FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

練習

今日は寒かったですが、良い練習ができました。
明らかにチームとして質が変わってきたように感じます。

参加:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ、ケイト、シュウ 6年生:サトシ、タマ

期待のタマちゃんが正式入部。
腕の使い方はこのチーム歴代を含めてNo1。 と、私は思います。
速い打球への慣れや、右側の打球対処または打撃に課題はあるものの、腕の使い方には将来を期待させるものがあります。
まだ体は小さいものの期待大の選手が入ってくれました。
タマちゃんが所属していた小学生チームからただ一人での参加なので、早く溶け込めるようにしてあげたい。

今日6年生の参加は2人ですが、これで正式入部は3人目。
今日参加した2人には、入部する中学クラブチームが決定した事の報告とそこまで指導してくれた事を小学生チームの指導者へお礼と報告へ行くよう指示しました。

『ヤベ、俺やっていなかった』と、気付いたユウスケ。
気が付いた時にやれば良いのです。
理解もせずやらされてのお礼なんて意味がない。
今から是非お礼に行ってほしいし、良く気が付いたと褒めてやりたい。



そんな新人もいる中でしたが、今日はちょっとした発破を選手に掛けました。

大会まで2カ月。
ワイルドキャッツとの練習試合や大人のプレイヤーを交えての練習など、最近は工夫をしてきたので大会へ向けて発破をかける良いチャンスと思い、午前中前半の通常練習を終えた際に、
『今日これからは厳しい練習に入る。やり通す自信があるものだけ参加してくれ。』

見事に全員緊張しながらも参加。
そりゃー帰れませんよね。

結果は、午後はもうフラフラ。立っていられない状況まで来ました。
私は選手達を褒めてやりたい。
よくぞここまで自分を追い込んだ。
数か月前は追い込んでしまうと立てないどころか葬式状態になってしまった。
今日はバテバテ。
しかしノリノリ(?)に楽しさが伝わってきました。

午後の打撃練習後、今日最後の練習メニューにシートノックをしましたが、もう足が動かなくて、またグラウンドもガタガタになってしまいエラー連発。
集合して皆で確認しました。
『今日はよくぞここまで追い込んだ。この疲れ果てた状況から頑張った者がムリの無い理想のフォームを手に入れる事ができる。ここからが勝負。エラーを恥と思うな。諦める姿勢が恥だ。』

口車に乗せられた選手達は見事な立ち直りを見せ、物凄い活気あるシートノックになりました。
いつも、『納得したら上がれ』、と言って選手個人個人にシートノックを終えるタイミングを考えさせているのですが、皆終わろうとしないばかりか、声だしが出来てきました。

これは確実に、ワイルドキャッツとの練習試合&コメントやその後サポートしてくれた俊太郎、昨日来てくれた久保田、それとヨッシーコーチ知合いの伊藤さん、またOBの村上のおかげです。

とにかく、不貞腐れる姿勢やダラダラとしたシーンは今日は無く(ダラダラはちょっとあった)、苦しい練習も皆が盛り上げながらできました。

声だしも非常に元気に出来たので、チームとして大きな壁を乗り越えようとしているのがわかり嬉しく感じます。
特にユウスケはチームメンバーへの声掛けができていて素晴らしかった。



