FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大会前、最後の練習

来週の土曜日は練習がありません。
日曜日は午前中に卒部式があって、その午後から大会初戦。
従って、今日が大会前最後の練習でした。

参加者
中1:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、シュウ、ユウスケ
小6:リョウ、サトシ、タマ、ショウ(体験)

今日の1日練習はとにかく、疲れました。

OBのナオトが午前中に参加。
流石に高校野球をやっているので、後輩の不甲斐無さに敏感な様子。

最後に感想を言って貰いましたが、練習態度を指摘していました。
やはり高校野球を経験すると野球の見方が変わってくるのでしょう。
座って休んでいる選手などには厳しく接していました。

やはりこのような礼儀にも通じる叱咤は必要ですね。
中学生選手達は注意を受けても今は理解できないかもしれませんが、
必ず将来に感謝する時が来るはずです。
ナオトも中学生でこのクラブにいた時は、今の選手達と同様な時がありました。
しかし、トータルでは積極的に野球に取り組む姿勢が印象的な選手でした。
だからこそ、後輩達が心配なのでしょう。


さてさて、
午前中は守備練習、午後は打撃練習をしました。
守備練習では外野がさっぱり。
試合ではそうそうは無い距離でフライを打ち、また風も強かったので難しかったのは事実。
でも、今後の大きな課題です。

午後の打撃練習では、私もピッチャーズプレート1mくらい手前から打撃投手をしました。
単純にストレートだけならば当てる事はできるようです。
ただ、ちょっとタイミングをずらしたりするとたちまち打てませんが・・・
流石に47歳。最近こそ投げられるようになりましたが、40歳までは若い頃の肩肘の故障で
全く投げられませんでした。ですが若い時はそれなりの速球派だったと自負しているのですが、
中学生相手に、しかも1m手前で空振りが獲れない!
そんなに私の球って当てやすいのか!!!

私の打撃投手のあとは試合形式でのシートバッティング。
その後に紅白戦です。

その中で、打撃で驚いたのは、サトシ。
小6ですが、元気があってムードメーカー的存在。
守備練習は大好きな選手です。
ただ打撃は当分打てないだろうなと思っていましたが、
今日は右中間へライナーで抜けるランニングホームラン!

ちょうど打撃練習前に以下のように発破を掛けていました。
・中学生時代に1本ホームランを打つことを全員の目標にしよう!
・野球経験者でもホームランを打った経験のある人は実は多くは無い。
・そのホームランは高校に行くと更に難しくなるので、中学時代がチャンス。
・ランニングホームランで良い。

そしたらあのバッティング。
私が捕手をしている時でした。
あまりに、と言うかいつも通りでしたが、自信なさげにバットを振るので、
一か八かで眼を瞑ってフルスイングしみろ次は必ずストライクだから、とアドバイス。
それが、ジャストミートになってしまったのは驚き。
走塁も自信の無いサトシですが、あそこまで強い打球だと楽勝で外野を抜けるのです。

試合でのヒットエンドランのサイン同様で、選手にスイングをさせるコーチングは重要です。
ヒットエンドランは相手をかく乱する事や進塁させる目的意外にこのような理由があります。
どうしても調子が悪い時や自信の無い時はバットが出ずらいもの。
それをサインで打たざるを得ないようにしてやるという事。
ただし、ストライクを取りに来るタイミングや球種などを考え、
サインを出す方もドキドキですが。





それにしても、今日の1日練習は気温の変化が激しくて疲れました。

タイチの投球を2打席だけ打ちましたが、両手首骨折の跡が痛くてスイングになりません。
でもリハビリを兼ねて選手達と200回くらい素振りをしました。
ノックはできるようになりましたが、素振りすら出来ない状況だったので進歩です。
私のプレイはこのチームではどうでも良いのですが、以前にもブログで書いているように、
コーチ自身のトレーニングも兼ねてのコーチングは効果大と思っています。



一方で、タイチのモチベーションが保てていないところが気になります。
以前は、チームメイトにも”諦めるな!"などのゲキを飛ばし、自らも率先して練習していたのですが、どうも最近はちょっと変わってきている様子。
何がこの選手のモチベーションになっているのか、とにかく他チームの怒りまくりのコーチに対する嫌悪感や疲れている時の集中力が持続しない事、動けなくなると平気で野球のプライオリティが低いという主旨を発言する姿勢などがしばしば出てきています。
タイチを早くエースに!
という他の指導者からの意見もわかるのですが、今の状態でエースと指名すると伸び悩みになってしまう事を危惧します。
確かにこの選手はこのチームのエースになれる逸材で、まだまだ伸びる素質はありますが、今の思考ではチームを牽引する事はできません。
指導陣がこの選手に今、手助けとしてしてやれる事は、競争の演出をしてやり、この選手の良いところを更に引き出してやってチーム全体への影響力をすこしずつ理解させてあげる事です。
エースとは、そんな簡単になれないからエースなのです。正に心技体そろってこそ。そうでなければエースとは呼べません。前出のナオトと同じくこの年代特有の時期。必ずタイチは戻ってきます。
その時まで我々指導者の腕の見せ所です。
でも、小6のタマちゃんとそろそろ入部しそうなショウが入れば、1年後にはタイチと互角にやりあえるかも。
今はユタカのお陰で投手の競争ができている。
これから充実してきそうな気配です。




いろいろと難しい年頃ですが、とにかく私が必ずコッパみじんに打ってやります!
今日は2打席凡退でしたが。
でも骨折の手術跡にへんな骨の出っ張りが出来てきてしまし、これが痛いんだよなぁ~。
(打てなかった言い訳です。普通だったら絶対に打ちます)




関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。