中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

先輩後輩

先週の練習で良いシーンがあったので紹介。

2年生のタイチと1年生のリョウ。
この2人は小学生時代も同じチームに所属していた。
だから、というわけではないのですが正に、先輩と後輩という練習ができました。
本人たちはわかっていないかもしれないが・・・

場面は内野ノック。
タイチは元々サードをやりたいタイプ。
リョウには最近、サードを始めさせています。

気持ちの面でまだ自信を持てていないリョウのような選手には、
常に強い打球を意識しなければならない三塁手はうってつけ。

いつものようにノックは、ランナーを入れての実戦形式。
ランナーと野手は交代しながら練習です。

長時間、リョウが走っていたのでサードへ就くように指示。
しかし、その時はタイチがサードを練習中です。

そこでタイチに『リョウが待っているのでエラーしたら交代!』と指示。

ここでタイチの真骨頂(?)
『ぜってーエラーしない!』
有言実行、この後のプレーが凄まじかった。

私もかなり強い打球を三塁線に抜けるように打ったのですが、
タイチは難しいゴロをグローブではなく、腹で捕りに行った。
あれだけ速い、しかも脇を抜けそうな打球にも目線がバッチリ。
腹筋に当たる鈍い音。前に落として1塁へ送球。

ヤクルトの宮本選手が言っています。
『ヤバい、と思ったら両手を下げる』
これです。自然にタイチはこれをやった。
このようなプレーが出来はじめると、とたんに野球の幅が広がる。

ここで私が言いたいのは、
後輩のリョウが目の前で見ている中でのプレーだという事。
あのプレーを目の前で見ていて、何も感じないヤツはいない。
ハズ。

タイチはただ単純に、好きな三塁手の練習を後輩に譲る気持ちなどなかったという事かもしれない。
でもそれでOK。

その気持ちがあるからこそ、自身が向上できる。
その気持ちを目の前の後輩に見せることができる。
最悪なのは、自分本位だけでダラダラとやる選手。



私の似たような経験が、草野球ワイルドキャッツでありました。
あれは確か、ローカルリーグで優勝争いをしていた時。15年以上も前だが。

我がチームは投手がことごとく肩を痛め、仕方なくキャプテンがマウンドへ。
相手は横浜高校OBのメンバーで構成された強豪だが、僅差の試合展開。
あるピンチの場面。たしか、2アウト2塁だったような記憶。
強烈なピッチャーライナー。
その投手は、捕りに行っては間に合わない程の打球のスピードだったため、
瞬時に判断して、自らの胸をボールに当てに行った。
鈍い音がしたが見事にボールを落とした。
素早く捕って1塁送球、ショートバウンドになったが、
これを私が落とすわけにはいかない。同じように懸命に体で止めて3アウトチェンジ。

このプレーは、相手も『スゲー』と言っていたが、チーム全体を鼓舞したのは言うまでもない。
私もインスパイアされました。これが野球の魅力です。
(いやー、懐かしい話だね、オザワ!)



話を戻して、
あのタイチのプレーは、それを思い出すには十分なくらい気合の入ったプレーだった。
それを目の前で見たリョウは、技術ではなく、そのような気迫を先輩から受け取って欲しい。

それさえあれば、リョウはもっとポテンシャルを高められるハズ。



先輩とは、ただ巧いだけの存在ではない。
優しく後輩に譲るだけでもない。

お互い切磋琢磨し合い、その中でも1歩何かでリードして、
だからこそ後輩が目標にできる人。
それが先輩でしょう。

マンガ『キャプテン』の谷口君は、その1歩が当然あると誤解され、
でも、皆との練習の後の個人練習で何とか体得した。
そこが素晴らしい。



今の2年生はそれだけの練習はしてきたハズだが、週に1回ではなかなか難しい。

いかに普段から個人が取り組んできたか、

もう2年生はその成果を見せる時期になってきた。

まだ間に合う。

あと約9か月。





スポンサーサイト

PageTop

新入部員

昨日は、新入部員候補の3人が見学にきました。
とうとう、現1年生は先輩に!

