中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さあ、明日の試合へ!

今日は軽い調整のような練習。
とは言っても選手たちはそれなりにしんどかった様子。

参加
中2:ヒロ、トモ、ユウスケ
中1:サトシ、リョウ、タマ、カイ

土曜日で他チームが練習しているのでサブグラウンドでの練習。
基礎的なアップの後に1,3塁での牽制とバッテリーを揺さぶるランナーの練習。
このような技術的な練習にやっと入れるレベルになってきた。

バッテリーにはヒロとリョウ。

ヒロの牽制は悪くないが、どうしても牽制する時の気持ちが体のバランスに出てしまう。
牽制時に軸足荷重になるのです。

そこで、セットポジションの時に両足のスタンス幅を狭めるようアドバイス。
これが巧い。
軸足回転が非常にスムーズになりました。
まだ牽制時だけ軸足荷重になる癖は多少残っていますが、かなり改善。
もうひとつのアドバイスは、どうせ軸足荷重でセットポジションになるのであれば常にそうする事。
癖を利用しようという事です。
それと、通常のバッテリー距離の2倍くらいでのピッチング練習。
これでまたまたでました癖。
遠回りしてから左足が上げられます。
そのため体の軸がぶれてしまい、1球毎にそのぶれ方が異なります。
従ってコントロールがつかない。
これを理解させるため倍くらいの距離でピッチングをさせました。
セットの時は出にくいのですが、ワインドアップ時は明らかにその癖がでます。
まだ中学生。フォームにねじりが入っても良いのですが、無駄な動きを減らした基本的なフォームを手に入れてから自分の個性のフォームを磨き上げるべき。
ヒロはピッチングの関するアドバイスはチームで最も貪欲です。
どんどんアドバイスをしてやろうと思います。
その中で本人に合うやり方を本人が取捨選択すれば良いのです。

次にトモ。
この投手はヒロとは逆にセット時のスタンス幅が広い。
練習後に本人は狭めようとしていると言っていましたが、本人のイメージよりかなり広い。
両足とスタンス幅が正三角形になるくらい。
しかし、牽制自体は非常にスムーズで殆どの選手が1塁ランナー時に牽制に引っ掛かっていました。
なので特にスタンスは変えないで本人の意思に任せようと思います。


さてさて、1,3塁時で1塁ランナーの盗塁とディレードスチールを練習。
意外にもユウスケのスタートが素晴らしかった。
実はヤマを張っていた様子。
トモの牽制には簡単に刺されていました。
でも練習なので、どうようなスタートを切れるのか、これを体感する事が必要。
牽制にさされても盗塁時のスタートに関しては実感したのではないでしょうか。



1,3塁時のピッチング練習以外では、タマにノックを打たせました。
肘と膝に怪我を負っているためノッカーで練習です。
ひたすら強い打球を打たせました。しかしまだまだ。
どうすればより強い打球を打てるのか、まずは考える事というチーム内共有ができた事は成果です。



そのノックの間、私はリョウの打撃改善にマンツーマンで取組ました。
この選手は素振りなどの努力を黙々とやっている。
学校の部活動ではいろいろと苦労もあった様子ですが、バドミントン部へ入部したとの事。
良いクラブを選んだと思います。
スローイング時に肘の使い方に無駄が多い事を懸念していました。
バドミントンのエンドライン際で撃ち合う『クリア』練習では、その改善に役立つ事間違いなし。
このリョウは、上半身だけで打とうとする意識が強すぎていて最近ではバットの軌道が波打つようになっていました。
そこで長い距離でボールを投げてやり、ワンバウンドで流し打ちする練習に着手。
これは実は難しい。
私の息子が小学生の頃によくやったのですが、
・ワンバウンド軌道を早くイメージし、
・素早くその位置へ自分で移動し、
・走りながらもボールをしっかり見て、
・体が動く中でバットを振り出し、
・逆方向へ打ちつける
のです。
本当に難しい。

今日のリョウは空振りしまくり。
如何に、今まで下半身を使っていなかったか、ボールをしっかりと見ていなかったかがわかります。
2回程度の休憩時に、なぜこの練習をするのか、どうすればよいのか、上述の事をしっかり理解させました。
初めは23回目標にする、としていたのですが、途中で14回へ変更。
しかし後半は連続で打ち返せるようになり、最後はクタクタになって完了。

だいたい1年に1人くらいはこの練習をさせます。
全員にはさせません。
この練習をさせるこちらが大変なのもあるのですが、本当に苦しくて難しい練習です。
レベルに合わせて投げる球質を変えなければなりません。
リョウの場合は、いきなりある程度の距離から開始。
本当は短距離から始めるのですが、彼のガッツに掛けてみました。

『なんとかしたい』という気持ちがプレーに現れる数少ない選手です。
短い距離によって当てに行くような打撃になってしまう事を危惧しました。

よく14回達成しました。
これを繰り返したら必ず、打撃に開眼するハズです。
リョウは小学生時代にはそれなりに長打力があったようです。
中学生になり、スピードやバットの重さに変化に戸惑っています。
小学生時代のイメージのまま基礎が徹底できていない事が原因です。

打撃は下半身です。軸足です。
その上でボールを見る事です。
そして押し出して打ちつけます。
明日の試合で急に成果にはならないと思いますが、なんとか結果を出させてやりたい。





軽い調整のハズが、結構ハードだったかな。
最後の外周も5周30分以内を目標に。
ユウスケ、トモが22分代でトップ。
ヒロ、リョウは上述の練習でへろへろでギリギリ間に合った。
うまいこと全員のトレーニングになりました。

そうそう、初めのアップが足りないとの吉井部長の指摘があり、
キャッチボール中に抜き打ちで180mのタイムアタック。
これもきつかったようですが、このような積み重ねが、試合の時の自信に繋がります。

明日の試合は私は行けないかもしれませんが、結果よりも内容を期待しています。




関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。