなり多くなっています。
試合後に練習していたので観察することができましたが、半分くらいの選手は練習に参加できなく、見ているだけでした。まるで有名学校チームの様。

その点、我がフェニックスは3年生が居ないばかりか、いつも人数ギリギリ。
従って、試合に出られないどころか来てもらわないと試合にならない。
練習にしても今日のように数人の事も多く、そこがフェニックスの良いところ。

何が良いのかと言うと、自分たちのやりたいようにできる事。
自分たちのチームであると実感できる事。
各自自身がリーダーに成らなければチームとして成り立たないという事。

しかし、しかしである。
このブログでも紹介しているように、どうも5月に入ってから元気が無い。


今日のような少人数の練習は個別練習をするには絶好のチャンス。

今日の練習にはワイルドの久保田が来てくれました。
おかげで細かな練習ができました。

振り返ってみると、練習ができなくて見ているだけになってしまうクラブチームからすると
雲泥の差があるはず。
今日の練習はそれなりに苦しい、かつ効果的な練習だったと思います。

特に、約160mダッシュをトータル4本。
これは、五藤コーチも久保田も私もやりましたが、かなりキツイ。
私は2本走りましたが、本当にへとへと。
選手達はよくやっています。

その後、個人個人での近距離ノック。これを3人のコーチが並んでやりました。
10本連続で成功したら隣のコーチからまた10本連続できるまでやるため、
トータル100本くらいは受けているでしょう。ほぼ連続に近いのでこれまたかなり苦しい。

4人で内野連携プレーも投げて走って捕球して投げて。
三遊間のゴロを三塁手が捕って一塁へ送球しながら二塁カバーへ。
送球を受けた一塁手は二塁へ送球してからホームへベースカバーへ。
二塁で送球を受けた三塁手は三塁へベースカバーに入っている遊撃手へ送球。
その遊撃手はホームに入っている一塁手へ送球。
走りながらの連携プレーなのでこれもかなり大変。

そして最後に校外6周。



本当によくやっていると思うのは私のひいき目なのでしょうか。

今日の4人は共に頑張っていました。
流石に暑いのでダレてしまう事は時折ありましたが、実際にこのメニューをこなしてみると、私も大変。



近距離からの投球をヒッティングする練習でヒロの打撃が光っていました。
以前からヘッドを返してしまう癖が気になっていましたが、この練習では必ず振り遅れるので
ヘッドが遅れて出たところでミートする感覚を得た様子。
時折わざと背中の後ろに投げます。
かなり怖かった様子ですが、怖がって腰を引いたら絶対に打てません。
私の8年間のフェニックス経験では、毎年一人をターゲットにこの練習をしてきましたが、
間違いなく過去最高の打撃です。
なぜなら、意識的に最も近いところから投げました。7mくらいでしょうか。
ヘッドを返すスイングのままでは絶対に当てられません。
時折しっかりとしたミートができた時は素晴らしいスイングになっています。
この練習は非常に効果的です。
しかし、投げるこちらもピッチャーライナーが来たら絶対に捕れない距離なので真剣です。



今日印象的だったのは、タイチが『投手はやれない』と正直に言ってきた事です。
私はわかっていました。
以前のブログでも書きましたが、今は彼には投げさせるべきではありません。
中学3年間では必ず、取り組む姿勢や気持ちに関する波があります。
その波とどうやって付き合うか、またその波をチーム事情にどのように適応させるか。
それをどうやってマネジメントするか。
ここが指導者として考えねばならない事でしょう。

問題は人数の少ないフェニックスのチーム事情です。
タイチ投手に期待するコーチも勿論います。
彼は当然その逸材です。

私は、人数の少ないこのチームだからこそ投手の気持ちを分かり合い、アドバイスを送りあえるメンバーを作るべきだと考えています。
だから、小学生時代に投手をやっていたタイチには中学1年の途中からは投手をやらせなかったのです。
同時にハートを鍛えるためにユタカに先発投手をやらせる目的もありました。
タイチには、チームメートのピッチングを野手のポジションから見て、その投手が苦しんでいる時に声をかけ、自ら『ここからは俺に任せてくれ』と言えるような選手に最初になって欲しい。
その時までは、タイチの投手は封印さえすべきかもしれません。
(別の考えの指導者もいるのでどうなるかは議論が必要)
そのような選手に誰かがなってくれれば、必ずどこのチームにも負けない良いチームになるハズです。
野球はチームワーク。チームワークは人を助け、自らを成長させてくれる。
現状で、そのような投手候補はタイチ含めて3人(+1人)。


