FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自分たちの野球

昨日は午後の都合をキャンセルして、久しぶりに公式戦に参加。

多摩地区での大会で、3年生にとってはとても貴重な試合だ。
まずは1回戦。相手は稲城市の某中学校野球部。

クラブチームのフェニックスとしては、学校の野球部との対戦はとても貴重なものだ。
学校としての公式の部活動 VS. 好きで集まっているクラブチーム

ここは是非ともフェニックス独自の野球をアピールしたいところ。
一方、学校としての組織は必ず緻密な正攻法でくると考えられる。


結果は2回表0-2のビハインドの攻撃中、ノーアウト3塁、打者3ボール1ストライクの時に降雨コールド。


しかしこの試合、私はとても残念。

初回、相手チーム攻撃で先頭打者。ギリギリで二遊間をぬけるセンター前ヒット。
なぜここで遊撃手は飛びつかなかったのか。
いつもどんな練習をしていたのか。
たとえ捕れなくとも、初回の先頭打者である。
ヒットになっても飛びつく事で他の野手は、
自分のところへの打球はそのようにチャレンジしよう、と考えるのである。
いや、考えさせるのである。全員が主役であり、リーダーなのだ。
打たれたから終わりハイ次の打者、ではない。
そういう内野ノックの練習をしていたのではないのか?

更に1,3塁でランダウンプレーに。
1塁手は飛び出した1塁ランナーに対してなにもせず、止まっている。
結局進塁されて2,3塁に。
いつも練習で確認していたはずだ。先の塁から追って走者を詰めていく。
2塁へすぐに送球することで3塁ランナーさえも視野に入れたプレーにできる。
2塁ベースカバーに問題があったのであれば、なず投手がカバーに入らなかった?
一つのプレーを人ごとにするな! これはいつも練習で確認していたハズ。


しかし、私が最も残念だったのは相手の選手。
初回、3番打者がデッドボールを背中に受けた。
打者は投手を睨む。まだその程度なら良い。
睨んだまま投手に向けて文句を言いながら不満そうに歩いて1塁へ。

このような野球を学校チームとの対戦では全く考えもしなかった。
私は、私の選手に対するあのような態度を許せない。

デッドボールはルールに定義された明確な野球の一部である。
だから1塁へ無条件で行けるのだ。
痛いのなら鍛えるべき。
打ちたかったのなら避けるべき。
要するにあの選手にその能力が備わっていないという事。

プロならば生活がかかっているので、あまりにも多い死球には怒りもするだろう。
しかし、中学生で初対戦である。
当然狙ってあてられるほどのコントロールも球威もない。(これは別問題)
学生野球は、その選手の生活ではなく、成長がかかっているのだ。

そうは言っても威嚇はスポーツにつきものだ。
自分を強く見せ、気持ちを高ぶらせ、同時に相手を萎縮させる。
それは、プレーが終わった後にするものではない。
勝負のプロセスとして行われるべきだ。

究極は格闘技。
単なるケンカでは相手を殺しかねない。
もちろんリスペクトの中での対戦は必ず自らを成長させる。
試合直前まで物凄い威嚇合戦。
しかし本当のファイターまたはアスリートは試合後に必ず相手を讃え合う。

デッドボール後の威嚇は何の意味があるのだろうか。
その選手だけではなくチームとしてリスペクトの無い組織とみられてしまう。
あの場面、相手ベンチから制止するような注意は全く聞こえてこなかった。


我がチームには徹底してほしい。
デッドボールに至るまでに打者としての威嚇は終えておけ!
大人の野球でも時折同じような態度をする選手がいる。
そんな選手は必ず大したことのない人間だ。
本当に凄い選手は、プレーで示す。
私も投手をしていた時に何度デッドボール後に打たれたことか。
その打たれた選手は今でも覚えているくらい素晴らしい選手だった。
逆に不服そうにした選手には、次打席では絶対三振をとるという強い気持ちで対戦したものだ。
連続で当ててはいけないという恐怖もあるが、そこはルール。
切り替える事が必要だ。

気の小さい私でさえ打席で威嚇をする。
たとえば、
打席に入ったら投手の目から視線を外さない。
  ➡相手を洞察しカウント毎の駆け引きをするのだ。
   逃げている投手はこれですぐにわかる。
明らかなデッドボールはわざと避けないで当たり、ボールの判定で再開。
  ➡軟式だからできる。当たっても痛くない投球だ、と暗示。
   自分の打撃フォームを崩さないようにする目的も。逃げるとフォームを崩す。
インコースの際どいボールは近づく。
  ➡ボールを徹底的に見るための練習。
   早い球ほどやっておくと次の投球に対して有利に。
究極は、鋭い素振りを見せつけ、最終的に強い打球を打つのだ。
  ➡すべてはこれ。
   勝負に勝つのだ。それは結果ではなく自分自身のスイングをする事。


そうなのだ。
問題は延期になったこのチームと再戦するときにコテンパンに勝つこと。
幸い、相手打線全員を見る事ができた。
また2回の表の先頭打者の4番ユウタは見事右中間にライナーで3ベースヒット。
多少暴走気味だったが、それがチームを鼓舞する意味で良かった。
暴走は練習の成果だ。あの時のチームの盛り上がりは見事。
1年生が率先してベンチからでも声を張り上げていたのが非常に効果的。
前日の練習で元気の無かったエイジロウも声出しでは非常にチームに貢献していた。
声を最大の練習メニューとしていた成果が出ていた。

たとえビハインドでも、たとえ前日の練習がダメでも
このようなチームプレーがフェニックスの野球なのだ!

