中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

育成する4番

昨日と今日は同じメンバーで昨日練習と今日の試合。
今日の試合は突然舞い込んできたものでしたが、町田の立派な球場で野球をすることができました。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、タマ

そう、ジャスト9人。

今日の試合に向け昨日は、ランナー3塁から如何に1点を捕るか、の練習。

まー、点が獲れない。

スクイズができない。
右に打てない。
声がでない、元気がない、ないないない・・・

18回やって綺麗に得点したのは、たったの2回。

翌日の試合に不安がでてきましたが、まぁいつもの事。

しかし、しかし。
いつも、口うるさく言っていた、ランナーによるバッテリー牽制は理解ができた様子。
ここだけは良かった。


そんな状況のまま臨んだ今日の町田市民球場。
相手は、以前にどこかで聞いた事のあるXXジャガーズ。

素晴らしいチームでした。
打力はそうでもなさそうでしたが、とにかく守備が良く声が出る。
よく鍛えられていることが一見してわかります。

全員が3年生との事なので、当然ながら苦戦。
というか、6回コールド負け。

でも、前半は0-3から一気に3点を追いつく良い展開。

今日のスタメンはあるチャレンジをしました。
4番にリョウ。

この選手は学校でいろいろな苦労があり、今では野球部ではなくバドミントン部に籍を置いています。
今年初めころは素振りをするなどの努力をコツコツと重ねていました。
最近でこそ自信のなさから声が出ませんが、当初は一人で元気にチームを牽引していました。

なかなか結果がでないこの選手に発破をかけるには良いチャンス。
前日練習中に4番で行くことをチーム全員の前で発表しました。

野球経験者は多くいますが、4番を打つ経験は誰しもができることではありません。
以前のブログでも打順論を書きましたが、私はチームで最も努力している選手を4番に据えたいと考えます。
学校で苦労するなかでもフェニックスで真摯に取り組むその姿勢は十分に資格あり。
この選手がとっているメモは相当たまっている事でしょう。

しかし1年生。かつ精神的に弱い。

試合前、全員の前で、『この試合はリョウのためだ』と宣言しました。
でも単にプレッシャーをかけるのではなく、2年生がフォローしてやることを指示。
打撃に光るものがあるヒロ&トモをその前後に配置しました。
『リョウの負担を減らすために、前後の3,5番でフォローしろ!』
更に、
4番の前でチャンスメークのために1,2番にユウタ、ユタカを配置。
6番には総仕上げでタイチ。
7,8,9は上位打線の欠点を払拭して3人で1人の出塁を!

0-3から3点とっておいついたシーンは正にこれが実現。
下位打線から1,2番で作ったチャンスを2アウトながらヒロがスリーベースで2点を返しました。
このヒロの1打も実は下位打線のランナーとしてのミスを帳消しにするチームプレーでした。
あと1点。
ここで次の4番リョウがやってくれました。
2アウト3-2のフルカウントから連続スリーベースで同点。

前日から様々なアドバイスを聞いていたリョウは、明らかな振り遅れで追い込まれたフルカウントから全てを思い出し、左中間に深々と大飛球。

試合後の練習では、以前から癖のあるスイングがなんと直っていました。
前日に4番と聞いてかなりナーバスになっていましたが、自ら期待に応えたのです。

全然打てなかった最近は、気持ちの弱さから全て振り遅れていました。

しかし、彼の努力が身を結びました。

学校で大変な事があっても、このような実になる努力をできる人間は強い。
それを証明しましたのです。
球場に向かう車の中で、なぜ4番にしたか、上述のような事を説明したばかり。

相当な自信になってくれたハズ。

試合は負けましたが、このようなチームワークが作れた事は勝以上の喜びです。



後半はガンガン打たれましたが、ことごとく中継プレーが素晴らしかった。
特に中堅手:トモからのバックサード、バックホーム。ユタカを中継して3回くらいあったかな。
バックホームはクロスプレーでジャストアウトにしたプレーは素晴らしい。

それ以外にも、難しい状況でのエンドラン空振り時の1塁ランナー:ユウタの盗塁や、
タイチのプレー以外での後輩へのアドバイス。目に見えないファインプレーです。
ユタカの歯を食いしばったようなランナー3塁時の右へのゴロ打などなど。


しかし結果的には、鍛え上げられた3年生との差は大きかった。

どうしても、ミスが出るとシュンとなる。
この点は大きな課題ですが、今日は課題よりも成果が出た試合でした。

みんなお疲れさん。

とにかく自信を持て!

解散前に確認した、夏休み中に1勝!
絶対に遂げよう!

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。