FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久しぶりの練習

台風や試験休みなどでなかなかできなかったので、
やっと練習ができました。
久しぶりに見る選手達の状態は、以外と悪くはありませんでした。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、タイチ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:サトシ、カイ



またまたウオーミングアップでいつものやつをやりました。
ジグザグダッシュ&ヘッドスライディング。

明日も練習があるのであまり体力を最初に消耗してしまっても
モチベーションが上がらないので、今日は1回だけ。
でも1年生は可哀想にルールが分からないとの事だったのでルール説明も含めて2回やるはめに。

でも、このチームは1年生のレベルが上がれば非常に良い野球ができる。
1年生もほぼ全員が試合に出るのでここがポイントになりそう。




さて、今日は久しぶりのキャッチボール練習中にボールを投げるフォームのチェックを行いました。

■ユタカ
投げる時に使う筋肉のイメージを持たせました。人間は不思議なもので意識するだけで鍛えられる筋肉の発達に差がでます。この選手はきようなのでどうしてもただ投げるだけになってしまう。そこで、ボールリリースの瞬間からその直後に肘から先の筋肉だけを意識させました。これによって、リリースの瞬間のスピードを上げ、ボールにキレをつけさせたい。

■タイチ
今日はクロスステップしていましたが本人は気が付かなかったとの事。クロスステップは悪くはないけど体の使い方が物凄く難しくなる。それと、ユタカと同じでただ投げるだけのフォームからメリハリをつけさせたい。ユタカにはリリース直後を意識させましたが、タイチにはリリースまで脱力することを指示。クレバーなタイチなだけにこのイメージをどうやって自己流につなげていくか見ものです。ここを克服できれば長く苦しんでいるアーム式投法を改善でき、本物の投手になれるハズ。

■ユウスケ
最近のlevelアップはチームNo1。気持ちの持って行き方がわかってきたのかもしれません。左足を上げて軸足に体重が乗る瞬間に軸足がブレて外側に体重が乗ってしまう事が多い。すぐに本人も理解した様子。この癖がなおればヒップファーストにもつながり、更に強いボールを投げられるようになるハズ。

■トモ
実は肩が強い。実は足も遅くはない。なかなか100%を表に出せない選手ですが、徐々に出始めています。スローイングでは、腕の始動が早いため体重移動を腕のスイングに繋げられていない事を指摘。しかしこれを治すのはなかなか難しい。以前からわかっていたのですが体も小さくまた上述したように100%の表現がうまくない選手だったのでいつここを指導するか待っていましたが、今チャンスです。これをクリアできれば投手だっていけます。

■ヒロ
最近腕のスイング軌道が変わってきました。本人はわかっていなかったようですが。でも素晴らしい変化です。皆これがなかなか出来なくて苦労するのです。腕のスイングで作る軌道が今までは斜め。要するにスリークオーター。だったのですが、きちんと両肩のラインより上に肘が上がり、スイング軌道が縦に。正にオーバースローです。しかし難点は体を捻ってしまうため目線が切れてしまう事。これではコントロールは付きません。投げてみないと分からない投法です。従ってフォームに影響を与えないようにかつ目線を切らないようにするため、相手側の目、要するに左目だけで相手を見て、右目はどこでも好きなところを見て良し、としました。基本中の基本です。

■ユウタ
以前からティラノサウルス投げと言っているのですが、足を挙げた時点でボールを持つ手首が脇の下近くに来てしまい、強いボールを投げられる体力があるにも関わらずうまくいきません。そこでトモと同様に腕のスイング始動に一呼吸入れてタメを持たせるようにしました。しかしこれもなかなか難しい。でも治れば物凄いボールを投げるハズです。

■ごめん、中1の2人は今度チェックします。


さてさて、
今日はちょっとした実戦練習を試しました。
常に考える練習を目指していますが、今日は特にチャレンジ。
1outランナー2塁。選手はセカンドとライト、残りは2塁ランナー。コーチが1,3塁に入ります。
ここでノック。
想定されるシチュエーションは、
・フライでタッチアップ、3塁進塁とその阻止
・セカンドゴロで3塁進塁とその阻止
・ボールの落下で2塁ランナーは一気にホーム生還とその阻止