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、タマ、サトシ、カイ

私の参加時間がいつも以上に遅れてしまったので、
見学の3人に特別な練習を体験させてあげる事はできませんでしたが、
最後に伝えたメッセージは・・・


ここは『野球部』ではない。
English School です。いやいや、『クラブチーム』です。
(ヒロがクラブのスペルを正確に言えました)
という事は、
・強制する練習ではない。
・もしシンドイ時があったら練習中でも自由に言ってもらって休憩して良い。
・普段の学校生活でできない事を試してみる事ができる組織。
・普段の生活で嫌な事があったらそれを忘れる事のできる時間。
是非、自分自身のポテンシャルを試しながら引き出して欲しい。


同じような事は毎年言っているのだが、
1,2年生はわかっているのでしょうか?


流石に2年生の残り時間が少なくなってきました。
最後の外周は1年生6周、
2年生は全員でまとまって走り周回数は自分たちで決めるようにしました。
もう指示されて練習する姿勢から少しずつ自分達で判断するようにしてほしい。


結局2年生は4周走ったそうです。
まぁ、何周でも良いのですが、
彼らが、
1年生の周回数との差をどう考えるのか、
外周ランの練習に取り組む姿勢に対してどう考えるのか、
それが大切。


最後には真摯に取り組んだ者のみが、
・感動を知ることが出来、
・経験としての人生の財産が得られ、
・自身の精神力や仲間という強力な武器を持てるようになる。


彼らには全員にそのチャンスがある事を理解してほしいものです。






さてさて、来週末は3連休ですが、日曜日のみの活動とのこと。
また別の小学生チームから数人規模で体験にくるそうです。
そのチームOBのリョウがいろいろと世話役をしてくれているようです。


11時ころまで体験練習をしてから、
練習試合との事。



そろそろ、先発投手にタイチを考えないと・・・
でも、オーソドックスにユタカか?

思い切ってリョウにやらせてみたらどうなるかなぁ。






PageTop

神様

さーて、今週末はいよいよ新入部員となる6年生が見学に来るとの事。
土曜日はいつも通りに午前中のみ練習。
日曜日は、大会の閉会式と納会。


毎度言っているけど、私が中1で野球部に入った時は、
3年生は、プレーだけでなくその言動から神様に見えた。
2年生は、よくぞ練習に耐えているスーパーマンに見えた。

今の2年生、1年生はそのように6年生から見られるだろうか?



無理して見られる必要はない。



1年生は、まだまだ繰り返しの基礎が必要。
とにかく、素振り!
冬のこの時期は、勉強の合間に50~100回くらい。
これを3セットやれば、勉強も捗るハズ。
冬休みが明けたころには、英単語を相当覚えて、スパーマンに近づいている事でしょう。
声出し練習が楽しみです。



さてさて2年生。
実は個々の技術は神様と思われるところまで来ているものもある。
今日は個人個人に対する私の感想です。

もし、私がxxだったら。


もし私がユウタだったら、徹底的にティラノサウルス投げを極める。
理論的には悪くない。
もう少し肩腕を弛緩させ、胸を張る瞬間を作り、肘から先の筋肉を意識して
腕を振れれば、素晴らしい投手になれる。かも。
ただ、ハートが弱いだけ。
でもこれは、失恋の1回や2回経験すればすぐに強くなる。早くフラれろ!
それと打撃はトップの位置までにグリップが上がるのがGood。
振り遅れを悪と考えず、今のままでスイングを強く速くして対処すべし。

もし私がヒロだったら、強いゴロを打つ。既に柵越えは経験済。
そうすれば走塁の巧さを活用でき、ランニングホームラン量産に。
それをセンター方向へ。今のままではアウトローへのスライダーが打てない。
これは硬式だったら致命傷。
今の内から強いゴロの意識で打てばそれすらも克服できる。
それと、自分を変身させる。
今は野球に臨む態度に浮き沈みがるが、常に練習では率先してきた。
実は気が小さく優しい故、どう表現したら良いかわからないがための態度だろう。
せっかくのクラブチーム、もう一人のヒロを演出してみるチャンスではないか。

