中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

育成する4番

昨日と今日は同じメンバーで昨日練習と今日の試合。
今日の試合は突然舞い込んできたものでしたが、町田の立派な球場で野球をすることができました。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、タマ

そう、ジャスト9人。

今日の試合に向け昨日は、ランナー3塁から如何に1点を捕るか、の練習。

まー、点が獲れない。

スクイズができない。
右に打てない。
声がでない、元気がない、ないないない・・・

18回やって綺麗に得点したのは、たったの2回。

翌日の試合に不安がでてきましたが、まぁいつもの事。

しかし、しかし。
いつも、口うるさく言っていた、ランナーによるバッテリー牽制は理解ができた様子。
ここだけは良かった。


そんな状況のまま臨んだ今日の町田市民球場。
相手は、以前にどこかで聞いた事のあるXXジャガーズ。

素晴らしいチームでした。
打力はそうでもなさそうでしたが、とにかく守備が良く声が出る。
よく鍛えられていることが一見してわかります。

全員が3年生との事なので、当然ながら苦戦。
というか、6回コールド負け。

でも、前半は0-3から一気に3点を追いつく良い展開。

今日のスタメンはあるチャレンジをしました。
4番にリョウ。

この選手は学校でいろいろな苦労があり、今では野球部ではなくバドミントン部に籍を置いています。
今年初めころは素振りをするなどの努力をコツコツと重ねていました。
最近でこそ自信のなさから声が出ませんが、当初は一人で元気にチームを牽引していました。

なかなか結果がでないこの選手に発破をかけるには良いチャンス。
前日練習中に4番で行くことをチーム全員の前で発表しました。

野球経験者は多くいますが、4番を打つ経験は誰しもができることではありません。
以前のブログでも打順論を書きましたが、私はチームで最も努力している選手を4番に据えたいと考えます。
学校で苦労するなかでもフェニックスで真摯に取り組むその姿勢は十分に資格あり。
この選手がとっているメモは相当たまっている事でしょう。

しかし1年生。かつ精神的に弱い。

試合前、全員の前で、『この試合はリョウのためだ』と宣言しました。
でも単にプレッシャーをかけるのではなく、2年生がフォローしてやることを指示。
打撃に光るものがあるヒロ&トモをその前後に配置しました。
『リョウの負担を減らすために、前後の3,5番でフォローしろ!』
更に、
4番の前でチャンスメークのために1,2番にユウタ、ユタカを配置。
6番には総仕上げでタイチ。
7,8,9は上位打線の欠点を払拭して3人で1人の出塁を!

0-3から3点とっておいついたシーンは正にこれが実現。
下位打線から1,2番で作ったチャンスを2アウトながらヒロがスリーベースで2点を返しました。
このヒロの1打も実は下位打線のランナーとしてのミスを帳消しにするチームプレーでした。
あと1点。
ここで次の4番リョウがやってくれました。
2アウト3-2のフルカウントから連続スリーベースで同点。

前日から様々なアドバイスを聞いていたリョウは、明らかな振り遅れで追い込まれたフルカウントから全てを思い出し、左中間に深々と大飛球。

試合後の練習では、以前から癖のあるスイングがなんと直っていました。
前日に4番と聞いてかなりナーバスになっていましたが、自ら期待に応えたのです。

全然打てなかった最近は、気持ちの弱さから全て振り遅れていました。

しかし、彼の努力が身を結びました。

学校で大変な事があっても、このような実になる努力をできる人間は強い。
それを証明しましたのです。
球場に向かう車の中で、なぜ4番にしたか、上述のような事を説明したばかり。

相当な自信になってくれたハズ。

試合は負けましたが、このようなチームワークが作れた事は勝以上の喜びです。



後半はガンガン打たれましたが、ことごとく中継プレーが素晴らしかった。
特に中堅手:トモからのバックサード、バックホーム。ユタカを中継して3回くらいあったかな。
バックホームはクロスプレーでジャストアウトにしたプレーは素晴らしい。

それ以外にも、難しい状況でのエンドラン空振り時の1塁ランナー:ユウタの盗塁や、
タイチのプレー以外での後輩へのアドバイス。目に見えないファインプレーです。
ユタカの歯を食いしばったようなランナー3塁時の右へのゴロ打などなど。


しかし結果的には、鍛え上げられた3年生との差は大きかった。

どうしても、ミスが出るとシュンとなる。
この点は大きな課題ですが、今日は課題よりも成果が出た試合でした。

みんなお疲れさん。

とにかく自信を持て!

解散前に確認した、夏休み中に1勝!
絶対に遂げよう!

スポンサーサイト

PageTop

Why don't you enjoy?

