FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

練習の人数

今日は、朝早くから行けたので明日の練習試合に向けて基礎技術練習をしました。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、トモ、ユタカ、ユウスケ
中1:タマ

いつもいつも、練習参加の人数が少ない。
チームとして特にこの夏休みはトーンダウンしている。


久しぶりの朝早くからの参加なので、ウオーミングアップから診る事ができました。

が、あれは一体何をしているのだろうか?
と思うほどの練習内容。

思わず、ウオーミングアップを一からやり直しました。
まずは、5mほどのショートダッシュ
次に、1,2塁間を使って近距離反復ダッシュにヘッドスライディングを交えたウオーミングアップ。
全員、汗と泥で大変。でも私から言わせてもらえば野球です。
結果的にこのアップで全員体力を使い果たしてしまい、今日の練習はヘロヘロ。

驚いたことに、このアップの後の水分補給タイムに手を洗いに行く選手。
?????
まだ練習するんですけど・・・



なんとも、今まで何をやってきていたのか。

少なくとも、夏休み期間中はほとんど体を動かしていない様子。
自主的な素振りもマラソンも・・・

学校での部活動はどうしているのでしょう?
まだ、"ゆとり教育"、なんて風潮があるのでしょうか。


さてさて、
とは言うものの、明日の練習試合に向けて行った基礎技術練習は、
3牽制と軸足打撃。

3牽制とは、投手の牽制、捕手の牽制、走者の牽制です。
走者1塁で、バッテリーと1塁手で練習。
場面は、3ボール1ストライクを想定。
投手の1塁牽制はプレートを外さなかった場合は、次に牽制する時にプレートを外さなければならないルール。
走者は投球と同時にスチールのスタート。
捕手からの1塁牽制に間に合うように手から戻る。

結果的は、全員素晴らしいリードをとれるようになりました。
また投手も牽制を意識し過ぎると四球になってしまう事を理解できたハズ。
更に、牽制のバリエーションもかなりうまくなりました。
でも一人だけ、走者としてスタートと帰塁のヤマを張ってしまう選手がいたのが残念。
いずれにしろ、良い経験になったと思います。

軸足打撃は、最近どうもスエーしながら打つ選手が目立ったので実践しました。
まずは、
バットを構えたまま軸足だけで立ち、その状態で全員で列を作って、片足ジャンプでベース一周。
これでグロッキー。
でもその後の、
後手だけでバットを持って前手でボールをトスして打ち、2人1組でキャッチボールする練習と
ミートポイントを手前にして前後足荷重を1:9を目指す強打練習、
更に、後ろからのトスを打つ練習。
これらはなかなか効果的でした。
特に、ユウタ。
最近はグリップの動きが大きすぎるので先週も注意しましたが、
それなりに意識していた様子。声出し練習の時も自身でその点を叫んでいました。
今日の打撃ができれば、明日の練習試合は十分に4番を任せられます。

前回の試合では1年生のリョウが4番に入りました。
2年生は違うぞ! という所をぜひ見せて欲しいですね。
今のところ、4番はこの2人で競わせていくつもりです。




と言う事で、今日は守備練習は少な目でしたが、
冒頭でも言及したように、ウオーミングアップでヘロヘロ。
その後は、ダラダラする姿勢が目立つ中で何とか技術練習で盛り上げた状態。

フェニックスはクラブチーム。
自由に参加している組織です。
野球をやりたいから練習に来ているハズですが、4月以降どうもノリが悪い事が多くなっている。
選手達はどのように考えているのやら。
指導するコーチも人数が少ないのが辛いところ。特に土曜日。

このような時だからこそ、選手達の意識を統一させ、指導方針も徹底するために、
クラブチームとしての理念の再確認が必要と痛感しています。

当クラブ発足時は、やりたくても野球をできない近所の子供達を集めたのが切っ掛けと聞いています。
そこからは、好きなように好きな野球をヤル、というのが理念の一つと考えられますが、
そうであれば、それをベースとした今の選手の目標を決めなけれいけません。

好きなようにヤル、という事はどのようなことなのでしょうか?

団体行動というものは、このように一致した目標のベースになる考え方は必要不可欠です。



今日の練習の最後にちょっとしたトラブルがありました。

午後の練習にくるチームが練習を始めているにも関わらず、
荷物を持ちながらそのチームの練習する中を通ってグラウンドから出てきました。
このような態度は野球人として許せません。
確かに苦しい練習を4時間30分やった後なので身体が疲れているのはわかりますが、
他チームへの失礼な態度は反省すべきです。

キャプテンと副キャプテンに考えさせる事にしました。
どのような野球をやりたいと考えるのか。
あくまでもクラブチームとして。



まだまだ、試合で勝つには時間がかかりそうです。

いや、まだ勝ってはいけないのかもしれません。

少なくとも、
試合前に9人の選手が、"どうやって勝つ"、という同じ目標で苦しい練習を経るまでは。
今は、練習に来る人数が選手も指導者も保護者もまだまだ揃っていない。






関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。