さてさて、明日の試合。
勝てば3位ということでメダル授与となります。

人数さえ集まれば、気持ちさえ一つになれば、必ず勝てます。
つい2、3週間前に3-7くらいで負けましたが、必ず逆のスコアにできるハズです。
私は行けないのですが、少なからずハートで負けないよう期待しています。




PageTop

さあ、明日の試合へ!

今日は軽い調整のような練習。
とは言っても選手たちはそれなりにしんどかった様子。

参加
中2:ヒロ、トモ、ユウスケ
中1:サトシ、リョウ、タマ、カイ

土曜日で他チームが練習しているのでサブグラウンドでの練習。
基礎的なアップの後に1,3塁での牽制とバッテリーを揺さぶるランナーの練習。
このような技術的な練習にやっと入れるレベルになってきた。

バッテリーにはヒロとリョウ。

ヒロの牽制は悪くないが、どうしても牽制する時の気持ちが体のバランスに出てしまう。
牽制時に軸足荷重になるのです。

そこで、セットポジションの時に両足のスタンス幅を狭めるようアドバイス。
これが巧い。
軸足回転が非常にスムーズになりました。
まだ牽制時だけ軸足荷重になる癖は多少残っていますが、かなり改善。
もうひとつのアドバイスは、どうせ軸足荷重でセットポジションになるのであれば常にそうする事。
癖を利用しようという事です。
それと、通常のバッテリー距離の2倍くらいでのピッチング練習。
これでまたまたでました癖。
遠回りしてから左足が上げられます。
そのため体の軸がぶれてしまい、1球毎にそのぶれ方が異なります。
従ってコントロールがつかない。
これを理解させるため倍くらいの距離でピッチングをさせました。
セットの時は出にくいのですが、ワインドアップ時は明らかにその癖がでます。
まだ中学生。フォームにねじりが入っても良いのですが、無駄な動きを減らした基本的なフォームを手に入れてから自分の個性のフォームを磨き上げるべき。
ヒロはピッチングの関するアドバイスはチームで最も貪欲です。
どんどんアドバイスをしてやろうと思います。
その中で本人に合うやり方を本人が取捨選択すれば良いのです。

次にトモ。
この投手はヒロとは逆にセット時のスタンス幅が広い。
練習後に本人は狭めようとしていると言っていましたが、本人のイメージよりかなり広い。
両足とスタンス幅が正三角形になるくらい。
しかし、牽制自体は非常にスムーズで殆どの選手が1塁ランナー時に牽制に引っ掛かっていました。
なので特にスタンスは変えないで本人の意思に任せようと思います。


さてさて、1,3塁時で1塁ランナーの盗塁とディレードスチールを練習。
意外にもユウスケのスタートが素晴らしかった。
実はヤマを張っていた様子。
トモの牽制には簡単に刺されていました。
でも練習なので、どうようなスタートを切れるのか、これを体感する事が必要。
牽制にさされても盗塁時のスタートに関しては実感したのではないでしょうか。



1,3塁時のピッチング練習以外では、タマにノックを打たせました。
肘と膝に怪我を負っているためノッカーで練習です。
ひたすら強い打球を打たせました。しかしまだまだ。
どうすればより強い打球を打てるのか、まずは考える事というチーム内共有ができた事は成果です。



そのノックの間、私はリョウの打撃改善にマンツーマンで取組ました。
この選手は素振りなどの努力を黙々とやっている。
学校の部活動ではいろいろと苦労もあった様子ですが、バドミントン部へ入部したとの事。
良いクラブを選んだと思います。
スローイング時に肘の使い方に無駄が多い事を懸念していました。
バドミントンのエンドライン際で撃ち合う『クリア』練習では、その改善に役立つ事間違いなし。
このリョウは、上半身だけで打とうとする意識が強すぎていて最近ではバットの軌道が波打つようになっていました。
そこで長い距離でボールを投げてやり、ワンバウンドで流し打ちする練習に着手。
これは実は難しい。
私の息子が小学生の頃によくやったのですが、
・ワンバウンド軌道を早くイメージし、
・素早くその位置へ自分で移動し、
・走りながらもボールをしっかり見て、
・体が動く中でバットを振り出し、
・逆方向へ打ちつける
のです。
本当に難しい。

