中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まさか

さあ、決勝戦。
私は事情により欠席ですが、下馬評は当然我がチーム有利!

参加
中2:ユウタ、ヒロ、タイチ、トモ、ユタカ、ユウスケ、ダイキ
中1:リョウ、サトシ、タマ

最近、カイがなかなか顔を出さないのが気がかり。




さてさて。
たまたま時間の工面が出来たので遅ればせながら試合会場へたどり着いたのは、4回表。

0-2 で劣性。

どうも元気が無い。

その後、チャンスを作るも続かず得点できないまま、
6回裏に一気に3点取られて勝負あり。

5回表、ノーアウト2塁でセカンドフライは痛かった。
その前の4回表は3人ともフライアウトだったのでなおさら。


なぜ、あれだけ元気が出せないのだろうか。
雰囲気さえ作れば、今までだって素晴らしい野球をやってくていたのに。
本当にもったいない。



エラーもあった。チャンスで内野フライもあった。
しかし、最も反省しなければいけないのは何なのだろうか?
もう、自分たちで気付かなければいけない。
もう小学生ではないのだから。



私が見ていて残念だったのは、
1人の態度と全員の準備。
それと何度も同じ注意を繰り返しされていて変化が見られない事。



たった一つの工夫があれば問題のない試合だったハズ。
打席の立ち位置。
いつも言う事。ホームベースに近づいて立て!
今日の相手投手は殆どが外角への投球。
一方、フェニックス打者はほぼ全員がベースから遠ざかって立っている。
デッドボールが怖いのだろうか?
1打席目は仕方無い。
しかし、前の打席やチームメートの打席を見ればすぐにわかる事。
他人事?
私がいつも言っている、『ベースに近づいて立って、バットの根っこでしぶとく押し込め!』
これは、何だったのだろうか?

それと二塁手。
何度も言っている注意事項が全くできていない。
技術やパワーではなく意識の問題であるが故に残念でならない。




しかし、ある選手には1歩進んだ面も見られました。
明らかにファールフライを落としたエラーなのですが、
緊張なのか大事に行こうとしたのか、落とした後に膝から崩れ落ちた。
これは体が動いていない証拠ですが、しかし気持ちがこもっているからこそとも言える。
だったら、もう一つ求める、なぜ準備をして置かなかった?
打者がスイングをする前から、自分のところに来たらどうする、
というイメージで準備していたか?
または試合前や普段からの練習でそのように飛び込んでいたか?



切り替えも必要。
しかし、一方であのような態度で決勝戦に臨むのは、スポーツマンシップに反するのではないか?

まるで葬式のような試合運びにしてしまった声出しや、
仲間の送球/返球が反れても捕ろうとしない態度。
試合の流れを考え切り替えようとする工夫。

特にこの3つは徹底的な反省を求める。
もう彼らは立派に判断できる大人だ。

この反省ができなければ野球をする意味がない。



とは言っても、まだチャンスはある。
今月中に練習試合を監督が計画してくれている。

すぐに取り戻せるハズだ、彼らなら。
反省ができるからこそ成長につながる。
私も猛省。
言われなくてもできる選手を、仲間同士で仲間を育てられる選手を育てなければ・・・
今までは何でも指示し過ぎたのかもしれない。

私は、選手と共に指導陣も成長するチームと考えて参加している。
今こそ、チームとして次のステップへ飛躍するチャンス。

そう信じています。




関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。