最近は土曜日しか私は行けませんが、
今日(もう昨日ですが)も土曜日は人数が揃わない。
複数の中学校の生徒から成るチームなので致し方ないのだが・・・

参加
中2:ヒロ、トモ、ユウスケ
中1:サトシ、タマ、カイ


相変わらず声が出せない。
流石にここまで来ると、選手を庇うのも限界か。

キャッチボールを黙々とやる。
聞こえてくるのは、『ゴメン!』

暴投して謝っている声。

部長がいつも塁間キャッチボールを勧めるので監督が指示。
いつも通りにやり始めたのですが、たまらず中断しました。

ただでさえ暑い中。声も出なければ単に辛いだけの練習。
何故、野球を楽しまないのでしょうか?
やらされている練習ではもったいない。
中学生という人生において貴重な時間。
やらされる練習をするくらいなら家でジュースでものみながらゲームでもしていれば良い。
ましてやこのチームはクラブチーム。
好きだから、または目的があるから参加する団体。
学校の部活動とはまた違った組織です。

本当に楽しく野球をやって、そこから個人の成長を個々の鍛錬とチームワークから学んで欲しいのです。
私個人的には、野球のプレー自体は下手でお構わないのです。
真摯に取り組む姿勢から何か成功体験をつかませてあげ、
それが彼らの人生において必ず財産になると信じています。
それを実現できるのが野球だと思います。


さて話を戻して、
声も出ない選手達に、『自由に帰って好きなことをやって良い!』と発破。
本当は、気合を入れなおして練習に臨みたいところ。
結果、誰も帰らないのでとりあえずホッとします。
ですが練習方針を変更しました。


選手個人が苦しい思いをするからこそ、お互いに声を掛けて激励し合う事を実践。
個人ノックをして、交代のタイミングはノックを受けていない選手に判断させ、自ら交代する意思を言わせるようにしました。
するとやっと声が出始めます。


そこまで気持ちがのってきたので、
再度塁間キャッチボールをさせました。
が、短時間で次のメニューへと移行。

確かに塁間キャッチボールは大切です。
が、他チームでも散見されますが、塁間キャッチボールを左回りから開始したり、
届かせるだけの送球に対して何も指摘しないケースが多いのが気がかり。

コーチングとして重要なのは、コーチの枠に当てはめるのではなく、
選手の状態を判断して、特徴を生かす練習メニューを考えてやる事だと私は考えます。
学校の部活動は徹底して基礎から始めなければいけませんが、クラブチームは特にです。
以前にもSWOT分析の重要性をブログにも書きましたが正にそれ。

現チームでは、塁間キャッチボールは塁間距離の安パイ送球の練習になってしまいます。
常にそれを指摘しながら練習をさせられれば良いのですが、さすがに私も毎回参加できる状況ではありません。
勿論、塁間キャッチボールは基本中の基本なので徹底させなければいけないのは重々承知。
しかし、1,2年生の我がチームはそれ以前なのです。

中学生とりわけ1,2年生に大切なのは、
しっかりとしたフォームで強く低い送球ができるようになることです。
フワンとした送球は全てすっぽ抜けの練習になってしまい、
そんな練習を繰り返すことで試合では強い送球が怖くなってしまいます。
最初から枠にはめた送球をさせてしまうと強い送球をする『心』が育成されません。

コントロールばかり気にする野球はあまりに Too much small Baseball です。
このような、コントロールを先にやらせようとするのが旧日本野球。
一方、欧米型は強く早い球を投げる事がまずは美徳とされます。

当然、私は後者を推奨。
なんてったって中学生は無限の可能性を持っていますから。
早い球を投げる=良いフォーム&強い気持ち。
これを目指したい。

なので現状のチーム状況としては、塁間キャッチボールの前に遠投が必要です。
外野から走者をおきながらの遠投が効果的です。



一方、塁間キャッチボールでは強く早く確実に、この心がけが必要です。
しかしついつい、暴投に注意してしまいがち。
そうではありません。
それは、強く早くに対してトライした結果なのです。
暴投に対しては、捕球する選手が捕ってやれば良く、
投げる方はとにかく強い送球を意識させねばなりません。
ここはコーチングとして難しいところですが徹底すべき。
私は、打球以上に仲間の暴投にこそ飛びついて止めてやれ、と指導しています。
その時のために内野ノックではギリギリで捕れるか否かのゴロを打ち続けます。


似たケースで、試合でのピッチングがあります。
よく『ボールが多い』、『四球を出すな』と文句を言うベンチワークが目につきますが、
私は、全ての投球でストライクを取ろうとする方がオカシイと考えます。
ストライクとボールなんて、5:5で良し。
ボールを振ってくれる事だってあるので。結果的にそれは6:4または7:3になります。
そもそも、ボールが散らばる投手の方が打者としては打ちずらいですよね。

多少極端かもしれませんが、ベースが3つあるので、3つまでの四球は目を瞑る。
ただ頻度の問題ですが・・・



とにかく中学生野球のレベルでは、まずは正しい&個性に合うフォームを見つける事が優先。
そのためには、萎縮するようなプレーになるのではなく、
伸び伸びと強く早いプレーをさせるべき。

怒鳴りつけるなどはもってのほか。
必要な時も勿論ありますが、コーチングとしては怒鳴る理由をしっかり持つべきです。
そしてなによりも理論をもって接する必要があります。


ピッチングに話を戻すと、
コントロールや球速を指摘するのではなく、
投球フォームや間合いを指摘してやることが肝心。
そうではないと、選手が困ってしまいます。
ストライクを入れろ!
もっとスピードを出せ!
このような指示はベンチワークの技量の無さが露見してしまいます。




ところで、今日目立った選手は、

タマ。
セカンドゴロを2塁へトスする動きが素晴らしい。
肘に爆弾を抱えるこの選手はこのような動きから腕の使い方の基礎を徹底したい。
元々肘の使い方は抜群に巧い。
3年生時のエースを目指せ、タマちゃん!

