FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

同年代対決、開始

とうとう始まりました、同年代での試合。
いままで3年生の所属する相手チームに苦戦していましたが、今日のトーナメントからは同年代。
もう負ける事はないでしょう。

参加:
中2:ユウタ、ヒロ、タイチ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、サトシ、タマ、カイ

初戦の相手チームは常に優勝候補筆頭のあのチーム。
でも楽勝です。

と思っていました。



■1回表
先頭のヒロが簡単に三振。
2番ユタカ、3番タイチもそれに続いて3者三振の幕開け。
明らかにこの流れはトップバッターのヒロが作ってしまった。
しかし、今までヒロが如何に先頭打者としてチームを牽引していたかがわかります。
相手投手はそんなに良い調子ではなさそうに見えましたが、
この内容でいきなり選手達は相手の調子が良いと錯覚。
しかし、結果的に3三振。相手投手を褒めるべきでしょう。
タイチへの2ストライク目の高めのストレート。
この球だけは伸びていました。これでタイチが錯覚。
でも、それだけ伸びるストレートは効果的であるという事。
これを全球投げようとするとこれができない。
そう、たった1球で良いということ。
3人の内、一人くらいはセーフティバントの構えなどで牽制して欲しかったけど、
そこまで余裕がないのが現状です。残念だけど。

□1回裏
先発投手のユタカ、いきなり初球をデッドボール。
2番が初球を送りバント。これは助かった。簡単に1アウトをくれる。
こういう野球は我々は目指しません。相手は常勝チームという事で焦りがあったのかも。
3番サードフライ、4番サードゴロでなんとかゼロに抑えた。
それにしても初球いきなりの死球。でもこれでOKです。
インコース、アウトコース、アウトコースが基本。
投手の立場からすると死球は嫌な雰囲気になりますが、野球には付き物。
インコースを見せられた、と割り切りです。
ただ、避けないで当たった相手選手もGOOD

■2回表
4番ユウタ、当てただけのセカンドへのハーフライナー
5番トモ、セカンドフライ。6番ユウスケ三振。
この回のトモは初球に豪快なスイング。明らかに最近の不調から脱しつつある状況。
やっとトモにこの気持ちが出始めたのは必ず次戦以降に成果として出る、と期待。
トモを4番に推薦しましたが、監督と代表からは却下され、結局5番に。
トモとユウスケを並べる戦略は攻撃を難しくさせる予感ですが、
しかしトモは小柄ながらクリーンアップを打てる、打たなくてはいけない選手なのです。
それだけの努力をしていた、ハズ。

□2回裏
5番打者を三振に取った後、6番がレフト前にポテンヒット。
これは試合後コーチ会議で確認しましたが、やはり内外野の連携練習を多くする必要があります。
遊撃のヒロが深追い&左翼サトシの弱いダッシュ。ここはチームプレーの見せどころだったはず。
ほとんどエラーに近いこのプレーの後、2盗を決められました。
エラーで出たランナーを積極的に動かしてくるところは、相手チームも流石。
その後、8,9番に連続四球。ここがユタカの甘いところ。
下位打線に四球、しかもかき回されて・・・。
これは技術ではなく、ハートの問題でしょう。
だからこそ先発をさせています。でも大夫意識が変わってきてはいる。
さあ、2アウト満塁で1番打者。
でもここで開き直ったか、その1番打者をショートゴロ。
こういう場面での堅実な遊撃ヒロのプレーは今までの練習の成果が出ている。
野球に連打は期待できません。確率論のスポーツですから。
従って、エラーや四死球でもらったランナーは動かすのが鉄則。
相手もさすがに良いチームです。