今日のリョウは空振りしまくり。
如何に、今まで下半身を使っていなかったか、ボールをしっかりと見ていなかったかがわかります。
2回程度の休憩時に、なぜこの練習をするのか、どうすればよいのか、上述の事をしっかり理解させました。
初めは23回目標にする、としていたのですが、途中で14回へ変更。
しかし後半は連続で打ち返せるようになり、最後はクタクタになって完了。

だいたい1年に1人くらいはこの練習をさせます。
全員にはさせません。
この練習をさせるこちらが大変なのもあるのですが、本当に苦しくて難しい練習です。
レベルに合わせて投げる球質を変えなければなりません。
リョウの場合は、いきなりある程度の距離から開始。
本当は短距離から始めるのですが、彼のガッツに掛けてみました。

『なんとかしたい』という気持ちがプレーに現れる数少ない選手です。
短い距離によって当てに行くような打撃になってしまう事を危惧しました。

よく14回達成しました。
これを繰り返したら必ず、打撃に開眼するハズです。
リョウは小学生時代にはそれなりに長打力があったようです。
中学生になり、スピードやバットの重さに変化に戸惑っています。
小学生時代のイメージのまま基礎が徹底できていない事が原因です。

打撃は下半身です。軸足です。
その上でボールを見る事です。
そして押し出して打ちつけます。
明日の試合で急に成果にはならないと思いますが、なんとか結果を出させてやりたい。





軽い調整のハズが、結構ハードだったかな。
最後の外周も5周30分以内を目標に。
ユウスケ、トモが22分代でトップ。
ヒロ、リョウは上述の練習でへろへろでギリギリ間に合った。
うまいこと全員のトレーニングになりました。

そうそう、初めのアップが足りないとの吉井部長の指摘があり、
キャッチボール中に抜き打ちで180mのタイムアタック。
これもきつかったようですが、このような積み重ねが、試合の時の自信に繋がります。

明日の試合は私は行けないかもしれませんが、結果よりも内容を期待しています。




PageTop

気付かせる練習

とにかく暑かった今日は、試合が中止で急きょ1日練習に。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、シュウ
中1:サトシ、タマ、カイ

今日も疲れました。
春先には、複数ランナー時の牽制や、打者と走者の連携プレーの練習をしようと考えていましたが、いざ練習を開始するとまだまだ基本を徹底する必要があってなかなか新しい事に手をつけられていません。
どこかしらで思い切ってやっても良いのですが、今日はちょっと趣向を凝らした練習で様子を見ました。


硬球を使った内野ノックと、手で投げる打者での紅白戦です。


外野の選手にも内野を守らせたりして、ノックには多くの時間を割いてきました。
3年生がいないこのチームは小学生から上がってきて間もないメンバーで構成されています。
そこで、ボールに食らいつくことで球際に慣れさせ、それによって守備範囲も広がり早い打球にも対処できるようになる事が目的です。
これは驚く程この1年で巧くなっています。私の中学時代とは大違いです。
試合でこそまだその実力を出せていない選手もいますが、間違いない。
練習で素晴らしい動きをする選手が少しずつ出てきました。
これは、今まで私が8年間みてきたフェニックスには無かった事です。
しかし、まだまだ試合では緊張感からか思い切ったプレーにつながらないことが多いのも事実。
体が固まってしまい、イージーなミスが出てしまいます。
軟式、とりわけ中学生が使うB球は実は非常にゴロ捕球が難しいのです。
硬式に比べて軽くて柔らかいので、バウンドも高いし、イレギュラーも必ずします。
しかし硬球は球足が早く低いバウンドが特徴です。またイレギュラー時のリスクは格段に上なので確実に捕球することが必要です。
今日、初めて硬球でやってみました。勿論、正面には打ちません。危険ですから。
しかし、いつもやっているB球ほど弾まないため、普段からノックに慣れている選手達は殆どのメンバーがいつも通りに捕球していたのには驚きました。
時折腰高になるケースがあって、その際は案の定捕れません。
皆、守備の基本を再認識できたと期待しています。

