FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久保田コーチ

今日はワイルドキャッツの久保田がコーチングに来てくれました。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、トモ、シュウ、ユウスケ
中1:サトシ、リョウ、タマ、カイ

タマちゃんは、右肘軟骨の損傷と両膝痛のためほとんど練習ができなくなってしまいました。私も中学生の頃に肘と両足首痛に悩まされたので彼の気持ちは良くわかります。ただ私は無理をしてしまい中学2年生の時には肘が真っ直ぐに伸びなくなってしまいました。今の選手達にはそのようなことの無いようにしてやりたいと常々考えています。

ところで、久保田のコーチング。
さすがに以前に小学生野球を教えていたり、ゴルフのレッスンプロをやっていたりと教えるのがうまい。
勿論、彼の野球技術や取り組む姿勢も素晴らしいものがあり、選手たちは自然とそれを感じ取り、久保田コーチの説明をよく聞いていたようです。

特に、今日は2点。
外野の飛球の追い方と打撃でのバットの出し方をレッスンしてもらいました。
以前ワイルドの練習で私が投手で久保田と対戦した事がありましたが、投手から見て、彼のバットの出し方が非常に巧かった印象があります。特にバントの構えでサードを牽制して三塁線に強い打球を打つ技術は特筆ものでした。最近は影を潜めつつありますが・・・



今日の練習では見違えるように選手たちの動きが変わってきました。

外野ノックに関しては最近特に重点を置いていて、中学生野球ではありえないくらいの距離を出して外野ノックを打っています。最初は非常に難しかったのですがだんだんと捕れるようになってきました。この練習を積めば試合の飛球はイージーです。
それに加えて今日は更に追い方がうまくなり、打球に対して余裕を持つことができるようになりました。
特にトモが激変。時折迷いながら追ってしまう事は外野手にはありがちですが、その迷っている最中もしっかりと半身になって追う姿勢が取れていました。

打撃に関してもシャクリ打ち名人のヒロがしっかりとヘッドスピードを効かせていました。

久保田も私と同じ視点を持っているようで私と同じ事を言っていました。
ファールを打つつもりで、ボールの内側を見て、ヘッドを立てて・・・


ワイルドからは、俊太郎と久保田が時折コーチングに来てくれるようになりました。
彼らのコーチングは選手達に影響を与えていることは間違いありません。
今後もぜひ、時間の許す範囲で指導を自身のトレーニングを兼ねてやってくれると助かります!



今日の練習で目立ったのはユウスケ。
今まで練習態度に問題の多かった選手で、前回の試合では出場機会をあえて与えませんでした。
まだまだ課題の多い選手ですが、声出しや考える事に関してはチームNo1です。そのユウスケは間違いなくこのチームの戦力なので試合に出られない状況が続くのはチームにとってマイナス。しかし今日のように真摯に懸命に練習する態度が続けば必ずユウスケの成果となりチーム力の向上につながります。
守備練習では初めて終始全力送球をしたのではないでしょうか。納得したら終了するノックでも最後まで残っていました。練習の合間に率先してボール拾いやブラシ掛けしたような今日の取り組み姿勢を継続していけば、必ず違った結果が出てきます。
一緒にそれを目指そう、ユウスケ!



今日はGW初日。日差しも強く皆ベテバテでした。
これから更に熱くなるので、アンダーシャツはハイネックのものを買うようにアドバイスしました。
首元が日焼けすると疲労が増しますから。





関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。