ユウタは3ベースもそうだが、捕手としてのキャッチングの気迫でこの試合のMVPに値する。
そう、3年生は残り少なくなってきた。


私はなんとしてもこのメンバーで優勝したい!





スポンサーサイト

PageTop

新チーム、新人戦の前哨戦

久しぶりにフェニックスにきました。

梅雨の長雨は見事に週末に雨を降らし、中学生の定期テスト休みともかち合い、
等々でなかなか練習すらできない状況。

でも今日は、梅雨の合間のスーパー天気。
流石にみんなバテ気味。

午前中に練習して午後は1,2年生の練習試合。
そう、来週から始まる新人戦の前哨戦です。
鈴木コーチが監督に提案進言して開催となりました。

参加
中2:タマ、リョウ、サトシ
中1:エイジロウ、スギちゃん、シンタ、リョウガ、シュン、タクミ、タイキ

見事、1-0 完封勝。

流石に打撃練習はクラブチームではあまり時間を割けないので
なかなか打撃で得点は奪えませんが、4人の投手リレーで0点に抑えたチーム力は
素晴らしい。

正にチーム力で勝った試合でした。
フェニックスの伝統になりつつあるかも。

1人目、タクミ、3イニング
元々ポテンシャルのある選手。今日の3イニング0点は当然。
しかし、入部してきた時から伸び悩み。球質に変化が見られない。
こなす投球に見えたため、2イニングで完了と思ったら続投志願。
皆の前で自ら、気迫を出す投球します! と。
流石に宣言通り、気迫ある投球で0封。この気迫があれば大丈夫。
でも普段からの練習方法は要確認。
指にかかって投げる球を作っていかないと。
変化球で遊んでいた反動だろう。恐らく指先は全然固くなっていないかも。

2人目、タマちゃん、2イニング
素晴らしいの一言。元々2年前に入部してきた時に腕の使い方に注目した。
3年生時にはエースに、と約束したがその後伸び悩み。
腰痛もあって練習ができなく、いつもピンポン玉を投げる練習をさせていました。
その練習と、2か月前に投球時の軸足の裏の使い方を教えたのが、ドンピシャ。
今日初めて投手を経験したとは思えない投球。
最後の打者にも3ボール0ストライクから打ち取ったあたりは凄い。
タマちゃんにはエマージェンシー登板でロングリリーフを期待したい。
ストライクとボールは半々でOK、全ての投球でストライクは不要とする指導を徹底したい。
有利なカウントから思い切って腕を振る事と、3イニング投げきる事が次の課題。

3人目、タイキ、1イニング
小学生時代も時折投手をやった経験はあるとの事。
今までの練習試合でも投げさせた事があるが、無難に投げるタイプ。
無難だが、小さいからだでそこそこ抑えるその投球は信頼できる。
だが今後は何か武器が欲しい。
時折、アジの開き投げになるのは早く修正したいが、同時にその特性を利用して
ツーシームを投げられると必ず武器になる。

4人目、シュン、1イニング
1年生の中では、このteamで最も早くから投手をした。
今日も投げたくてうずうず。
しかし、最近はどうも投球が安定しない。
タクミと同じで、入部以来成長が止まっている。
もっともっと遠投で鍛えねばイカン。
でも経験や、積極性のあるところはチームに十分貢献している。
タクミと先発の座を争って欲しい。


投手以外にもチームプレー満載。
スギちゃんのファーストでの内野送球のキャッチング。
サードからの投球がハーフで連続したが、ベースに拘らないキャッチングで全てアウトに。
投げたサードも低く送球した事は褒めてやりたい。すっぽ抜けではなく、1塁手を信頼して
チームメートが何とかできる範囲で送球。これをキャッチするのは信頼関係を築く。
普段から捕れそうで捕れないノックは正にここが狙い。
無理な打球が捕れなくとも、仲間の悪送球は止めて欲しい。

それと、シンタの外野でのプレーは目を見張るものあり。
チームNo1だ。
1点差で迎えた最終回のセンターゴロで捕殺にしたプレーは見事!

そして、サトシ。
1塁ランナーに出た1年生が、私の出す盗塁サインを理解できないでいた。
私も意地になり3球連続で出したのだが、さすがに3球目の時、
1塁ランナーコーチのサトシが、指示をしたとの事。
サインプレーのミスやボーンヘッドの多いサトシだが、
このコーチャーでの指示は正にチームプレーなのだ。


混成メンバーで構成される現フェニックスは、このチームプレーが勝敗を分ける。
滑り出しは上々だ。

まだ1年生。
サインミスは多いが、そのうち慣れるだろう。
しかし最大の課題はバットのスイングスピード。
あと1週間で、彼らはどのくらい調整してくるだろうか。

新人戦、本番は来週の日曜日。





PageTop
にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。