たまにイレギュラーバウンドで体に当たってしまう事がありましたが、思った以上に逃げていませんでした。
きっと、皆自信を持ってくれた事でしょう。(明日の事を考えるタイチは避けながらの捕球でした 笑)
暑く辛い練習で、不平も言いたくなるでしょうが、驚いたことに選手自らグラウンド整備でコンクリートのローラーを6人がかりで持ち出して整備していました。これまた8年間のフェニックスで初めて見た光景です。
グラウンド整備の重要さの理解と同時にチームワークの醸成にも繋がったようです。



もう一つ、打者が打つ代わりに打席内からボールを手で投げて走塁する形式で紅白戦を行いました。
(ベースランニング練習で人の倍を走ったタイチは見学。流石に疲れた様子。)
守備は私が助っ人して5人しかいません。
どのような打球を飛ばせば後続の攻撃がスムーズか、どのように守備の動きをすれば大量失点を抑える事ができるか。これを理解することが目的です。
かなり疲れます。
守備も走りまくり、打者も走者も走るからです。
低いライナーや強いゴロがなぜ重要かがわかったことでしょう。
自分以外のところへの飛球でも4つのベースカバーがなぜ必要かわかったでしょう。
簡単にアウトは取れません。
この経験から、ピンチの時、今までは顔面蒼白になっていたこのチームですがどうすれば良いか必ず理解できたハズです。
打撃でも目指すべき打球が分かったハズです。

練習後の小ミーティングでも皆、理解していました。
このような気付きができるレベルになった事は、私は非常に感慨深く、今後の期待がさらにふ膨らみます。


このような練習から少しずつ戦術面にも入れると思いました。
最近確認したのは、スクイズのケース。
ランナー3塁、ランナー2,3塁、1,3塁それぞれのケースでのサインとランナーのスタートの確認をしました。
また今日は、2,3塁の際はゴロゴーを確認しました。
これらの状況判断はタイチが率先してチーム内で発言をしています。流石副キャップ。
キャップ3人衆のユウタ、タイチ、ヒロは最近特に頼りがいが出てきました。

さすがまだ相手チームに3年生がいると多少弱気の虫が顔を出すようですが、もうすぐ始まる新人戦には全員自信を持っている様子がうかがえました。
確かに、本当に苦しい練習をしていると思います。
体力がまだまだ、と指摘されることもありそれ自体は事実ですが、私はこの選手達に大きな確信を持っています。
『これだけの事はやってきたんだ!』と思える練習の積み重ねです。


でも、早く勝たせてやりたい。


今度の土曜日は午前練習、日曜日は試合です。
以前に唯一勝った相手。
しかし今度は3年生も入っているので・・・、という選手も居ましたが、
それ以上の強い相手と互角以上の試合をしてきています。酷い試合もしていますが・・・

普通にやればなんの問題も無い。
ちょっと、ビビリなだけ。


ノープレブレム!

そうそう、今日は久しぶりに一人ずつのダッシュ&声出しをやりました。
しかも全員英語で。

Let's dash to victory with our team-work.






今日目立った選手はタイチとヒロのピッチング。

タイチの球に重さが備わってきた。
まずなによりも回転が綺麗だった事が起因か。
今までに受けた事のないタイチの球でした。
ただまだフォームが未完成。
本物の投手になるには数か所に気付かねばならない。
今日は我慢できなく1つだけアドバイスしましたが、当然まだしっくり来ない。
タイチがその気になった時に指摘する予定ですが、まだその時期ではなさそう。
もう暫くは我慢かな。

それとヒロ。
最後に私が打者として対決。
第一打席ではヒロが力んでフォアボール。
カウントをリセットして2打席目。
開き直って初球インハイにストレートでストライク。
私はこの球の残像が残ってしまい、その後のアウトコースを引っかけてしまった。
やはり右投手が左打者を責めるにはファーストストライクにインコースを使わなければダメという事。
2人ともナイスピッチングでした。

