FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

収穫の敗戦

今日は教育リーグ2戦目。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、シュウ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、タマ

今日は、2時まで練習してその後に野球場へ移動して試合。

私は所用で1時からの参加。
それまでは吉田コーチ、五藤コーチ、村上コーチで練習。
私が参加した1時からもそうでしたが、どうも選手達の体が重そうに見えました。

中でも、遅刻してきた選手も居てチームの雰囲気がどうも上がらない様子。

シートノックやベースランニング、ロングティーなど試合を想定して練習をしましたが明らかに、積極的に体を動かそうとする選手と、やろうとはしているのでしょうがそうは見えない選手との差が大きいように感じます。


さてさて、どうやって試合へ向けてチームをまとめるか。

そんな折、先発予定のタイチが突然の頭痛。

村上コーチが先発投手をヒロで行きたいと。

うーーーん。

私は、ヒロが充分投手を出来る事は分かっていますが、まだ早いと踏んでいました。
チーム事情や選手間の信頼関係など、もろもろを考えるとまだやらせるわけにはいきません。

しかし、村上コーチのアイデアも悪くはありません。
しかし、今日か!?  うーーーん。

そこで、
ヘッドコーチは反対だが先発させる、と村上コーチからヒロへ伝えて貰って決行することにしました。
彼が、チームへどのような投球を見せるのか、その姿勢を見る事にしました。


ヒロの投球は勿論、上々。
バックも最近のチーム雰囲気通り、素晴らしく声も出ていました。

残念なのは、遅刻した選手が練習態度に問題があり、球場入りしても準備が一番遅い。
これでは試合には出せません。
まだまだ自覚が伴いません。
これは個人の問題ではなく、チームとしての大きな課題です。


そんな心配のかたわら、試合はおせおせムードで序盤は展開。
しかしなかなか点が入らない。

そんなこんなしているうちに、4回、2アウト2塁からタイムリーを打たれて先制されてしまった。
投手経験の少ないヒロがランナーを意識しすぎて、早すぎるクイックでコントロール/スピード共に中途半端。そこでやられてしまった。しかし、打たれての1点、ヨシとしよう。

問題は、こちらの先制チャンスだった3回表、1アウト1,2塁。
ここでシュウ。
最近は消極打撃が目につくシュウなので、1ボール1ストライクからヒットエンドラン。
しかし、ライトへの浅いフライ。1塁ランナーのヒロが帰塁できなくゲッツー。

この場面は、
転がしてさえくれれば2塁ランナーのタイチならホームイン、
更に1塁ランナーのヒロは3塁へ行ける、
最悪でもフィルダースチョイスか、進塁打を狙えるとふんだんだが…

うーーーん。

フライは避けて欲しかった。
しかし常々言っているように作戦の結果の失敗は私の責任。

試合後のミーティングで、あそこはダブルスチールも良かったとタイチの意見。
このような意見が出される事は嬉しい限り。
最近ネガティブだったタイチはやはりチームを牽引すべき立場である。
しかし、ダブルスチールよりもシュウが打つ事でチャンスを拡大させたかった。
シュウに成功体験を積んで欲しかった。

今日の試合ではヒットエンドラン時にチームとして2回フライ。
残念。
数年前のチームでは、チームとして同じミスは繰り返すな、と口酸っぱく言っていましたが、
現状はまだそこへ辿りついていません。
単純な攻撃で勝てるチームではないだけに、私も工夫が必要との事です。

反省!

その後、ユタカ、タイチと継投しましたが、2点追加され、
その後にヒロ/トモの打撃で1点を返しましたが、1-3 の敗戦。


しかし、
負けはしましたが素晴らしい試合展開でした。
明らかにチーム力は向上しています。
以前はエラーで負ける事が多かったのですが、今日は2個。
どちらも大きな影響は無いプレーだったのが幸い。

それ以上に良いプレーの方が目立ちました。
ハーフライナーのハーフバウンドを遊撃で見事に体で止めて素早く1塁へ送球したユタカ。
それを意地でキャッチしたリョウ。
2人共素晴らしいプレーだった。

また、1,3塁で相手が2点目を捕り、行け行けに成っている時のディレードスチール。
直前にタイムをとり、3塁ランナーは無視して大量失点にならないように、しかしプレーは守りに入らず思いっきりチャレンジしろ、と指示してのプレー。
2塁クロスプレーでアウトにした、ユタカのチャレンジとヒロの呼吸。
更にそこから本塁突入したランナーに送球したヒロのチャレンジとユウタの積極的なブロック。
これまたクロスプレーでしたがたまたまセーフに。

以前なら間違いなく2塁へは投げられませんでした。
また本塁突入ランナーを諦めて見送っていたでしょう。
確実にチャレンジ精神とチームプレーが出来つつあります。

試合前に選手に言いました。
個人個人で何にチャレンジするかテーマを持て。
その上で失敗をして、
試合後にどのようにやった結果、
どのような失敗で、
だからどうすればよいのかを発表しろ。

後付けで発表した選手も居ましたが、堂々と失敗を皆の前で言えるようになって欲しい。
その失敗はチームの宝ですから。


ただ、上述のように選手間の差が開き始めている事が心配。
まだ目覚めていない選手、中2ではシュウ、中1ではリョウに切っ掛けを与えてやらねば。

打撃で目立った選手は、1点を獲ったヒロ&トモ。
ヒロのハードヒッティングとトモのねちっこいタイムリーヒット。
ユウタの打撃も素晴らしかった。
全ての打席で強い打球を飛ばしましたが、いかんせんダイレクトキャッチされてしまうとアウト。
やはり転がさなくては。または外野を超す打球を目指して欲しい。
捕手では盗塁阻止が見事。1試合1個以上はやってくれる。
肩が良くなった。
タマちゃんも1球毎に工夫するその姿勢は素晴らしい。
ここでセーフティの構えで揺さぶって欲しい、と考えているその場でやってくれる。


さてさて、4月7日は前回にコールド負けした同じ相手。
その時は、0-8でしたが、7点はエラー絡みとの事。
タイチの気持ちを引き出すために、今日先発を言い渡しました。


勝てない相手ではありません。
ただ、スイングスピードをこの1週間で各個人が10%増すよう指示しました。
全員、やってやる! という意気込み。

ただ、練習態度の改善をしなければならない選手はチームとしての責任。
それが改善されなければ、勝利はあり得ないでしょう。

しかし、前述したように確実にチーム力は上がっています。
声だしです。これは素晴らしい。
練習後の挨拶などは今までのフェニックスには無い、最高の声だしです。

1か月前の練習試合の時、ピンチでタイムをとりマウンドへ行きましたが全員顔面蒼白。
いいな! と言っても誰も声を出せません。
ところが今日。上述のタイムアウトで指示後にまた、いいな!
そしたらマウンド上で全員が、ハイ!!
ピンチでタイムアウトの時、マウンド上で全員がこんな声だしをできるチームを見た事がありません。

チームの成長を実感しました。

コーチ冥利につきます。





関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。