FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11/17 練習

小雨降る中、今日は5人。
トモ、ヒロ、ユウスケ、シュウ、サトシ。

サトシは6年生で体験入部で初参加。

さて、今日は以下のような練習メニューでした。

■いつも通りの準備。

■内野ボール廻し。
5人なので1人はホームから3塁へベーラン。
その間にボール廻し2周の競争。
人数少ないのでかなり走りました。

■セーフティバントの練習
初めは全然だめ、慣れてきてうまくなり、集中がキレてまたダメに。
そこそこ速い球で練習したので、バットを出すタイミングが合わなかった。
慣れてくると、スタートが雑に。どうしてもヘッドを下げてしまう癖が目立つ。

■ランナー1塁の場面で右打ちロングティー。
右翼手が1塁かバックサードか判断、1塁手は右翼手からの返球捕球後素早く3塁送球。
初めは全員フライ。如何に普段この意識がされていないかが分かる。
我がチームの練習での走塁は暴走を奨励。
どうすれば1塁から3塁へ行けるか、3塁へ行った場合の野手の判断力を醸成。
またなぜ右打ちが重要なのかを理解。
試合の初回を想定したので、野手は最低1つはアウトにする意識。

■フリーバッティング
空振りで次打者へ交代。
目だったのはトモ。最初は交代が怖くて当てにいくバッティング。
指摘後は軸がぶれない強いスイングに。
2m手前からそこそこ強く投げたが、なかなか空振りがとれなかった。
皆気づいたと思うが、当てに行くよりしっかり振った方が当たる。

■内野ゴロノックの振り返り
驚いたのは、6年生のサトシ。
ノックを受ける意識は非常に高い。最後はヘロヘロだったがもっと受けたいとリクエストも。
これだけの気持ちがあれば、チームの士気を高められる。。

■いつもの締め。

こんな感じでしたが、5人では流石に選手達はかなり疲労していました。



今日、目立ったのは、トモ。

トモ
この選手は体が小さく、ダッシュの練習など自らは競争を避ける傾向がある。
どうしても身体能力に自信が無いのだろう。
しかし、キャッチボールをするとコントールされたボールに驚く。
半年前の入部当時は中学生レベルになるのに時間がかかりそうだったが、この長所をとことん表現させる機会を増やして少しずつ自信を持たせてやりたい。
なので、この選手には大切な先発投手を任せたい。
しかし夏前に学校で突き指の怪我。
なかなか治らないので整形外科を進めたところ剥離骨折と判明。
先週からやっとボールを投げられた。
その間、この選手にだけ教えていた練習法がある。それはアドバンテージをこの選手に与えるため。軸の強化とバランス。その成果かどうか分からないが、今日のフリーバッティングではとにかく軸がブレないので空振りをしない。(それほど私の力投は打ちやすいという事か?)
足腰の鍛錬は進めたが、怪我の間もきっと黙々とやっていたのだろう。
人に譲ってしまう優しい性格から自信を持つ事で意識が変わっていけば今後は必ずチームワークを作っていける選手になる。早くそのような自信を持たせてやるのが我々の役目。






今日はOBの今大学3年生の大先輩1名が立ち寄ってくれました。
最近の大会で大学日本一になった大学野球チームの現役選手です。
今日のコーチ会に誘ったのですが、あいにくバイトだそうで、2次会に行くかも。。。




関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。