このタイチ、ヒロにユタカとトモを加えた4人でエースの座を争う形になりそう。
まだ2年生。4人とも一長一短がある。
来年の今頃が楽しみです。

私も数々のスポーツをしてきましたが、投手が最も大変で辛くてでも楽しい競技でした。
あの時、あのようにしていればなぁ。と私は後悔ばかりなので、彼らにはそんな思いをさせたくありません。

ぜひ、単なる投手ではなく、エースを目指して欲しいですね。





PageTop

3日の練習と明日の練習試合

ちょっと遅れましたが、3日に行った練習報告です。

参加
中2:タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、シュウ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、カイ

なんとも元気のない練習でした。
そんな中、光ったのはサトシとカイ。


サトシは村上コーチが捕手をさせてみたいとのことで早い投球のショートバウンドの練習。
元々、守備練習では非凡なモノを見せるサトシ。左翼と三塁の練習をさせてきましたが、本人も捕手をやってみたいとのことで村上コーチろマンツーマン特訓。
美味い。じゃなかった、巧い。
問題はスローイング。今の肩では三塁も捕手も試合にはなりません。
強い球を投げられる事は、そのまま野球の楽しさにつながります。
そこを理解させてやるのが今後のコーチング課題です。


カイは久保田コーチがマンツーマンで打撃指導。
極端に低い姿勢で素振りをさせ、下半身を使ったスイングを特訓。
まだ野球を初めて数か月なので、見た目にはまだまだなのですが、真摯に取り組むカイの姿勢は見習うべきもの。従って素直に久保田理論も受け入れた様子。
フリーバッティングではナント、ホームラン。
守備が5人しかい居ないとは言え、外野を抜ける強い打球を打った。
しかも私のスローカーブを確実にミート!
別のある2年生が同じような打撃をしてもサードまでしか行けなかった事を考えると、ホームランにしたカイの頑張りは褒めてやりたい。



しかしながら全体的には元気のない練習となってしまいました。
彼らの最も良いところは声出しです。それが前回の試合同様だんだんと途絶えはじめてきたように感じます。
この日の練習では、キャプテンのユウタが不在だったことも原因の一つ。
そう考えると、ユウタのキャプテンらしさが板についてきたということかもしれません。






さてさて、GW締めの明日は練習試合ダブルヘッダーです。
テーマは積極性とサインの徹底で行こうと考えています。

積極性は、最近の元気の無さを払拭するため。
従来からこのチームは消極的でした。そこで練習から暴走を奨励しています。
安全な塁で止まるのは練習でもなんでもありません。どうやったら先の塁へ行けるのか、それに気付くためにも暴走は必要です。

またサインに関しては、選手達にこのように説明しています。
・あくまでもサインは私からのアドバイスであり指令である。
・従って、サインが出なくとも積極的に自らのアイデアで行動することは大歓迎。
・しかしサインが出たら必ず実行しなくてはならない。サインを見ないのは言語道断。
・常に選手自身が考え、そのイメージがコーチ陣と一致した時に最大成果を得ることができる。
・サインが出て結果失敗してもそれはそのサインを出した私の責任。
・だからサインが出たら責任から解放されると考える。

しかししかしである。
前回の試合で初回ノーアウト2塁で3盗憤死。
これはイカン。
実は3盗憤死は過去2,3年で暴走奨励してから数回起こっている。
今までの消極性から変わってきたことは良いことだが、盗塁をしないサインの徹底も必要だという事。
ここはコーチングとして考えなければいけません。


さてさて、相手は数か月前にボコボコにされた相手らしい。
どうなることやら・・・




PageTop

久保田コーチ

今日はワイルドキャッツの久保田がコーチングに来てくれました。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、トモ、シュウ、ユウスケ
中1:サトシ、リョウ、タマ、カイ

タマちゃんは、右肘軟骨の損傷と両膝痛のためほとんど練習ができなくなってしまいました。私も中学生の頃に肘と両足首痛に悩まされたので彼の気持ちは良くわかります。ただ私は無理をしてしまい中学2年生の時には肘が真っ直ぐに伸びなくなってしまいました。今の選手達にはそのようなことの無いようにしてやりたいと常々考えています。

