FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

敗戦の中にも光る努力

久しぶりに感動するシーンがあったので、
久しぶりに投稿します。


先日の日曜日、とうとう3年生は最後の公式戦になりました。

だんだんと人数が減り、とうとう最終戦の3年生は4人だけ。
残念ながらトーナメント初戦で敗退となってしまいましたが、
まだこれからも練習には来てもらって後輩の指導と高校野球の
準備のため硬式ボールでの練習にはいりましょう!

ということで、その公式戦。
9年間、このチームでコーチをしてきましたが今までにないくらいに
相手チームとの実力差を感じた試合でした。

我がチームのヒットは1年生が最後打った1本だけ。
打てない事が根本的な敗因でしょう。

もう一つ。
エラーです。

なんとサードを守ったタマちゃん。
彼にとっては試練の試合でした。
4つです。全て1塁への送球ミス。

ミスは良い。
失敗したからと言ってすぐにポジションを変えるようなことは彼にはしません。
逃げる姿勢を見せたくなかった。
しかし4つもやると本人は相当滅入っていたにちがいありません。

他の選手なら、自信喪失する前に交代させる事も必要ですが、
私はタマちゃんに賭けました。

相手攻撃の最後の打者もサードゴロ。
ここまですでに4つ。
最後のエラーも最終回にやっていて、すでに塁上にランナーが出ていました。
最後のサードゴロ。実は今までで最も難しい打球。
しかしタマちゃんはしっかりと1塁へ送球して打ち取りました。

彼を評価したいのは、4つの送球エラーをしながらも全て1塁へはダイレクトで
しっかりと腕を振って投げていた事。

今までの先輩達は、必ずワンバウンド送球をしたり、
『もう嫌だ』、『俺はサードに向いていない』との発言を繰り返した。

タマちゃんは、エラーしながらも1塁へ投げ続けた。
この最後の送球は、本当に勇気をもって投げたもの。

この姿勢は全ての野球人が見習わねばいけません。

このさき、高校、大学、社会人と様々な困難が待ち受けています。
その時、この試合で1塁へ腕を振って投げ続けた経験は何にも代えがたい
ものになるハズ。
もちろん、今後のフェニックスに無くてはならない選手に、
正になった瞬間だったでしょう。

今後、後輩が試合でエラーをして緊張するシーンが必ず出てきます。
その時にタマちゃんは自らの経験で声を掛ける事ができるのです。

そう、野球は人を助ける事の出来るスポーツ。
正にその理念としての経験をタマちゃんは勝ち取ったのです。

この姿勢は私の9年間のフェニックスコーチの経験の中で初めてと言っても
過言ではないプレーでした。








スポンサーサイト

PageTop
にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。