FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気付かせる練習

とにかく暑かった今日は、試合が中止で急きょ1日練習に。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、シュウ
中1:サトシ、タマ、カイ

今日も疲れました。
春先には、複数ランナー時の牽制や、打者と走者の連携プレーの練習をしようと考えていましたが、いざ練習を開始するとまだまだ基本を徹底する必要があってなかなか新しい事に手をつけられていません。
どこかしらで思い切ってやっても良いのですが、今日はちょっと趣向を凝らした練習で様子を見ました。


硬球を使った内野ノックと、手で投げる打者での紅白戦です。


外野の選手にも内野を守らせたりして、ノックには多くの時間を割いてきました。
3年生がいないこのチームは小学生から上がってきて間もないメンバーで構成されています。
そこで、ボールに食らいつくことで球際に慣れさせ、それによって守備範囲も広がり早い打球にも対処できるようになる事が目的です。
これは驚く程この1年で巧くなっています。私の中学時代とは大違いです。
試合でこそまだその実力を出せていない選手もいますが、間違いない。
練習で素晴らしい動きをする選手が少しずつ出てきました。
これは、今まで私が8年間みてきたフェニックスには無かった事です。
しかし、まだまだ試合では緊張感からか思い切ったプレーにつながらないことが多いのも事実。
体が固まってしまい、イージーなミスが出てしまいます。
軟式、とりわけ中学生が使うB球は実は非常にゴロ捕球が難しいのです。
硬式に比べて軽くて柔らかいので、バウンドも高いし、イレギュラーも必ずします。
しかし硬球は球足が早く低いバウンドが特徴です。またイレギュラー時のリスクは格段に上なので確実に捕球することが必要です。
今日、初めて硬球でやってみました。勿論、正面には打ちません。危険ですから。
しかし、いつもやっているB球ほど弾まないため、普段からノックに慣れている選手達は殆どのメンバーがいつも通りに捕球していたのには驚きました。
時折腰高になるケースがあって、その際は案の定捕れません。
皆、守備の基本を再認識できたと期待しています。

たまにイレギュラーバウンドで体に当たってしまう事がありましたが、思った以上に逃げていませんでした。
きっと、皆自信を持ってくれた事でしょう。(明日の事を考えるタイチは避けながらの捕球でした 笑)
暑く辛い練習で、不平も言いたくなるでしょうが、驚いたことに選手自らグラウンド整備でコンクリートのローラーを6人がかりで持ち出して整備していました。これまた8年間のフェニックスで初めて見た光景です。
グラウンド整備の重要さの理解と同時にチームワークの醸成にも繋がったようです。



もう一つ、打者が打つ代わりに打席内からボールを手で投げて走塁する形式で紅白戦を行いました。
(ベースランニング練習で人の倍を走ったタイチは見学。流石に疲れた様子。)
守備は私が助っ人して5人しかいません。
どのような打球を飛ばせば後続の攻撃がスムーズか、どのように守備の動きをすれば大量失点を抑える事ができるか。これを理解することが目的です。
かなり疲れます。
守備も走りまくり、打者も走者も走るからです。
低いライナーや強いゴロがなぜ重要かがわかったことでしょう。
自分以外のところへの飛球でも4つのベースカバーがなぜ必要かわかったでしょう。
簡単にアウトは取れません。
この経験から、ピンチの時、今までは顔面蒼白になっていたこのチームですがどうすれば良いか必ず理解できたハズです。
打撃でも目指すべき打球が分かったハズです。

練習後の小ミーティングでも皆、理解していました。
このような気付きができるレベルになった事は、私は非常に感慨深く、今後の期待がさらにふ膨らみます。


このような練習から少しずつ戦術面にも入れると思いました。
最近確認したのは、スクイズのケース。
ランナー3塁、ランナー2,3塁、1,3塁それぞれのケースでのサインとランナーのスタートの確認をしました。
また今日は、2,3塁の際はゴロゴーを確認しました。
これらの状況判断はタイチが率先してチーム内で発言をしています。流石副キャップ。
キャップ3人衆のユウタ、タイチ、ヒロは最近特に頼りがいが出てきました。

さすがまだ相手チームに3年生がいると多少弱気の虫が顔を出すようですが、もうすぐ始まる新人戦には全員自信を持っている様子がうかがえました。
確かに、本当に苦しい練習をしていると思います。
体力がまだまだ、と指摘されることもありそれ自体は事実ですが、私はこの選手達に大きな確信を持っています。
『これだけの事はやってきたんだ!』と思える練習の積み重ねです。


でも、早く勝たせてやりたい。


今度の土曜日は午前練習、日曜日は試合です。
以前に唯一勝った相手。
しかし今度は3年生も入っているので・・・、という選手も居ましたが、
それ以上の強い相手と互角以上の試合をしてきています。酷い試合もしていますが・・・

普通にやればなんの問題も無い。
ちょっと、ビビリなだけ。


ノープレブレム!

そうそう、今日は久しぶりに一人ずつのダッシュ&声出しをやりました。
しかも全員英語で。

Let's dash to victory with our team-work.






今日目立った選手はタイチとヒロのピッチング。

タイチの球に重さが備わってきた。
まずなによりも回転が綺麗だった事が起因か。
今までに受けた事のないタイチの球でした。
ただまだフォームが未完成。
本物の投手になるには数か所に気付かねばならない。
今日は我慢できなく1つだけアドバイスしましたが、当然まだしっくり来ない。
タイチがその気になった時に指摘する予定ですが、まだその時期ではなさそう。
もう暫くは我慢かな。

それとヒロ。
最後に私が打者として対決。
第一打席ではヒロが力んでフォアボール。
カウントをリセットして2打席目。
開き直って初球インハイにストレートでストライク。
私はこの球の残像が残ってしまい、その後のアウトコースを引っかけてしまった。
やはり右投手が左打者を責めるにはファーストストライクにインコースを使わなければダメという事。
2人ともナイスピッチングでした。

このタイチ、ヒロにユタカとトモを加えた4人でエースの座を争う形になりそう。
まだ2年生。4人とも一長一短がある。
来年の今頃が楽しみです。

私も数々のスポーツをしてきましたが、投手が最も大変で辛くてでも楽しい競技でした。
あの時、あのようにしていればなぁ。と私は後悔ばかりなので、彼らにはそんな思いをさせたくありません。

ぜひ、単なる投手ではなく、エースを目指して欲しいですね。





関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。