ところで、久保田のコーチング。
さすがに以前に小学生野球を教えていたり、ゴルフのレッスンプロをやっていたりと教えるのがうまい。
勿論、彼の野球技術や取り組む姿勢も素晴らしいものがあり、選手たちは自然とそれを感じ取り、久保田コーチの説明をよく聞いていたようです。

特に、今日は2点。
外野の飛球の追い方と打撃でのバットの出し方をレッスンしてもらいました。
以前ワイルドの練習で私が投手で久保田と対戦した事がありましたが、投手から見て、彼のバットの出し方が非常に巧かった印象があります。特にバントの構えでサードを牽制して三塁線に強い打球を打つ技術は特筆ものでした。最近は影を潜めつつありますが・・・



今日の練習では見違えるように選手たちの動きが変わってきました。

外野ノックに関しては最近特に重点を置いていて、中学生野球ではありえないくらいの距離を出して外野ノックを打っています。最初は非常に難しかったのですがだんだんと捕れるようになってきました。この練習を積めば試合の飛球はイージーです。
それに加えて今日は更に追い方がうまくなり、打球に対して余裕を持つことができるようになりました。
特にトモが激変。時折迷いながら追ってしまう事は外野手にはありがちですが、その迷っている最中もしっかりと半身になって追う姿勢が取れていました。

打撃に関してもシャクリ打ち名人のヒロがしっかりとヘッドスピードを効かせていました。

久保田も私と同じ視点を持っているようで私と同じ事を言っていました。
ファールを打つつもりで、ボールの内側を見て、ヘッドを立てて・・・


ワイルドからは、俊太郎と久保田が時折コーチングに来てくれるようになりました。
彼らのコーチングは選手達に影響を与えていることは間違いありません。
今後もぜひ、時間の許す範囲で指導を自身のトレーニングを兼ねてやってくれると助かります!



今日の練習で目立ったのはユウスケ。
今まで練習態度に問題の多かった選手で、前回の試合では出場機会をあえて与えませんでした。
まだまだ課題の多い選手ですが、声出しや考える事に関してはチームNo1です。そのユウスケは間違いなくこのチームの戦力なので試合に出られない状況が続くのはチームにとってマイナス。しかし今日のように真摯に懸命に練習する態度が続けば必ずユウスケの成果となりチーム力の向上につながります。
守備練習では初めて終始全力送球をしたのではないでしょうか。納得したら終了するノックでも最後まで残っていました。練習の合間に率先してボール拾いやブラシ掛けしたような今日の取り組み姿勢を継続していけば、必ず違った結果が出てきます。
一緒にそれを目指そう、ユウスケ!



今日はGW初日。日差しも強く皆ベテバテでした。
これから更に熱くなるので、アンダーシャツはハイネックのものを買うようにアドバイスしました。
首元が日焼けすると疲労が増しますから。





PageTop

セカンドとライトのコンビ

今日は、中学校野球部の関係で8人しか集まりませんでした。

参加
中2:タイチ、ヒロ、トモ、シュウ、ユウスケ
中1:サトシ、タマ、カイ

先日の優勝候補との試合はシーソーゲームでなかなか良い試合展開だった事は
先日のブログの通り。
ただ、反省すべき点もいくつかありましたが、中でも最終回に6点を獲られた起点となった
ライト前のポテンヒットを再確認しました。

あの打球は、セカンドもライトも消極的でした。
投手交代したばかりのヒロも初めはいつも通り声に出してあのプレーが痛かった事を指摘
していましたが、1回言っただけで我慢していた様子。
彼も、やっと野球選手になってきました。

しかし、あまりにもセカンドとライトの消極的プレーが目立ったので、今日はその反省で
徹底的にその練習をしました。

ランナー1塁。守備はライト、セカンド、ファースト、ショートの4人だけ。
セカンドがゴロ捕球すればゲッツー。
ライトヒットならファーストでライトゴロに仕留めて1塁ランナーが3塁へ向かうのを防ぐ。

ライトへは時折、大きなフライを打たないと、練習はうまくいかないのでノックも一苦労。
でも、そこそこできるようになってきたかな。

とにかく、ライトのシュウとセカンドのタマが機能しない限りはこのチームの前進はない。
いつも言うが全員が戦力。誰かが出来ないから、などとは言っていられないのである。