■3回表
7,8,9番の1年生トリオ、リョウ/タマ/サトシ。
見事に3者連続三振。しかししかし、タマちゃんのスイングは素晴らしかった。
ここまで打者一巡で7三振。
メンバー内に妙な不安感が出ている。
しかし目の付け所をどこに置くかがポイント。
7三振でも、見送りは2個だけ。
しかも三振の中でもトモやタマのように素晴らしいスイングが出ている。
これで良いのです。みんなの成長を感じました。
1年生はまだまだスイングが弱い。そんな中でも結果は出始めてきた。
全打席で結果を出すのは無理。
なので1年生同士で補完し会う意識が出てくれば良いのだが。

□3回裏
投手をユタカからヒロにスイッチ。
私はここは大いに疑問。
いつも3回に崩れるユタカ。監督はもともと今日は2回までと予定していました。
前回の試合もやはり3回に失点しましたが、それはいきなり3連続エラーが原因です。
3回で崩れるから2回までとすると、いつまでたっても成長しません。
これはユタカが自分自身で払拭しなければいけない事。早く気付いて欲しい。
しかしこの試合の大きなキーポイントになった事は間違いなく、監督のファインプレーと言えるでしょう。
さて、2番手のヒロ。2,3番打者に連続四球からスタート。
でも続く4,5番を連続三振。6番も平凡なサードゴロ。
やってくれます。
ユタカには、まだ投げさせてください、という時がくるまで、
肩が痛かろうが先発投手をやらせるか。

■4回表
さあ、そろそろ試合が硬直してくるころ。
先頭の1番ヒロ。1打席目に続いて三振。どうも合っていない。
でもこの打席はヒロなりの工夫がありました。
私もアドバイスしましたが2足分くらい投手よりに立っていました。
相手投手は選手達が感じているほどの良い出来ではなく、お辞儀する低めの対処が難しくなっていたためです。
しかし3ストライク目の球がアウトローに決まってしまし、これは仕方なし。
次打者2番のユタカは相手1塁手エラーで出塁。
3番タイチはまたまた三振。
相手投手にエンジンがかかり始めたように感じる3人との対戦でしたが、
本来のヒロ/ユタカ/タイチならちょうど打てる投手のハズ。
ある程度のスピードと、コントロールがまとまってくれている投手の方が
今のフェニックスメンバーにはタイミングが合います。
そういう練習を最近してきているので。
2アウト1塁。ここで4番ユウタ。
ヒットエンドラン!
見事、ユウタの打球はセンターの頭上を越す3塁打、1点先制!
これがフェニックスの野球です。見事なセンター方向。
やはりユウタのスイングは一味違う。
いや、母ちゃんが見に来ていると明らかにヤル気が違う。
続く5番トモは投手フライ。積極スイングはOKです。
やはり、難しい投手ほどセンター返しです。
考えたのか、はたまた偶然か?

□4回裏
またまた先頭の7番打者に四球。ヒロの真骨頂?
下位打線故、8番に代打でバント。
9番にはエース(?)が代打で登場でセンターライナー。
トモが好捕して2塁へすかさず返球。このプレーを見てもトモの復活が見えてきました。
つづく1番打者は投手ゴロでチェンジ。
投手は常に1を大事に。
初球、ファーストストライク、1アウト目、初回、第一試合、.....

■5回表
相手投手は代打に出てきたエース。
6,7番のユウスケ、リョウは連続三振。
タマが粘って四球を選び、9番サトシ。
最近ぱっとしないサトシが遊撃の後ろに落とすテキサスリーガーズヒット!
要するにポテンH。
でも、ヒットはヒット。サトシ、自信をもて!
2アウトながらワイルドピッチ後で2,3塁。
ここで1番ヒロ。
2打席連続三振ながらも相手エースからきっちり二遊間を痛烈に抜けるタイムリーヒット!
この追加点は大きい。
ここがヒロの流石なところ。この集中力をどうして常に出せないのか?
ただ、このヒットで2塁ランナーは、強引にホームへ走って欲しかった。
そういう練習をしてきたはず。第2リードと2アウトの意識が無い。
こういうところはまだサトシは1年生なんだよな~。
2番ユタカはセカンドゴロ。
ユタカにセンター返しの意識があったら試合がここで決まっていたかも。
少なくともサトシの消極的走塁をカバーしてやれた。