セカンドにユウスケ、ライトにはトモ、サトシ、カイ。

なかなか良い練習ができました。
練習メニュー後の休憩時間中に選手達と話をしましたが、
体制が崩れている時こそタッチアップのチャンス。
しかし、落とす可能性もあって、先日の西武球場で2,3塁からのセンターフライで
2人が生還したプレーの凄さ、難しさを多少は理解できたようです。

このような戦術的練習をするにはコーチの人数が必要です。
今日は新たに鈴木さんが加わっていただき、とても助かりました。



それと、今日もロングティー。
印象的だったのはみんな個性が出始めています。

特に、ユウタのペーパープッシュヒッティングのアドバイスは非常に効果的。
彼のミートは物凄いパワフルになりました。
今夏に入ってからは、ボールを弾ます野球からボールを運ぶ野球へと指導しています。
弾むボールの野球は小学生まで。もう大人と同じ体格になりつつある選手は弾ますのではなく
自らの体でボールを飛ばす投げると言う事。
バットにボールが当たって弾むのではなく、紙を打つイメージ。
バットに巻き付いた紙は弾みません。それを飛ばすには前に押し出して強く早いスイングを
しなければなりません。今日にユウタのスイングは正にそれがイメージされていました。

それとタイチ。
インコースの打ち方で引手側の体を開くのではなく、バットの内側で詰まっても良いから
肘を畳んで押し手側の半身を押し出すというアドバイス。
元々遠くへ飛ばすよりもしっかりとしたライナーを目指したいと言っていたのでこの理論がバッチリ適合。
今日のインコース内は大人顔負けするフォームで打っていました。



明日は私は参加できませんが、吉井部長へはバッティングマシンを使ってバントと打撃を徹底的にやってもらうようにお願いしました。


来週は試合。勝てばメダル。
今まで苦労した分、3年生の抜けた他チームに脅威は感じません!
でも試合運びが下手なんだよな~。

そこは練習でしか克服できませんね。




スポンサーサイト

PageTop

ラッキーorアンラッキー

先週は台風で練習できず。
今週はテスト前で参加人数が1,2人になってしまい、今日は中止に。

前回、せっかく3年生のいる相手チームに公式戦で勝利したというのに、
練習が全くできない。

特別な勝利の後ほど重要な練習はありません。

各自、自主的に勝利のイメージで素振りやランニングなどしているのでしょうか?
それとも、勉強に専念するのもよし。



個のレベルについて議論されることの多い選手達だが、
ベースはチームワークで勝っている状況です。

個のレベルでは到底勝負するレベルには至っていません。
だからこそ個のレベルアップは大きなウエートを締める事は間違いなし。

勝利から次の練習までの約4週間を各自がどのように過ごしてくるか、
次の練習が楽しみです。



ただし、勉強は野球より多少ウエート高く頑張って欲しい。


以前のブログにも書きましたが、
野球は、使う道具やルール、更には9つのポジション毎のセオリーが非常に多岐にわたっています。
私の知る範囲では他のスポーツを圧倒するでしょう。

それほど、野球は頭を使うのです。
勉強にも必ず活かせます。

いわゆる、野球バカには決してならないように。
普段から工夫をして、柔軟な頭脳をつくるためにも、
野球と勉強の両立に励んでください。






言うは易し、
行うは難し。






PageTop

公式戦初勝利!

やっとです。公式戦初勝利。
相手は近隣のライバルチーム。いつも3年生にやられていましたが、
今日は1安打に抑えての完勝。
しかも、約束通りに夏休み最後の練習試合で1つ勝利した後の公式戦トーナメント。

参加
中1:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中2:リョウ、サトシ、タマ

またまた9人ちょうど。

4-2のナイスゲーム。
ただいくつかの反省点もありました。

守備では、仲間がいっぱいいっぱいの中でプレーしていることを常に想定しておく事。
先制された3回裏。1アウト 1,3塁。
ここでピッチャーゴロ。ユタカがジャンプして好捕。すかさず2塁へ送球。
この判断と動きは素晴らしい。野手を信頼していなければあのプレーはできない。
遊撃のヒロは何とかその送球を捕球し2塁ベースを右足でキックタッチ。
難しい体制のまま1塁へゲッツー狙い。
流石に送球は難しいハーフバウンドになり1塁手は捕球できず、3塁ランナーホームイン。
エラーは当然悪送球の遊撃ヒロに。
しかし、その時1塁手は悪送球を前提に構えていたか?
昨日の内野ノックで難しいボールを止めていた1塁手。
それは難しい打球を想定しているから止められる。
特に1塁手は、打球より仲間の悪送球を止めて欲しい。
リョウだからこそ求めるプレーだ。

