中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

相変わらず

さてさて、先週の日曜日の練習試合。
相手は府中のチームでエースが公式戦で投げ終えてからの練習試合2戦。
こちらも主将で4番のユウタがインフルエンザで欠場。
結果は2試合とも1点差負けとの事。相変わらずの様子。



でも報告を聞いてみると、
ユタカが3番打者として、3ベースを2発!
タイチは3打数3安打、内1本はHR!
リョウも捕手で2盗を刺した!
投手として苦戦すると私が勝手に予想していたタイチの
先発投手も様になっていたとの事。



やるじゃん!



元々、レベルは低いわけではないチームだという事はわかりきっているが、
なぜ勝てないのか、もう理由は明確だろう。



以前にも書いた。
私はもうこのチームに自信を持っている。
ここまでで十分なのかもしれない。
私が騒いで勝ったって彼らの自信にはつながらない。



どうやって彼らが自分達でチームとして助け合い、
確認しあって、実力を発揮させ、自らの意識を高め、
チームワークとして機能して自信を持てるようになるのか。
それを待つ事としよう。



常々言うが、私はチームとして組織プレーとして野球に拘る。
それはたとえば打順や守備位置を考える事にも当てはまるのだ。
XX選手はX番タイプだ!  X選手がXX番タイプだ!
XXX選手にXXXは無理だ!  X選手はXポジションしかできない!
これはナンセンス。



組織なのである。チームなのである。中学生なのである。
まずは人間性とチームワークの醸成が第一。その上で勝野球をせねばイカン。
あの選手の後だから、XXな作戦を執る事でこの選手が生きる。
この選手の前だから、XXな戦略であの選手を成長させられる。
XX選手の前後にXX選手が居れば均等に高レベルな守備範囲が広がる。
XX選手がXXを守れれば、他のXX選手が生きる。
全て打順も守備位置も組織としてのビジョンとストーリーがある。
それらは、守備位置9つと9つの打順、それにベンチやランナーコーチも含ると
20種類以上ものポジションが野球にはあり、それぞれで人間性を磨く事が最優先。



このように自分一人だけではできないのが野球である。
以前にも書いたが、人間性の上での技術である。
そうしないと勝てないのが野球だ。
人間性の基にチームワークが成り立ち、そのチームワークは技術を実現させ、結果勝に繋がる。
要するに、勝てない理由はここにあるのだ。



特に上級生、もう逃げる事は許されない。
ユタカはどんなに調子悪くても3番打者だ。
タイチも野球の練習が少なかろうが先発投手だ。
リョウも2年生として7月には新人戦はリーダーとして牽引するんだ。



自分一人だけなら、逃げても良いだろう。
自分一人だけなら、甘えた態度でもどうにかなるだろう。



それはもう組織として許されない。
男として情けない。
既にチームとしての実力は皆が理解しているのだから。



さあ、次の本番は4月後半だ。
そこへ向けて突き進もう!





関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。