□5回裏
さあ、追加点後の守り。
いつもなら『守んなきゃ』、と自らプレッシャーを感じて崩れる場面。
2番セカンドゴロ、3番三振、4番セカンドフライ。
この回は特に2塁手のユウスケの守備位置を前にさせました。
深く守るのも良いのですが、ユウスケの肩との比較です。
それと明らかに相手打者は転がすイメージで打席に入っています。
前に来る分、ユウスケもジャッグルしても大丈夫、という安心感につながる。
このバランスを見て前に出させたのがうまく機能したイニングでした。
リードが広がって右方向に打球を飛ばした相手チーム、流石。

■6回表
3,4,5番。タイチ:セカンドゴロ、ユウタ:サードゴロ、トモ:サードフライ。
全員意気消沈。
でも違います、初めて三振の無い回でした。
トモは3打席連続でフライを打ち上げてしまいましたが、今日のそれは結果論でしょう。
積極的に振った結果です。全く問題無い。

□6回裏
先頭5番打者が平凡なサードゴロ、ユタカが捕って1塁へ!
ショートバウンド。
しかしこれを1塁リョウが捕れはしませんでしたが、何とか止めてノーアウト1塁。
これが素晴らしいのです。
まずは、ユタカ。よくワンバウンドを投げた。いつもなら緊張から高く反れてしまいます。
そして、リョウ。よくぞ止めた。いつもならミットで捕球しにいくので後ろへ逸らす。
これがチームプレーです。
このワンプレーでチームとして大きく成長した事でしょう。
しかし、ピンチ。
6番打者が送りバント。ラッキーです。1つアウトを貰いました。
エラーの時点で1点相手にやる野球ができると思っていたところに1つアウトをくれたのです。
それを指示。
7番打者は四球。
8番打者が三振する間にダブルスチールで2アウト2,3塁。
9番打者時にパスボールで1点。タイチは悔しがっていましたが、1点はベンチとしては何ともありません。
結果、その打者はサードゴロ。
タイチのミスを投手ヒロ、三塁ユタカ、一塁リョウが救ってくれました。
この回は大きなポイントでした。
案の定1点は取られましたが、エラーあり、チームプレーあり。
何より、捕手のタイチが自ら選手を集めて作戦タイム。
これです。
パスボールなんか痛くない。タイチよ、リーダー哲学を学べ!

■7回表
1点差になってしまいましたが淡泊攻撃。
6番ユウスケ四球。7番リョウは全3打席連続となる三振。8番タマ三塁ゴロ。9番サトシ投手ゴロ。
1年生3人の結果は三振と内野ゴロでしたが、
リョウは相手エースのチェンジアップにタメを作って強いスイングができました。
しかし、いかんせんスタンスが広すぎ。
あれでは腰を回せないどころか、突っ込んでしまう。
一度教えたことなので、自分で気付いて工夫するまで待つこととしよう。
タマは、ファールにはなりましたが痛烈な三塁線への打球。最近のスイングは急激に良くなった。近い内に打順を上げても良いかも。
よしよし。
この流れで最終回の守りに入れれば大丈夫。
できれば、一人くらいバスターかセーフティーの構えで......