もう一つ反省すべきは、試合の流れを離してしまう事。
チャンスで押せ押せの場面、見逃し三振やフライで走らず。
このようなプレーは気持ちの問題。
今日のこのような反省点の多くは1年生でした。
要するに試合の中では当然出てくるプレーです。
これをどのようにチームとしてカバーするか。またはどのように削減するか、ここがチームワークとしての課題であり、我々フェニックスとして最も目指さなければならない点。
1年生のミスはミスではなく経験です。


しかし、しかし。
そんな反省点以上に素晴らしい事の方が多かった。
ポイントは以下の4つ。

①先頭打者の出塁
7イニングの攻撃の内、4度成功。3度はヒット。
でも最終回逆転に成功したのは先頭のタマちゃんの振り逃げ出塁。
これは大きい。
それまでの2打席はどうもアウトコースに苦しんでいたように見えたので、
バットの内側で叩くために、ベースに近づけさせました。
その工夫でしぶとくファールも打って粘っていました。
それが奏功して最後三振でしたが集中していたため振り逃げ出塁。
ヒロ、ユタカ、ユウスケの1、4,6回での安打出塁も技術と精神力がついてきた証。

②確実な送りバント成功とそのあとでの確実な加点
6,7回。共にノーアウト1,2塁で、それぞれユウタとユウスケが最高の送りバント。
あの緊迫した場面できっちり成功させたのは明らかに精神的優位に立っていた証拠。
3塁手に捕らせる綺麗なミートは打撃力がついてきたことにも通じる。
更にそれぞれのバントの後で、タイチとユウタが確実にクリーンヒットで加点。
このコンビネーション! いつの間にこんな精神力がついていたんだろうか?

③ランナーを進めるためのゴロ打球
7回、送りバント直後1点ビハインドの中で1アウト2,3塁。
散々練習の中でもこの場面を想定してきました。
難しい投球をなんとか遊撃に転がしたユタカ。
更に逆転後の1アウト2,3塁でのタイチ。投手は勢いを止めるべく変化球多投するなか、
体制を崩されても転がしたあの執念は素晴らしい。
ちょっと昔ならみんなポップフライだった事を考えると明らかに成長している。

④足で相手バッテリーの牽制
実はこれは紙一重。
しかし、失敗を恐れないでリードをとり、スタートを切って走者から牽制する姿勢は練習の賜物。
相手捕手がタイムをとって投手にランナーを気にし過ぎと明らかに注意した場面がありました。
その直後、投手の軸足が牽制をしないように伸びきっていたのでダブルスチール。
まんまと成功しました。
特にランナーで目立ったのは、ユタカとタマちゃん。
あれだけ投手に牽制させたのは明らかに相手のリズムを崩していました。
紙一重と言ったのは、リードが大きくなってしまい間一髪、というシーンがあった事と、
1アウト2,3塁での3塁ゴロでゴロゴーができなかった事。
これはやはりベンチからゴロゴーをサインで出してやらなければいけませんでした。


もうひとつ、見逃してはいけないのは、トモ。
悔しい打席が続いた3打席目。明らかに集中していました。
その結果、四球。こういうのがチームとして大きい。
打者にはいつも言っています。複数回巡ってくる打席の中でストーリーを作れ!
1打席目を活かして2打席目に臨め。2,3打席に繋がる1打席目にしろ。
今日のトモはたまたまヒットはありませんでしたが、このような集中力は素晴らしい。

更に更に、今日のバッテリーは相手を1安打。
8個の四球はいただけませんが、まあこんなもんでしょう。
私はイニング数前後はOKと思っていいます。
今日先発はユタカ投手にユウタ捕手。リリーフではヒロ投手にタイチ捕手。
4人とも特徴を活かしていたように思います。
タイチのキャッチングがうまくなっているのに驚き。左ひざの使い方を教えるとすぐにできていました。
凄いのはランナーが出た時には自分で判断して膝を地面に着けていなかった。
しっかりとコーチの言う事を自分自信で考えて実践している。
決して言われたことだけをやっているわけではない。これが素晴らしい。
でももう少し経験を積む必要あり。でもタイチならすぐに吸収するでしょう。


とにかく今日は全員よく声が出ていました。
特にサトシ。
レフトから絶え間なく声でチームを鼓舞していたあの姿勢は
もうフェニックスには必要不可欠なものになっている。



こういう野球ができるチームなんです。
なかなか理解できていなかったかもしれませんが、これで大きな自信になってくれることを期待します。


ヒット数はいつもあまり期待しませんが、3年生投手から7本の安打は立派。
声出しも試合を通してずっとできていました。

とうとう来たかもしれません。
今まで1,2年生だけで散々やられまくってましたので、
これから同学年との対戦は必ず優位に立てるチームです。





おめでとう!