しかし、チームメンバーもこの二人が徐々に向上しているのは理解できてきたハズ。
時折、『今のは良いプレーだ!』などと声が飛び交っていました。

やはり、シュウとタマは練習もちゃんと参加するし、左打ちにチャレンジを始めたシュウは
この1週間でかなり素振りをしてきたようで、フリー打撃ではそれなりのゴロを打っていました。
ここがシュウの良いところ。結果はでなくとも努力している姿勢は立派にチーム貢献している。
シュウの左打ち、いけるかも!
勿論、彼の最も得意なのはランナーで手から戻る帰塁。今日も断トツで早い。

タマも守備練習はいつも以上に気合いが入っていました。
この取組姿勢は皆が見習わないといめないですね。


さてさて、明日の東京都大会多摩地区のトーナメントの初戦。
雨かもしれませんが、秘策あり!



PageTop

シュウのコンバート

今週末は昨日の土曜日練習無し。今日は1日練習でしたが午後は急遽練習試合。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、シュウ
中1:リョウ、タマ、サトシ

なんとなくノッていない感じ。
やはり、土日の2日練習でないと体が動かないという事か?

さてさて、このところのシュウのプレーに元気が無い。
思い切って、左打ちを経験させて何か切っ掛けにならないものかと思い、
個人練習に付き合いました。
ティー打撃は、トータル300球くらいは打ったでしょうか。
右では全く下半身を使わないスイングになってしまっているので、
左では真逆をさせました。
サッカーをやった時の動きが素晴らしかったので、まずは私のドリブルを止める動きをさせると
膝をうまく使い、低い重心で構えます。その膝の動きを意識させました。
右では広くなり過ぎのスタンスも、左では両足の間1足分しか開けません。
これで回転を意識させます。
グリップの位置は左肩に乗せるくらい。できるだけ捕手寄りに。
これで右の脇を締めます。
更にヘッドを多少捕手側に傾け、出だしをスムーズに。
ティーでは初めてとは思えないほどうまくスイングができました。
しかし、その後のフリー打撃はまだまだ。しかし転がす打球を打てているのはGood!

更に、セカンドを練習。
シュウの最も良いところはランナーで帰塁時の手から戻るスピード。
この目線を内野守備に生かそうと考えました。
単純なノックならOK。
シュウの性格からすると実戦で使えるようになるにはまだまだ時間がかかりそう。

しかし確実に今までの延長ではなく、必ず何らかの切っ掛けになる気配はありあり。

声はなかなか出ませんが、今まで黙々とやってきた真摯な姿勢のシュウが一皮むけなければ
フェニックスの成長はあり得ません。

全員が大切な戦力です。
特に、シュウのように頑張っている選手には手助けしてやりたい。




さて、久々にチームベーランタイムの新レコードが出ました。
今日は9人だったので、陸上部のタイチが率先して2回走りました。
すると、
3分09秒44
従来ベストより一気に5秒短縮です。
これでベスト3レコードは、
3分09秒44 4/14
3分14秒55 3/10
3分15秒56 3/24

だんだんと今後のハードルが高く成ってきました。
各回の目標はベスト3に入る記録が出るまでチームベーランをする事になります。
そろそろキツイ?
神輿にぶら下がるのではなく、全員がチームのために努力する姿勢を持ちましょう!


ところで、午後の練習試合は私は参加できませんでした。

吉田コーチが行ってくれたので、もしこのブログを見たらコメントでレポート入れて下さい。





そうそう、
今日の練習でヒロがスパイクを忘れてしまい、アップシューズで練習をしたところ、
ベースランニングでどうやらふくらはぎ又は腿の裏を痛めた様子。
軽傷ではありましたが、野球はスパイクが大切であることが証明されました。
どうしてもアップシューズでベースランニングを本気ですると滑るため、
横滑りを恐れて、普段と違う筋肉を使い、
蹴り上げの際も滑ってしまうので筋肉を痛めてしまいます。

シートノックではギリギリ捕れない打球を多く打つので、遊撃を守るヒロのプレーはかなりキツイ。
流石に休憩時間に家に取りに帰っていましたが、道具のありがたさがわかったのではないでしょうか。
でもここがヒロの良いところ。
スパイクとアップシューズの違いを身に染みて理解し、即行動したのはさすがです。




PageTop
にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。