□7回裏
素晴らしいくらいの掛け声でした。
最初っからそうしろ!
1,2番を連続三振。
3番には力が入り過ぎで四球。
相手チームから牽制にクレームが入りましたが、全く問題無し。
サラリと教えた牽制テクニックをヒロはもう自分のものにしています。
しかし、盗塁されて2アウト3塁に。
ここは相手チームのズルいところ。何でもない牽制にクレームして牽制しづらくして盗塁。
こっちはヤジではなくて野球で勝負しよう。
さて、こからがまた素晴らしい。
この場面、いつもだったらガチガチに緊張して声もでなく、
簡単にワイルドピッチ、パスボール、エラーなどで同点になるケース。
でも、掛け声は途切れなかった。
結果、4番を三振にとってゲームセット。
2-1の勝利。
この場面、ヒロとタイチで組んだバッテリーの根性を見た気がします。
ここを三振で切り抜けられるかどうかは投手として差が出るところ。
野手に負担を掛けないで試合を終わらせるためです。
ヒロを操縦できるのはタイチしかいません。
試合後のミーティングでこの場面をクローズアップしました。
あの場面で、もし自分のところに打球が来ていたらどうなっていたか、よく考える事。
勿論マイナスイメージをもつ必要など無い。
しかし、あの場面でチームのためのワンプレーをどのようにできるか、
そこが日々の練習の目的でもある。という事です。
皆マジな目つきで聞いていたのが印象的。

前回の試合は同じ相手で決勝戦。
相手との兼ね合いでカイの出場する機会がなかったのは残念。
でも、目標を明確にして練習に取り組んでから試合に出て、確実に小さな成果を積んでいこう!


奪われた三振が7イニングで12個。
かなり多いのですがそんな日もあります。
でも僅差で勝ったのです。
明らかに大人の野球を彼らはやりました。
牽制時の帰塁は皆が手から帰っていたところにも表れていました。
相手にはそんな姿勢は全く感じられない。
特にユウスケの帰塁が凄く速くなっていた。練習では一か八かの帰塁だったのに。
二本のタイムリーヒットもセンター方向でした。
工夫の結果か、はたまた偶然か?
いずれにしろ素晴らしい打撃。
チャンスで凡退した選手には良い見本になったハズ。

とにかく、練習の成果が出ています。
特に試合前後の挨拶の声だしは多摩地区で歴代No.1でしょう。

この経験は大きい。

この試合、相手ベンチからのヤジにはゲンナリ。
俺たちは俺たちの野球で勝負していこう。
そういう練習を重ねてきたのだから。


前回大会で準優勝。
決勝で負けたのは今日の相手で3年生のいるチーム。
しかし同年代なら勝てるのです。
しかも、少ないチャンスをものにして、守り勝った試合。
これで前回の銀メダルに意味が出てきます。

俺たちはもっとポテンシャルをもっている、そして強くなれる。
少なくともまだ秘密兵器がいる。
権田原権之助、お前だ。
待っているぞ、ダイキ!

勿論、今大会狙うは金メダルです。



技術的ポイントで目についたのは以下の2点。

まずは打撃。
多くの選手の構えのスタンスが広すぎて、腰をつかえていない&結局つっこんでしまう&タイミングがとれない。
フォームを治せ、とは言わないが、踏み込む足の踵を投手の動作に合わせてステップするように動かしてタイミングをとる。いわゆるシンクロ打法を薦める。
驚くくらい軸足足荷重を意識できる事と、タイミングがとりやすくなる。
特に、トモとリョウはこの効果は大きいハズ。
実はこのシンクロをヒロ、ユウタは自然にできている。

次に投球。
これは特にヒロ。最近のフォームが自然変化。意識しての事ではないらしい。
良くなっているのだが、注意ポイントもある。
その一つに、投げる右腕が弛緩していない事。バックスイングからトップの位置まで常に肩の筋肉に常に力が入っている状態。この修正のためにバックスイング手前でボールを持った手を現在は斜め下に持って行っているが、これを真下にする。これで力が抜けてリリースポイントで一気に爆発させる腕の軌道を作れるはず。
ヒロ以外にも、殆どの選手がこの効果を得る事ができるハズ。

おまけにリョウ。
身体のバランスのとり方に課題。投げる動作、捕る動作、打つ動作、それぞれでバランスが悪い。もしこれが修正できたなら、とんでもない選手になるかも。これがうまいのは実はトモ。
そのためには、本人の理解と自覚が必要です。









関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。