FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地区、銀メダル以上確実

今日は地区大会準決勝戦
相手はいつも優勝候補のチームの1年生で構成されたチーム。
流石に負けるわけにはいきません。

参加
中2:ユウタ、ヒロ、タイチ、ユタカ、トモ、ユウスケ、ダイキ
中1:リョウ、タマ、サトシ


8-3で勝利!
おめでとう!

流石に今まで上級生に苦労してきただけあって、
同学年または1年生相手なら、普段通りにやれば確実に勝てる。
でも、この普段通りがなかなか難しい。

しかし今日は危なげなかった。(一部除く)

前回の試合もそうですが、1試合毎にathleteとして確実に成長しているのが、
ヒロとタイチ。

この試合、どうしても勝ちたかった。それも大差で。
理由1:優勝候補でも相手は1年生。普段通りやれば必ず勝てる。
理由2:このあいてチームはリョウが辛い思いをさせられた選手達がいたチーム。
理由3:中学生に上がる前に我がチームに入部直前だった選手が入ったチーム。

まあ、理由としては小さい世界を書いてしまいましたが、
とにかく、フェニックスの良さを見せつけたい試合。



初回に3点の先制は大きかった。
やはりヒロの先頭バッターは迫力がある。
ヒロは先頭バッターでファーストストライクを叩く快感を得ている。
春先の大会で、やはり今回と同じ優勝候補チームそれも3年生のいる相手で先頭バッターに抜擢。
ファールにはなりましたがそのスイングでチームに勢いをつけ、途中までリードを奪った経験が生きている。
今日の試合ではこの流れのまま、2年生なのにも関わらずオーバーフェンス。
確実にロングティーの練習効果が出ている。
また、遊撃ではピンチでも難しいゴロをさばいてバックホーム。
タイチの巧いタッチもあって本塁で刺したこのプレーも正に練習の成果。
そのゴロの直前に守備位置を2塁側へ指示して動かした直後でした。
ベンチワークも一体になった瞬間です。

タイチは3番打者で捕手。
捕手はセンス抜群。新たな野球人生を見つけたかな。
このポジションでリーダーシップを学んで欲しかった。
とにかくキャッチングがうまくなった。
ユタカがリズム悪くなった際も、タイチからの返球にアクセントをつける事で、
アップアップの投手をカバーしろ、との指示もすぐに理解していました。
この点が流石。
更に、ただ一人、打席で毎球ごとに声を出している。
練習ではクールなあのタイチが。
初回の痛烈なレフトオーバー3ベースヒットは見事でしたが、
そのあとの2本のポテンはそんな気迫が後押しして生まれたヒットでしょう。

ユタカもFBを2個選ぶところは流石。
今日も先発投手。
ユタカは度胸が据わるまで先発投手を続けさせるつもりです。
今日、投球練習中にスライダーの感覚を教えましたがすぐ試合で何球か使っていました。
今後が楽しみ。

投手は途中からヒロにスイッチ。
試合前に、左足の上げ方が遠回りすることを注意。見事に試合では修正していました。
また最近は左足を上げてからからだを捩じる癖がついていますが、そこは個性として自分で選択したのだから矯正はしません。しかしその目的を一緒に話をしました。
ヒロはただ、捻って、戻して、投げているだけ。
しかしそこはヒップファーストに繋げるチャンス。
これにはもう少し時間がかかりそうです。

ユウタはもう不動の4番でしょう。
今日はヒットはでませんでしたが、しっかりと強いゴロを打っているところはGOOD。

トモは期待できる打者であり、頼もしいセンタープレイヤーです。
いつも堅実。
打撃では初回に痛烈なレフト線へのタイムリーヒット。
その後の盗塁も決めました。
走ることに実力を出し切ろうとしない選手。こういう選手は試合で走らせるに限る。
やればできるからです。

リョウはなんとしても活躍させてやりたかった。
試合後半に、同期の相手投手から見事にレフト線タイムリー2ベース!
嬉しそうでしたね。

ユウスケも大分バットを振れるようにはなりましたが、2年生としてはあともう少し。
バントの巧さはタマちゃんとトップ争い。
しかし、チームメートへの掛け声などは天下一品。必要不可欠な選手になっています。
今日は、守備で反省する部分がありましたが、不運もありました。
ユウスケだからこそ、不運では済まさないで、どうすれば良かったのかを理解してほしい。
試合後のミーティングでは、納得した表情をしていたので、次の決勝戦に期待です。

タマちゃんはまだまだスイングに力が足りていませんが、素質はバッチリ。
1アウト満塁でドキドキの時、3ボール1ストライクからスクイズを見事成功。
試合の流れを確保するために、ここはなんとか自分たちで点を捕らせたかった。
なのでこのカウントからスクイズを決断。
タマちゃんはこのような緻密な野球ができる点でチームワークを自ら作っている。

サトシの今日は、第1打席でランナー1塁の場面。
これは試合前のオーダー発表のときから、8番タマちゃんと2人でヒットエンドランをする、
と言ってあったにも関わらずサインを理解できず。残念。
良い打撃フォームになってきているのだから、まずはチームプレーをできるようにしないと。
どうしてもサインが分からないのであれば、1番バッターを打てるくらいになって欲しい。

ダイキは久しぶりの参加。
どうしても参加頻度が少ないので、フェニックスの練習メニューについてこれない様子。
サトシに代わって途中出場したのですが、まだ結果が出ず。
まずは練習に来られると良いのですが、なかなか勉強も優秀なので難しいところ。


さてさて、反省すべきはいくつかありましたが、まあチームプレーなので細かな事は割愛しましょう。
ただ、最終回に1,2番がそろってフライを打ち上げてアウトになったのは、久しぶりの連続フライアウトです。
この2人だからこそ注文。あの場面はあ2人とも雑だった。
ただもう少し押し手にパワーがあれば、特にユタカはもっと打てるハズ。





さあ、次は決勝戦。
1年生の奮起と投手の完成度を上げなければ優勝は難しいかもしれません。
でも、もう相手に3年生はいません。

ベンチーワーク次第でしょうか。





関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。