FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久しぶりの練習

台風や試験休みなどでなかなかできなかったので、
やっと練習ができました。
久しぶりに見る選手達の状態は、以外と悪くはありませんでした。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、タイチ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:サトシ、カイ



またまたウオーミングアップでいつものやつをやりました。
ジグザグダッシュ&ヘッドスライディング。

明日も練習があるのであまり体力を最初に消耗してしまっても
モチベーションが上がらないので、今日は1回だけ。
でも1年生は可哀想にルールが分からないとの事だったのでルール説明も含めて2回やるはめに。

でも、このチームは1年生のレベルが上がれば非常に良い野球ができる。
1年生もほぼ全員が試合に出るのでここがポイントになりそう。




さて、今日は久しぶりのキャッチボール練習中にボールを投げるフォームのチェックを行いました。

■ユタカ
投げる時に使う筋肉のイメージを持たせました。人間は不思議なもので意識するだけで鍛えられる筋肉の発達に差がでます。この選手はきようなのでどうしてもただ投げるだけになってしまう。そこで、ボールリリースの瞬間からその直後に肘から先の筋肉だけを意識させました。これによって、リリースの瞬間のスピードを上げ、ボールにキレをつけさせたい。

■タイチ
今日はクロスステップしていましたが本人は気が付かなかったとの事。クロスステップは悪くはないけど体の使い方が物凄く難しくなる。それと、ユタカと同じでただ投げるだけのフォームからメリハリをつけさせたい。ユタカにはリリース直後を意識させましたが、タイチにはリリースまで脱力することを指示。クレバーなタイチなだけにこのイメージをどうやって自己流につなげていくか見ものです。ここを克服できれば長く苦しんでいるアーム式投法を改善でき、本物の投手になれるハズ。

■ユウスケ
最近のlevelアップはチームNo1。気持ちの持って行き方がわかってきたのかもしれません。左足を上げて軸足に体重が乗る瞬間に軸足がブレて外側に体重が乗ってしまう事が多い。すぐに本人も理解した様子。この癖がなおればヒップファーストにもつながり、更に強いボールを投げられるようになるハズ。

■トモ
実は肩が強い。実は足も遅くはない。なかなか100%を表に出せない選手ですが、徐々に出始めています。スローイングでは、腕の始動が早いため体重移動を腕のスイングに繋げられていない事を指摘。しかしこれを治すのはなかなか難しい。以前からわかっていたのですが体も小さくまた上述したように100%の表現がうまくない選手だったのでいつここを指導するか待っていましたが、今チャンスです。これをクリアできれば投手だっていけます。

■ヒロ
最近腕のスイング軌道が変わってきました。本人はわかっていなかったようですが。でも素晴らしい変化です。皆これがなかなか出来なくて苦労するのです。腕のスイングで作る軌道が今までは斜め。要するにスリークオーター。だったのですが、きちんと両肩のラインより上に肘が上がり、スイング軌道が縦に。正にオーバースローです。しかし難点は体を捻ってしまうため目線が切れてしまう事。これではコントロールは付きません。投げてみないと分からない投法です。従ってフォームに影響を与えないようにかつ目線を切らないようにするため、相手側の目、要するに左目だけで相手を見て、右目はどこでも好きなところを見て良し、としました。基本中の基本です。

■ユウタ
以前からティラノサウルス投げと言っているのですが、足を挙げた時点でボールを持つ手首が脇の下近くに来てしまい、強いボールを投げられる体力があるにも関わらずうまくいきません。そこでトモと同様に腕のスイング始動に一呼吸入れてタメを持たせるようにしました。しかしこれもなかなか難しい。でも治れば物凄いボールを投げるハズです。

■ごめん、中1の2人は今度チェックします。


さてさて、
今日はちょっとした実戦練習を試しました。
常に考える練習を目指していますが、今日は特にチャレンジ。
1outランナー2塁。選手はセカンドとライト、残りは2塁ランナー。コーチが1,3塁に入ります。
ここでノック。
想定されるシチュエーションは、
・フライでタッチアップ、3塁進塁とその阻止
・セカンドゴロで3塁進塁とその阻止
・ボールの落下で2塁ランナーは一気にホーム生還とその阻止

セカンドにユウスケ、ライトにはトモ、サトシ、カイ。

なかなか良い練習ができました。
練習メニュー後の休憩時間中に選手達と話をしましたが、
体制が崩れている時こそタッチアップのチャンス。
しかし、落とす可能性もあって、先日の西武球場で2,3塁からのセンターフライで
2人が生還したプレーの凄さ、難しさを多少は理解できたようです。

このような戦術的練習をするにはコーチの人数が必要です。
今日は新たに鈴木さんが加わっていただき、とても助かりました。



それと、今日もロングティー。
印象的だったのはみんな個性が出始めています。

特に、ユウタのペーパープッシュヒッティングのアドバイスは非常に効果的。
彼のミートは物凄いパワフルになりました。
今夏に入ってからは、ボールを弾ます野球からボールを運ぶ野球へと指導しています。
弾むボールの野球は小学生まで。もう大人と同じ体格になりつつある選手は弾ますのではなく
自らの体でボールを飛ばす投げると言う事。
バットにボールが当たって弾むのではなく、紙を打つイメージ。
バットに巻き付いた紙は弾みません。それを飛ばすには前に押し出して強く早いスイングを
しなければなりません。今日にユウタのスイングは正にそれがイメージされていました。

それとタイチ。
インコースの打ち方で引手側の体を開くのではなく、バットの内側で詰まっても良いから
肘を畳んで押し手側の半身を押し出すというアドバイス。
元々遠くへ飛ばすよりもしっかりとしたライナーを目指したいと言っていたのでこの理論がバッチリ適合。
今日のインコース内は大人顔負けするフォームで打っていました。



明日は私は参加できませんが、吉井部長へはバッティングマシンを使ってバントと打撃を徹底的にやってもらうようにお願いしました。


来週は試合。勝てばメダル。
今まで苦労した分、3年生の抜けた他チームに脅威は感じません!
でも試合運びが下手なんだよな~。

そこは練習でしか克服できませんね。




関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。