中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トーナメント決勝戦

今日は、地区でのトーナメント決勝戦。

この地区では通常8チームで争うのですが、我がチームは今回は3年生が引退して新チーム体制が整わない(登録10人以上)事もあり、同じく登録メンバーが不足した近隣のチームと合同チームを結成して臨んだトーナメント。

我が合同チームはシードとなり、前回はコールド勝ち。
今日は2回目の試合ながら決勝戦となりました。

相手チームはなかなかの良いチーム。常に戦力を整えているのは流石。

我々合同チームでは、我がメンバーは先発で4人がスタメン。合同となったもう一方のチームには2年生がいる事もあり、5人が先発。

試合はなかなかの好ゲーム。
結果は0-1の完封負けですが、中学1,2年生の試合で無四球試合を完成させたのは素晴らしい。
自分の中学生の頃からは考えられない内容でした。
(私の中学生時代はイニング数と四死球数が同じでした)
軟式のそこそこのレベルになるとヒットはあまり出ません。大人の草野球も同じです。今日は両軍合わせて4本。6回裏に2本のヒットを重ねて1点を獲られてしましましたが、この回開始前の3球の投球練習で投手がフォームを崩してしまい悪い予感が当たってしまいました。

試合はそのような緊迫した内容で7回まで進んだため、スタメン以外の選手は出られませんでしたが、出場した我がチームの4人の内容を振り返ります。


2番遊撃:ユタカ
守備では初回にエラーでピンチを招いたが、全般に巧さが際立った。先日ブログでも書いたように賢い。
特に後半の三遊間のゴロへの対処は素晴らしかった。常にノーバウンド送球を意識させていたためその意識は高かったのですが、この時はワンバウンド送球を選択。それは逆モーションになる三遊間ゴロのため、捕ってから素早い送球を優先したプレー。(と理解しました)
初回のエラーはある程度仕方ないと私は見ます。打球が速かったため無理して前進してファンブルするよりは、待って確実に捕りに行ったのはOK。しかしバウンドがうまく合わせられなく半歩後退してしまった。結果バウンドが一つ多くなってそれが小さなイレギュラーとなり、弾いてしまった。自分自身の確実性を選択してしまったためにイレギュラーのリスクを負ってしまった典型的な守備。巧いからこそ起きたこのエラーは良い勉強。
ただ、打撃ではアウトコースが全く打てる気がしなかった。まだまだ1年生。体が出来ていない事もあってバットヘッドをアウトコースの高めに合わせられていない。打撃にはまだまだ大きな課題あり。

3番右翼:ヒロ
右翼での守備は全く心配無い。今日の内容ならば右翼と三塁の守備位置は逆である。
打撃もセンスが垣間見られた。バットの出し方が素晴らしい。手首をコックする癖はうるさいほど指摘してきたのでそれなりに改善されてきている(ように思う)。その結果、3塁線に強いファールを数本。その後にセカンドへのゴロとフライが1,2打席目だった。これは意識ができている証拠。2,3打席目は内野フライになってしまったが、私の目には、ボールを見る目とバットを内側から出すスイングの意識は感じられたので、結果的な内野フライであり、この選手にとって今日の内野フライは指摘するに値しないハズ。(ちょっと甘い?)
体が小さいからか、打席に立つと遊撃が前に出てきた。が、相手監督が前に出るな、と指示。さすが良いチームの監督は見る目がある。
できればもっと声を出して元気を出して欲しい。
練習では常に率先してメンバーを牽引してきている。辛い練習メニューの時も誰が1番をやる? と聞くと必ずこの選手が手をあげる。その姿勢はいつも感心。斜に構えていた入部当初からはだいぶ変わった。
一度、本気で投げ合ったキャッチボールが効いたかな?
まだまだ大きなポテンシャルを秘めている選手だ。今回の大会で最も良い経験をした一人である。

7番三塁:タイチ
悩めるエース候補。小学生時代は通用していた野球がここにきて簡単ではない事を実感している(ハズ)。
まず守備。イニング前の1塁送球練習も試合中のゴロも全部ワンバウンド送球。1球だけノーバウンドがあったが、ファーストがオフザベースでセーフに。
この選手は一度、ボールを投げる事に餓えないといけない。
自動的にエース、自動的にサード。これではこの選手のポテンシャルを活かす事ができない。
必ず我がチームのエースになる素材。そのためにボールを投げるということがどういうことなのかを徹底して考え、経験させてやりたい。
打撃もうまくいかず2K。今のスイングに大きな欠点がある。
この選手と同じ小学生チームから来た選手にも共通している。これも巧いからこそなってしまう癖かも。
私もゴルフで同じようなフォームに陥ってスランプになる事がよくあった。
クレバーなこの選手には強制して直させるのではなく、ヒントを与え苦労しながら自分で見つけるのを待ってみたい。必ず克服できる選手だ。
今大会は結果が出なかったが、私は全く心配していない。
練習に取り組む姿勢はチームでNo1。
上述のように巧いから陥っているスランプ(スランプは大袈裟か?)。今後は結果ではなく、質に対して意識させるよう指導したい。特に球際を意識したプレーを目指して欲しい。
ボールを放す瞬間、ボールをミートする瞬間、あと一歩でボールに届く瞬間、・・・。
大局的には理解している選手なので、ミクロな意識改革で更なるステップを期待。
近道は捕手の経験。

8番左翼:ユウタ
今日は活躍するチャンスがあまり無かったが、確実に強いゴロを2打席とも実行できたのは良かった。それを実践できたのは9人の出場メンバーでユウタだけである。それも、速球良し変化球良しのあの相手投手から3塁ゴロとセカンドゴロ。共に痛烈。注文を付けるならバットの先端でミートしてしまっていたが、できれば根っこで押し出せていればどちらかはヒットになったかもしれない。
先端ミートではあったけどバチッ!と良い音がしていた。もう少しパワーが付けば先っぽでも持っていけるようになる証拠。でも今は先っぽより内側でのミートを意識!
打席でのボールの見逃し方に雰囲気が出てきた。自分のタイミングで打席ではボールを待っていた。
この選手に派手さは無いが、先日ブログでも書いたように黙々としたプレーで人を引っ張るリーダーシップを感じる。野球の個人の結果よりもメンバーを引張るチャンスを与えたい。



それにしても相手チームは強烈な指導の下で個々の選手のプレーがされている事が垣間見られた。
まずはバッティング。全員がトップ位置の作り方が同じ。
それと9番バッターでさえも恐らくベンチが期待していただろうバッティングをしていた。
たまたまライトゴロでアウトになってしまったが、ランナー1塁で確実に右方向へ運んだのは立派。
ランナーは当然2塁へ進塁。
相手チームながら欲を言えばランナーがもう一つ先を理解して3塁へ行っていれば完璧だが、そこは相手も1,2年生という事なのだろう。

各練習において、その目的や理由を理解させる事は私のポリシーの一つ。
今日のような試合は良い題材となったと思う。改めて相手チームと、また合同となった近隣チームに感謝です。


合同チームであることからたまたま出場のチャンスが無かったトモ、ユウスケ、ケイト、ゴンちゃん。(シュウは欠席) この4人も個性溢れるメンバーであり、全員が我々チームの戦力。
次は君たちの番だぞ。チャンスは突然くるので準備をしっかり!


来年は我々のチームとしてこの舞台に立てるように邁進しましょう!



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。