中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1年ぶり

今週末は中学校の試験前のため練習は中止。
先週末は雨で中止。

来週は土曜日は3週間ぶりで練習ですが、小学校で練習。
あまり本格的な練習にはなりません。勿論やらないよりはまし。
そして日曜日はいきなり公式戦2試合。

選手達は、自主的に調整をしてきてくれれば良いのだが・・・


ところで、先週日曜日は雨で試合が中止になってしまったので、
娘が駒沢公園に行くとの事で、車で送りに行く事を口実にして駒沢公園近くの有名なバッティングセンターに行ってきました。
時折テレビでも紹介されるそのバッティングセンターは140kmの投球を打てる打席があります。
『危険ですので要注意!』
のような看板が出ていました。案の定誰も打っていません。

私は昨年7月に自身のチームでホームでのクロスプレーで右手首舟状骨骨折。
ボルトを埋め込む手術後、ほぼ1年が経過。
まだ痛みが抜けなく、その関係で自身のプレーは絶っていましたが、約1年ぶりにバッティング練習をしました。

ときおり、中学生の球を打って見せたりはしていましたが、
流石に140kmは子供の球とは違いました。

しかし、当たらない事はありません。
同じタイミングで投げてくるマシンですから。
だんだん慣れてくればそこそこミートできました。
そうするとギャラリーも集まってきて、ちょっとばかり嫌な汗がでましたが・・・
良いところを見せようとリキむと、とたんに手首に激痛が走りブザマな空振りもしてしまいます。

マシンのコントロールはイマイチ。ストライク率は60%程度。
上下に振られると結構難しいですが、今までワイルドキャッツでやってきた経験から
このレベルの球を投げる数人の投手と対戦をしていたように思います。

やはり早い球を打つためには、コンパクトでかつ上から叩く必要があります。

軟式だけに、早い球程、当り損ないでも打球は高いバウンドにもなります。
それはヒットにも繋がります。
強く打とうとリキむほど当たらない。
コンパクトに、早い球ほど力を抜いて打つ事が理想。
(そうは言っても試合ではなかなかできないんだよね~)

しかし、弱いスイングでは負けてしまう。
それはミートした後の押し出す瞬間にフルパワーになるイメージでスイング。
これが重要。

はじめリラックス、あとはパワー。
この組み合わせですね。

私も中学生の頃は全くわかっていませんでしたが、
ミートした直後にフルパワーになるような感覚のスイングが、
実は最も球にパワーを与えられます。

これさえ出来れば、実は振り遅れは怖くありません。
左右への打球もキレにくくなります。
空振りも激減します。

なぜなら、
結果的に最短距離でバットが出て、
点ではなく線で打つ事が出来、
バットにボールがコンタクトしている瞬間が長くなり、
ボールへパワーを伝える時間が長くなる。

こんなスイングが私の理想です。

しかし、それも30代まででした。

40歳を越えてからは、どちらかと言うと
ミートポイントを手前にして、
パチンっとぶち当てる打撃の方が楽になってきたように感じます。

上述した30歳代までのフォームは、いわゆる松井タイプ。
最近の40歳代でイメージするフォームは、井口タイプ。


やはり、体力とともに追い求めるフォームは変わっていくのでしょう。


そうそう、私の中学時代に追い求めたフォームは阪神の掛布でした。
今考えると、中学生には不向きなフォームでしたね。
なにしろ、打つまでの動きが中学生には難しすぎました。


好きだった大洋には理想の打者は当時は居ませんでしたが、
後に、私が社会人になってから鈴木尚典が出てきた時は衝撃でした。
これだ!
と思いました。

この選手はとにかくスイングが早かった。
自身の事を、軟体動物、と表現していました。
それほど最短距離で出すバットの軌道は、
ホームベースギリギリに立っても内角をキレイにさばく事ができます。

私が求めていたスイングは正にこれ。

中学時代はとにかく重たいバットを自分で作って、
壁に正対してスイングを繰り返しました。
この練習で自然と上述した技術は身に付いたように思います。

でも、
理解が足りなかった中学生時代の私は、大きな後悔をすることになりました。
3年生で最後の試合後の監督のボヤキの一言が忘れられません。
『できるはずのスイングスピードupが到達しないまま卒業になってしまった・・・』

技術は身についても、イザという時のスピードとパワーが足りなかったという事。

最終試合が終わってから後悔しても、遅いですね。





スポンサーサイト

PageTop

Rainy season

雨のため試合と練習は中止。

今年に入ってすぐ、現2年生に言いました。
このチームでこのメンバーで野球ができるのも。あと80回程度。
その中で、どこを目指し、そのために何をするか、
中学生として、学校以外で同じ目的を持って活動するこの時間を大切にしよう!