監督、部長、お疲れ様でした。
まだまだ反省すべきまたは改善すべき点は多いチームですが、
ヤツらはなんとも素晴らしいゲームをやってくれました。
もう少し早いイニングに点を捕ってくれれば良いのですが・・・




33打席 28打数 7安打 .250  立派!
犠打2             成功率100% 2回ともノーアウト1,2塁
四球3             死球をとれるくらいにベースに近づかなくてはイカン
三振9 (見逃し2個)       多過ぎ 1年生だけで6個
盗塁2             ダブルスチール
フライアウト3         これが凄い! 11打席に1回しか打ち上げていない確率







PageTop

2選手でも内容濃い練習

明日は試合だというのに、たった2選手での練習。
中学校でのイベントがあるとのことなので仕方なし。
それでも良い練習ができました。

参加
中1:ユウタ
中2:リョウ


選手2人に対し、監督コーチ陣は4人。
でも、参加した2選手は志高く、本当に良い練習ができました。

マウンドからのピッチング、
ロングティー、
内野守備


■ピッチング
リョウの練習しか見られませんでしたが、
プレートの使い方、
軸足と前足の置き方による重心の安定のさせかた、
上げて踏む出す足の使い方
グラブ内の親指を手のひらの下から捕手へ突き出す方法、
などなど、良い経験になったと思います。
同時に捕手をやったユウタには2塁3塁への捕手からの牽制をやりました。
どうしても2塁へ送球すると方が開いて、肩を痛めがちになるので、
途中で急きょ1,3塁への送球に変えたところそこそこうまくできていました。

■ロングティー
今日の重点ポイント。
この2人は間違いなくどちらかが4番に座らなければいけません。
最初は84cmのバットを歩幅間に入れて下半身を意識させ、
次にフリーに打たせました。
特に、ボールが弾んで飛び出してしまう打撃ではなく、
紙を打つイメージでボールをバットに乗せて運ぶ打撃を意識させました。
最初はなかなかうまくいきませんでしたが後半は素晴らしい打球が飛ぶようになりました。
しかし1年生と2年生の差はまだまだ大きい。
ユウタからは常にリョウにアドバイスさせましたが、スイング後半の体力が無い、
という指摘はまったくその通り。

■内野守備
この2人に1塁手をやらせるのは、この2人ならばボールを止める事ができるから。
その信頼感は絶大です。
この2人をシートノックの時によく同じポジションにして、お笑い系!
と言いながらジョークを言わせてノックしていましたが、
この2人への送球時に他の野手が気楽に投げられるようにするためです。
それはこの2人だからこその事なのです。
今後のフェニックスを考えると、この2人が3塁手をこなせるようになるとチームとしての
レパートリーが広がり、チーム力が増すこと間違いなしです。
そこで3塁手の内野ゴロをやりましたが、練習着がドロドロになるまでに頑張りました。



最後の外周も3週のタイムノルマをリョウが達成できなく、リョウだけ+2週になってしまいましたが、
ユウタが1週分助けてそれぞれ+1週で完了。

これこそが、チームプレーです。

間違い無くこの2人がフェニックスを引っ張るべき逸材です。

リョウはまだまだ気が弱く、自身が伸びる練習の手前で諦めてしまう事が目立ちますが、
この2人のコンビは捨てたもんではありません。

今日の練習は本当に内容的に濃いものとなりました。
このような練習ができるのであれば、
人数は少なくともフェニックスとしての意味は非常に大きなものとなります。


さあ、明日の試合。
この2人だけは特に結果ではなく、今日の練習のような意気込みとプレーが出せればそれでOKです。
それによってチームメンバーは必ず牽引できます。

もっともっと自信を持て、ユウタ、リョウ!






PageTop
にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。