もし私がタイチなら、イケメンの顔が隠れるキャッチャーはもう卒業して
いよいよ投手一本化する。なんと言ってものこり10か月しかない。
今は自分の調子に合わせてしまい、責任感から恐怖が先に来ている。
結果なんてどうだって良い。
まずは投手とはどういうものか、リーダーとはどうあるべきか、
ここの経験を積みたい時期だ。
打撃も数字は良くないが、実は必要な時に高い確率でゴロを転がしている。
ただ一人、打席で声を出して臨むその姿勢は、結果ではなく姿勢でチームを引っ張っている。

もし私がトモだったら、もう一度今まで基礎からやりなおす。
特に、1年半前に指を骨折して片足の練習を徹底した。あれは正に今の打撃の基本。
トモのスイングはチームNo1の美しさ。本人は全く分かっていないが。
日曜日の練習試合で、一言のアドバイスで痛烈なレフトライナーを打った。
そのセンスがある。しかしまだ小学生時代のイメージを自分で引きずっている。
もう一度、フェニックスに入ってから一緒にやってきた練習をコツコツとやると、
以前と変わっている自分に気が付くはず。
その自信があれば、7割で練習する姿勢が変わるハズだ。そろそろ8割にしてくれ。

もし私がユタカだったら、うーーーん、実は難しい。
なぜならユタカは私以上の素質と能力を持っているにも関わらず、弱気がそれを隠している。
しかも意外に頑固。なぜバッティングを治さない?
突っ込み打ちのダウンスイング。
ダウンはタイチもそうで、スカイヤーズの基礎練習の成果かも。
ダウンスイングがベストというのは大昔の理論。
ダウンでバットを入れて、レベルでスイングしてフォローでアップする。
ただ、中学生なのでもうレベルスイングにしないとイカン。
作られた左打者の典型で左半身をつかえていない。
ただ、技術云々はこの選手はどうにでもできるし、野球感もクレバー。
やはり、気持ちのトレーニングという事で、私だったら寒中水泳や座禅、はたまた山籠もりかな。

もし私がユウスケだったら、捕れなくて良いからダイビングキャッチをしまくる。
ダイビングキャッチをやることで実は腕力が脅威的に鍛えられる。
私の経験では腕立て伏せ30回分を1回のダイビングキャッチで得られる。
試合で1回ダイビングすると確実に筋肉痛。
腕力がつけばバットスイングももっと本格的にできるようになる。
最近やっとスイングの形ができてきた。今がチャンス。
それと、せっかく工夫することの強みを持っているので、
全てのアドバイスを自分用に変換して納得して練習する。
何度も同じ指摘をされているのは、これができていない証拠。

もし私がダイキなら、短くて重いバットを持ってもっとベースに近づいて立つ。
とにかくインコースの打ち方が巧い。
これを生かさない手はない。
ただ高めの球が実は苦手。これはバットを短くしてコントロールしやすくする。
アウトコースもイマイチだが、打席に近づけば問題ないだろう。
そのバットで感覚を得たら、長さを元に戻す。84cm、780gくらいを振れたら凄い。
とにかく身体能力は高いので、常に先を考えた練習をしたいところ。




さてさて、残り10か月。
神様と言ってくれる可愛い新入部員が入ってくれれば良いのだが・・・
最低6人は入らないと新人戦ができない!