実際、選手たちはどう感じているのでしょうか。

私は、今日中止になり来週は試験休みで活動できず、このような状況に非常な焦りを感じています。

何を選手たちに私はしてあげられるのだろうか・・・

私が中学生の頃は、確かに練習が中止になると喜んでいました。
しかし、教えていただいていた監督への感謝は卒業して数年経つまでは理解できませんでした。

早く気づかせてやりたい。
彼らにとって今は非常に貴重な時。

先週も試合では負けたとのこと。今週は活動なし。来週も試験休み。
その次の週はいきなり新人戦。

もっと、しっかりとした準備をして、
その努力によって得られた成果で自信をもち、
その体験を積み重ねて人間を磨いて・・・

なかなかうまくいきません。

ですが、少なからず今までフェニックスで培ってきた事を、
自主トレとは言わないまでも、イメージで思い起こして、各自が再来週に臨んでくれることを期待。

どんな練習をやってきたのか。
それを思い起こすだけでも、十分に苦しいトレーニングをしてきた成果にはつながるはずです。


さあ、勝つぞ、新人戦!
3年生がいないために苦渋をなめてきましたが、
そんなフェニックスの独壇場にしよう!



PageTop

Wildcats Baseball

ワイルドキャッツ監督、コメントありがとう。

今年は、中学生フェニックスと練習試合をしたあと、連敗スタートとなったリーグ戦。
でも最近は打線にやっと活気が出てきたようで連勝中とのこと。

ワイルドキャッツが2年目の時、私が高校2年生の秋に1試合参加して
その翌年の夏から登録選手として参加しているチームです。

チームは今年で31年目。
会社等の組織ではなく、単なる友達が友達を呼んでチームとなっています。

それで31年は本当にすごい!
今回はそんなワイルドキャッツの野球を紹介。




野球には2つの考え方があります。

①:点を与えなければ負けない
②:点を獲らなければ勝てない

どっちが良いのでしょうか?



イチローでも4割を打てません。
ということは普通の打者は7割はアウトです。
要するに良い投手をそうは打てない、または平凡な投手に対しても打ち損じがあります。
3割打者が9人並んだとします。
3outまでは、3÷0.7=4.2857人必要という事。
要するに1.286人がヒットを打つ可能性があると計算できます。
この数字が意味するのは、
毎回1人はヒットを打ちますが、2人がヒットを打つイニングは9イニングで2回しか無い事になります。
その2本がシングルヒットでは点を獲れません。
だから四死球は重要で、盗塁やエンドランなど様々な作戦が必要なのです。

一方、エラーはあるものの一般的な守備率は打率より格段に安定しています。

と、言うことは、②:点を獲らなければ勝てない
と考えるよりも、①:点を与えなければ負けない と考える方が理論上は確実。

実際、軟式野球はそれなりのレベルになると、なかなかヒットは出ません。
30年間のワイルドキャッツの野球を振り返ると、
正にこの守り勝つ野球を、草野球なりに実践してきたように思います。



ワイルドキャッツは伝統的に、ランナーを進めるセカンドゴロを打ってきました。

私も痛烈に記憶している2塁ゴロがあります。
転職前年だったので35歳でした。川崎球場トーナメントでの試合。手も足も出ないような相手投手。
たしか0-0で迎えた5回くらいの試合終盤。
先頭の樋口が何とかセンター前ヒット。(この試合はこれと久保田のセーフティの2本のみのヒット)
次打者凡退後に私の打席。
ここで1塁ランナー樋口が今の彼には考えられない積極性を見せます。
とは言ってもその中に緻密な意思がありました。(こういう所が美人奥さんと結婚できた秘訣!)
盗塁です。
ノーアウトだとリスク大。2アウトだと警戒されます。
私の前の打者も瞬足なので、その時はゲッツーは無いと見た、という事もあるでしょう。
殆ど追い込まれるまで打たない私は捕手の死角になる左打者。
更に連打はあり得ない投手。
なんと樋口が、単独スチールです。速球派、牽制も巧い。正にチャレンジ。
打席で焦りましたが、いつものように私はバントの構えで捕手を牽制。しかし捕手も強肩。
間一髪セーフ。
1outランナー2塁、でも私は2ストライクに追い込まれた。
ここで2塁ゴロなら、真正面でも痛烈でも2outにするため2塁手は3塁へは投げないと私も計算。
来た球はやはり速球、と思いきや内角をえぐるスライダー。最近ならカットボールか。
歯を食いしばってなんとか1,2塁間のセカンドゴロ。今でもその瞬間を思い出します。
ランナーは3塁へ。
ちょっと悔しかった私がベンチへ帰ると、皆総出で『ナイス!』と迎えてくれました。
皆、樋口の気持ちと私の計算を悟っていたようでした。
次打者は見事な左翼への犠牲フライ。
正にベンチも含めて全員で奪った1点。
面白い事に、1-0とリードした後は、エラーやピンチなんて微塵も考えなかったように思います。
この1点だけで勝ちました。