それと、ヒロ。
ピッチングの基本として、球離れの瞬間を教えましたが、
この選手の投球フォームは腕の出どころが見えなく、打者としては打ちずらい。
そこで良いところを伸ばすために球を離す瞬間を、
点ではなく1cmだけ線として押し出す事を練習しました。
まだまだ中指だけで投げているのですが、時折人差し指を使ったボールを投げられるようになりました。

この選手が本当に投手として、エースとしての姿勢が出てくれば、
徹底してピッチングを教えてみたいと思える選手になってきたように感じます。

そういえば上述した強い球を投げる練習はこの選手が最も取り組んでいました。



日曜、月曜日は私は欠席しますが、
月曜日の練習試合はとにかく勝ってほしい。
大抵の相手なら、そこそこやれる実力は確実についていますが、
どうも集中力がなく、また声を出せなくて自分たちからリズムを作り出せないのが原因。
時折見せる、リードしている時の素晴らしい雰囲気を維持できれば素晴らしいのですが、
そんな時でも自分たちで、ミスしたら・・・なんて考えるのでしょうか、勝手にリズムを崩す傾向あり。

そんな欠点は一回勝てば、払拭できると思うのですが・・・




PageTop

できるじゃん!

先週はブログを飛ばしてしまったので久しぶりの投稿。
今日は暑かった。やはり選手はバテバテダラダラボロボロ。
これでは野球になりません。

でもでもでも、あれ?
乗ってくれば凄い!
こんなプレーができるようになっていたんだ!

参加
中2:ユウタ、ヒロ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、タマ

最近は試験休みや運動会、さらに梅雨天気でなかなか練習ができません。
そうするととたんに動きが悪くなる最近の中学生。
一体、部活や自主トレではなにをしているのでしょうか?

そんな状態で先週の土曜日も動き悪く、
日曜日はナント3-5で新人戦に負けてしまったとか。(私は欠席)
新人戦は余裕で優勝する実力と思っていましたが・・・



今日もダラダラ。
いつものように、ダラダラ練習になっている時は途中で止めてチームベーラン。

10人で3分40秒(先週の最低記録)を目指しました。
今日は7人なので3人が2週を走ることになります。
さてさて、結果は・・・、3分15秒。

今日のメンバーでこの記録は、このダラダラ感の中では以外。
まぐれだ! と発破をかけてもう一回。
今度は3分14秒。

やればできる。
2周走るメンバーが3人いるので、これは以外とキツイ。
しかも2回やったので、4周走った選手も居ます。

走力に自身のある選手はチームのためにタイムに貯金を、
自身のないメンバーは少しでもその貯金を切り崩さないように走ります。

そのあとは、内野連携です。
三遊間のゴロを1塁へ送球。
一塁手は2塁ベースカバーに入った三塁手へ送球後、ホームへ走り、
2塁で受けた三塁手は3塁へカバーに入った遊撃手へ送球、
3塁で受けた遊撃手はホームカバーに走っている一塁手へ送球。

これ、結構難しい&キツイ。

しかししかし、なかなかやるじゃん!
今日の7人は自身持って良し!

後は、2塁手のポジションで深く守らせ、
そこへ選手がバッターボックスからフルスイングでノック。
受けた野手はホームへ遠投送球。
野手が後ろへ逸らしたら全員で腕立て伏せ。

これは初めてやってみました。
遠投の練習にはなりましたが、全員押し込むスイングが出来ない。
もう少しやらせてバットスイングの軌道を意識させてやりたいところ。

左打者の私が三遊間や三塁線に痛烈にノックしている事が如何に難しいか
選手達も共感してくれることでしょう。
これが正しいスイングの軌道に定着するのを期待したいですね。



明日は1日練習との事でしたが、私は欠席です。

今日のような、ダラダラとしてしまう中でも、
確実にレベルアップした実感と、
とにもかくにもキツイ練習をしているという自身をもってくれることを期待しています。

そうすれば、必ず新人戦は優勝できます。

ピンチ時の守備や、チャンスでの打席では、
苦しい練習をしてきたという自覚と自身が最後のモノを言います。

今日の選手達はそれを持てるハズだと信じています。

それにしてももう少し声が出ると良いのだが・・・

でも一歩間違えると日射病に成りかねない状況だったので、よく頑張ったと思います。





PageTop
にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。