私も乗せられて、本当は2時間くらいしか今日は参加できなかったのですが、事情もあって最後まで練習参加しました。



今日の練習は、午前は守備の基礎とコンコン腕立て、午後は打撃。

コンコン腕立て。ユウスケがパーフェクト!
守備練習は、昨日ワイルドの久保田がゴロ捕球の基本をやってくれたので、その延長を繰り返して実施。
やらせるだけでは選手も飽きてしまうので私も参加。
内野ゴロを捕球する低い姿勢で横移動してゴロ捕球。ボールをトスで返してまた移動して・・・。
これを繰り返し。
それを20回×3セット。
次に同じ内容で10回後+ワンバウンドキャッチ後のダイビング10回。
これを3セット。
太ももの筋肉が引きちぎれる思いでした。
塁間をゴロ捕球の中腰のままタイチと移動したのですが、ゴールした瞬間2人とも倒れ落ちてしまいました。
この練習から皆で3つ確認ができました。
・腰を曲げるのではなく目線を低くする。空気イスみたい、と誰かが言っていましたね。
・グローブは体の中心で構える。どうしても体の外で構えてしまう事が多かった。
・ゴロ捕球の際のボールは必ず両足で挟んだ位置で。そこまで目線をブラさず下半身で移動するという事。
ハードな練習を一旦切り上げて集合して上記を再確認しながら気分転換の英語口座。
(このチームは世界一を目指していますから)
今日は、『be good at』
意味を説明して、ユタカに、『今やった練習は得意です』と英語で言ってみろ! と。
  ユタカ:I am be good at this practice.
  コーチ:ん? なんか変。周りのメンバーに確認してみん?
  ユタカ:I am good at this practice !
  コーチ:何? 得意? んじゃもう一回!
かわいそうに、ユタカは他のメンバー以上にこの練習をやる事になりました。


打撃では俊太郎と村上の2投手で2か所バッティング。
この二人が投げてくれるとタイプの違う投手&打ちにくい投手なので本当に良い練習になります。

これだけやってグラウンド挨拶後に外周4または6周。(打撃内容の納得度で自分で決定、本当は8周)
選手達は本当に疲れたと思います。



今まで練習試合では緊張のあまりチームとして機能していませんでした。声も出せない。
それに打ち勝つためには、『これだけやってきたんだ!』と思える練習しかありません。
やっと、そこへ行けるかどうか、というところになってきました。

協力してくれた大人の方々に感謝です。



午後から参加の俊太郎も最後の外周を一緒に走っていました。
彼は土曜日に来てくれ、昨日は駅伝参加。
そして今日も午後から参加してくて、本当に助かりました。
流石に体が張っていて思ったような投球が出来なかったようですが、フェニックスとしては十分良い練習になりました。


この三連休の締めとしては良い一日になりました。
昨日参加してくれたワイルドキャッツの久保田とヨッシーコーチ知合いの伊藤さん、あらためてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
二人が認めてくれた、ユタカとシュウは今日もイキイキとしていました。
シュウは、午後のウオーミングアップのサッカー(村上考案、ナイスアイデア)で素晴らしい動き。
野球も同じように頼むぜシュウ!


今日は皆頑張っていましたが、特にユタカとヒロが光っていました。

ユタカはシートノックでの打球への執念が素晴らしい。
ヘロヘロなのにも拘わらず何度も飛びついてノックを最後まで受けていました。
選手自身が納得したら終われるノックですが、他のメンバーが終了する中、自分からは終わろうとしないのです。
(頑張ったプレーをした時に、イケメン! と声を掛けてあげると他の選手も自分のところにも打ってもらおうと声をよく出していました。単純なヤツらなのです。)
皆が終了した後、最後はユタカとノッカーである私の対決です。
三塁線または三遊間に痛烈なゴロを打ち、何度もダイビングしながらも球を弾いてしまう姿を『猫じゃらし』と言ってゲキを飛ばして、しかし食らいついてくるユタカ。
最後はユタカの意地に根負けしてイージーゴロになってしまったのが悔しい !
ニクイのはユタカの最後の一言。
『I am good at this practice !』
くっそーーーーー!

ヒロはこのところ安定してショートを守っている。
ワイルドキャッツの小澤を彷彿とさせるパフォーマンスは只者ではない。
以前の不貞腐れる姿勢も影を潜め、チームを鼓舞する言動の方がこの3日間は目立ちました。
土曜に、ワイルドメンバーのコメントを熱心に読んでいた姿が印象的です。

サードをクビになったヒロ。ショートをクビになったユタカ。
ポジションを交換した二人とも、1年生とは思えない動きになってきました。



とにもかくにも、キャプテンのユウタを中心にやっとチームらしくなってきているのは事実。
そう簡単では無い事はわかっていますが、先が楽しみ。


そうそう、タイチの肘の動きも感動。
もともと、アーム式バッティングマシンのようだったのが、タマちゃん効果か、素晴らしいしなやかさ。
でも、また元に戻ってしまうのかも・・・
いつエースとして覚醒してくれるか。私の指導力次第か。




関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。