先週もタフなゲームだったようで、3-2 で勝利したものの両チームノーヒット。

犠牲フライとセカンドゴロでの得点だった様子。
(ちなみにセカンドゴロでの得点は犠打ではありませんが)

今の打線をノーヒットに抑えた相手投手は相当良い投手だったのでしょう。
(でも対戦相手からすると考えにくいところもあり、)
(イイカンジでここまで書いたブログですが、本当のところどうだったのでしょうか?)
(でも聞くところによると本当に打線が機能していた事は事実のようですね)

いずれにしろ、打てなくても守りきる野球がワイルドの真骨頂。
(本当は打てると楽な試合になるのですが・・・)

相手エラーや四死球を確実にモノにするという集中力は素晴らしい。
盗塁や、または足が遅くても知恵と勇気のある走塁など、
ヒットだけが盛り上げる攻撃ではありません。
エラーだってしても良いのです。
気持ちが入っているがためにチームを盛り上げるプレーが出てくるのがワイルドキャッツ。

そんなプレーは、野球の巧い下手や、経験があるか否か、そんな事は全く関係ない。
全員がしっかりと考え、全員の良い所を見て、アドバイスし、声を掛けて盛り上げる。
たまにおちょくる。
飲み会は毎回、アホなくらいの盛り上がり。
私がワイルドキャッツのメンバーを尊敬する最大の理由です。


学校や仕事だけの知り合いや友人だけではない、
こんな特別な友人ができたのもワイルドキャッツ。
そんな環境を与えてくれた野球に感謝です。



フェニックスの皆にも、こんな思いをさせてあげたいのですが、

いつか来るでしょう、そんな日が。




PageTop

コーチ会?

この土日は、運動会など中学校の催事があって練習は無し。
代わりにコーチ会議を温泉で開催しました。

と言っても慰安旅行のようなものですが、小学生部門のコーチ陣とのコミュニケーションで新鮮なアイデアも得る事ができました。

小学6年生との合同練習は是非実現したい。
中学生として、きちんと小学生を指導ができるレベルにあるかどうか。
3年生が居ないこのチームでは、それだからこそできる工夫が必要です。



さてさて、次回土曜日は練習無し。
日曜日は10時から公式戦、午後練習との事。

間隔が開いてしまうと、
どうもコンディションを保てない選手が多いので、次の試合も苦戦か?

いやいや、必ずや自主トレーニングをしてきていると信じよう。




PageTop

惜敗

昨日は、私は行けませんでしたがメダルを賭けた3位決定戦。
とは言っても、チーム数が少ないために巡ってきたチャンス。

2-3 で惜敗との事。

前回のブログでも書いたように、選手数が少ない前日練習からの試合。
そりゃ簡単には勝てない。

しかし、1点差の敗戦。
しかもメダルを逃してしまった。


私は、最高の結果と理解しています。
勿論勝ってメダルを手に入れさせてやりたいと常々思っていますが、
なによりも選手達は、悔しさを手に入れたのではないでしょうか。

最近、特に5月に入ってからは元気のない練習や試合が続いていました。
そんな中で簡単には勝てない事は当然です。
しかし、参加している選手達は本当に苦しい練習を積んできています。

その結果の1点差。

ちょっと工夫すれば、またはちょっと努力を増やせば手が届く範囲です。

先週の試合や土曜日の練習状況からはまだまだ改善余地があることは
選手自身が感じているハズ。

そう、1点さえ捕れれば勝てるんです。

みんな、自信を持とう!
そして、その1点を捕れる練習をしよう!
それは個人の努力とチームワークの支えがあれば、必ず実現できる!

まずは、その理解からですね。

そうすれば、鬼コーチに指示されての練習ではなく、
各自が納得できる自主的な練習になるハズです。



PageTop

Go for it !

