FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2選手でも内容濃い練習

明日は試合だというのに、たった2選手での練習。
中学校でのイベントがあるとのことなので仕方なし。
それでも良い練習ができました。

参加
中1:ユウタ
中2:リョウ


選手2人に対し、監督コーチ陣は4人。
でも、参加した2選手は志高く、本当に良い練習ができました。

マウンドからのピッチング、
ロングティー、
内野守備


■ピッチング
リョウの練習しか見られませんでしたが、
プレートの使い方、
軸足と前足の置き方による重心の安定のさせかた、
上げて踏む出す足の使い方
グラブ内の親指を手のひらの下から捕手へ突き出す方法、
などなど、良い経験になったと思います。
同時に捕手をやったユウタには2塁3塁への捕手からの牽制をやりました。
どうしても2塁へ送球すると方が開いて、肩を痛めがちになるので、
途中で急きょ1,3塁への送球に変えたところそこそこうまくできていました。

■ロングティー
今日の重点ポイント。
この2人は間違いなくどちらかが4番に座らなければいけません。
最初は84cmのバットを歩幅間に入れて下半身を意識させ、
次にフリーに打たせました。
特に、ボールが弾んで飛び出してしまう打撃ではなく、
紙を打つイメージでボールをバットに乗せて運ぶ打撃を意識させました。
最初はなかなかうまくいきませんでしたが後半は素晴らしい打球が飛ぶようになりました。
しかし1年生と2年生の差はまだまだ大きい。
ユウタからは常にリョウにアドバイスさせましたが、スイング後半の体力が無い、
という指摘はまったくその通り。

■内野守備
この2人に1塁手をやらせるのは、この2人ならばボールを止める事ができるから。
その信頼感は絶大です。
この2人をシートノックの時によく同じポジションにして、お笑い系!
と言いながらジョークを言わせてノックしていましたが、
この2人への送球時に他の野手が気楽に投げられるようにするためです。
それはこの2人だからこその事なのです。
今後のフェニックスを考えると、この2人が3塁手をこなせるようになるとチームとしての
レパートリーが広がり、チーム力が増すこと間違いなしです。
そこで3塁手の内野ゴロをやりましたが、練習着がドロドロになるまでに頑張りました。



最後の外周も3週のタイムノルマをリョウが達成できなく、リョウだけ+2週になってしまいましたが、
ユウタが1週分助けてそれぞれ+1週で完了。

これこそが、チームプレーです。

間違い無くこの2人がフェニックスを引っ張るべき逸材です。

リョウはまだまだ気が弱く、自身が伸びる練習の手前で諦めてしまう事が目立ちますが、
この2人のコンビは捨てたもんではありません。

今日の練習は本当に内容的に濃いものとなりました。
このような練習ができるのであれば、
人数は少なくともフェニックスとしての意味は非常に大きなものとなります。


さあ、明日の試合。
この2人だけは特に結果ではなく、今日の練習のような意気込みとプレーが出せればそれでOKです。
それによってチームメンバーは必ず牽引できます。

もっともっと自信を持て、ユウタ、リョウ!






関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。