PageTop

予想できた今日の試合展開

本当にお寒い天気と試合でした。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ、ダイキ
中1:リョウ、タマ、サトシ

カイ以外は全員参加。
10人。正にギリギリの戦い。


昨日の練習から今日の結果は予想できました。
5イニングを2回。

第一ゲームは勝ちましたが、第二ゲームはボロボロ。

声を出さない選手が結果的に致命傷に繋がるエラーに。
エラーは良いとしても、そこから自ら悪いムードへ。
すぐにパニックになってしまう。これが悪循環への原因。
そのムードを投手の四球が後押し。

エラーと四球はまだ良いのだが、自分たちで払拭する雰囲気を作れるようにならないとイカン。
タイチも一人だけでチーム全体へ声がけをしても流石に雰囲気を払しょくするまでは難しい。

最も残念なのは二遊間。
ここは、野球の要。
第二試合で、遊撃タマ、二塁ユタカの新フォーメーションを試してみた。
そこそこかな。
この2人の動きは正に遊撃手と二塁手のコンビネーションの基本に近いものは感じる。
それでも寒い時間が長くなってくると・・・



まあ、守備にエラーはつきもの。
投手に四球はつきもの。
だったら打って獲り返せば良い。

その気迫があるか?
なぜ、普段の練習でやっていることが出せない?

『彼らはこの程度なんだ』と現状把握して再出発?



何度も同じことを言って注意している。

でもそれができない。

これはどういうことか?

そうそう、寒いから。だったら良いのですが・・・


選手達の『悔しい』という気持ちがもしあるのなら、
それが唯一の希望でしょう。
そこから今年の締めくくりと来年への再スタートに繋がる。



さてさて、
第一ゲームの途中まで撮ったビデオを見たいと思うメンバーは居るのかな?
全員のスイングが鈍かったのがよくわかります。
準備する事の重要さがわかります。
何を考えるべきか、という事がわかります。
悔しさがあればの話ですが。




否定的な事ばかり書いてしまいましたが、
そんな中、実は個々での工夫や頑張りも垣間見られました。

少なからず成長はしています。
だからこそ歯がゆい!



ヒロ、バット選択と3塁ランナー時のスタート
タマちゃん、初ショートでの無難な送球
タイチ、盗塁阻止とチームへの掛け声
ユウタ、粘りの複数安打
トモ、新打法と新投球術
ダイキ、腕を畳んだスイング
ユウスケ、試合を締めるスクイズ
ユタカ、打席でのカウントの作り方
リョウ、エラー後のモチベーション
サトシの・・・


サトシは、昨日の打撃練習でのレベルスイングは見事。
ドアスイングだけどレベルで振れているので矯正よりスイングスピードを目指そう。
もっと練習に出てくることが先決。


などなど。









PageTop

今週末は練習無でした

昨日、今日は練習無。
先週末は土曜日に練習、日曜日は練習試合を2試合でした。

土曜日の練習参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、タマ

この日の練習はとにかく走った。
ベーランは当然、野手ノックでは必ずランナーを置いて実施。

10人ベーランも。
何故か最近は彼らは、イヤ、と言いながらもまんざらではない様子。
事実、この日は2回やりました。
その中で1回はなんと最高記録。
3分4秒

2回の内、1回は1年生が2周走りましたが、そこそこ着いてこれるようになっています。

ノックでは4人対4人で試合形式。
1,3塁手とレフトとライトの4人。
ランナー2塁から、1ヒットで生還、またはフライタッチアップを阻止。
3人連続でランナーが成功したら守備につける。
ランナーはセーフにならないといつまでたってもランナーで走る練習です。
これを3イニング。(6回交代するまで)

次は、1塁手、3塁手、遊撃手と打者。
打者はトスバッティングで三遊間に転がして三塁手が捕って1塁へ送球と同時に2塁ベースへ・・・
といういつもの内野フォーメーション。
その間に1塁ランナーの相手チームは一気にホームイン。
これを3人連続で成功すればランナーから守備へとチェンジ
これも6交代くらい。

上述したようにかなり走りました。

その成果かどうかはわかりませんが、翌日の練習試合は2試合とも勝利との事。
なかなか良い試合展開だったようです。


1年生のタイムリーエラーがあったようですが、
その選手は最近の練習に参加していない。
今の時期は、不参加=実力差 となるので、なんとか参加してほしい。



待っているぞ、サトシ&カイ!








PageTop
にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。