さてさて、今日は運動会やら塾やらで参加できない選手が多く、4人。

参加
中2:タイチ、ヒロ、トモ、ユウスケ

明日はリーグ戦3位決定戦というのに、4人しか集まらない。
この地域全体で野球をやる中学生が減っている様子で、他チームでも消滅するチームや合併して存続させるチームなどが出てきています。

先週の試合の相手は正にその後者で、合併した2チームのかしらもじを配したチーム名。
そのため人数がかなり多くなっています。
試合後に練習していたので観察することができましたが、半分くらいの選手は練習に参加できなく、見ているだけでした。まるで有名学校チームの様。

その点、我がフェニックスは3年生が居ないばかりか、いつも人数ギリギリ。
従って、試合に出られないどころか来てもらわないと試合にならない。
練習にしても今日のように数人の事も多く、そこがフェニックスの良いところ。

何が良いのかと言うと、自分たちのやりたいようにできる事。
自分たちのチームであると実感できる事。
各自自身がリーダーに成らなければチームとして成り立たないという事。

しかし、しかしである。
このブログでも紹介しているように、どうも5月に入ってから元気が無い。


今日のような少人数の練習は個別練習をするには絶好のチャンス。

今日の練習にはワイルドの久保田が来てくれました。
おかげで細かな練習ができました。

振り返ってみると、練習ができなくて見ているだけになってしまうクラブチームからすると
雲泥の差があるはず。
今日の練習はそれなりに苦しい、かつ効果的な練習だったと思います。

特に、約160mダッシュをトータル4本。
これは、五藤コーチも久保田も私もやりましたが、かなりキツイ。
私は2本走りましたが、本当にへとへと。
選手達はよくやっています。

その後、個人個人での近距離ノック。これを3人のコーチが並んでやりました。
10本連続で成功したら隣のコーチからまた10本連続できるまでやるため、
トータル100本くらいは受けているでしょう。ほぼ連続に近いのでこれまたかなり苦しい。

4人で内野連携プレーも投げて走って捕球して投げて。
三遊間のゴロを三塁手が捕って一塁へ送球しながら二塁カバーへ。
送球を受けた一塁手は二塁へ送球してからホームへベースカバーへ。
二塁で送球を受けた三塁手は三塁へベースカバーに入っている遊撃手へ送球。
その遊撃手はホームに入っている一塁手へ送球。
走りながらの連携プレーなのでこれもかなり大変。

そして最後に校外6周。



本当によくやっていると思うのは私のひいき目なのでしょうか。

今日の4人は共に頑張っていました。
流石に暑いのでダレてしまう事は時折ありましたが、実際にこのメニューをこなしてみると、私も大変。



近距離からの投球をヒッティングする練習でヒロの打撃が光っていました。
以前からヘッドを返してしまう癖が気になっていましたが、この練習では必ず振り遅れるので
ヘッドが遅れて出たところでミートする感覚を得た様子。
時折わざと背中の後ろに投げます。
かなり怖かった様子ですが、怖がって腰を引いたら絶対に打てません。
私の8年間のフェニックス経験では、毎年一人をターゲットにこの練習をしてきましたが、
間違いなく過去最高の打撃です。
なぜなら、意識的に最も近いところから投げました。7mくらいでしょうか。
ヘッドを返すスイングのままでは絶対に当てられません。
時折しっかりとしたミートができた時は素晴らしいスイングになっています。
この練習は非常に効果的です。
しかし、投げるこちらもピッチャーライナーが来たら絶対に捕れない距離なので真剣です。



今日印象的だったのは、タイチが『投手はやれない』と正直に言ってきた事です。
私はわかっていました。
以前のブログでも書きましたが、今は彼には投げさせるべきではありません。
中学3年間では必ず、取り組む姿勢や気持ちに関する波があります。
その波とどうやって付き合うか、またその波をチーム事情にどのように適応させるか。
それをどうやってマネジメントするか。
ここが指導者として考えねばならない事でしょう。

問題は人数の少ないフェニックスのチーム事情です。
タイチ投手に期待するコーチも勿論います。
彼は当然その逸材です。

私は、人数の少ないこのチームだからこそ投手の気持ちを分かり合い、アドバイスを送りあえるメンバーを作るべきだと考えています。
だから、小学生時代に投手をやっていたタイチには中学1年の途中からは投手をやらせなかったのです。
同時にハートを鍛えるためにユタカに先発投手をやらせる目的もありました。
タイチには、チームメートのピッチングを野手のポジションから見て、その投手が苦しんでいる時に声をかけ、自ら『ここからは俺に任せてくれ』と言えるような選手に最初になって欲しい。
その時までは、タイチの投手は封印さえすべきかもしれません。
(別の考えの指導者もいるのでどうなるかは議論が必要)
そのような選手に誰かがなってくれれば、必ずどこのチームにも負けない良いチームになるハズです。
野球はチームワーク。チームワークは人を助け、自らを成長させてくれる。
現状で、そのような投手候補はタイチ含めて3人(+1人)。


さてさて、明日の試合。
勝てば3位ということでメダル授与となります。

人数さえ集まれば、気持ちさえ一つになれば、必ず勝てます。
つい2、3週間前に3-7くらいで負けましたが、必ず逆のスコアにできるハズです。
私は行けないのですが、少なからずハートで負けないよう期待しています。




PageTop
にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。