FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

予想できた今日の試合展開

本当にお寒い天気と試合でした。

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ、ダイキ
中1:リョウ、タマ、サトシ

カイ以外は全員参加。
10人。正にギリギリの戦い。


昨日の練習から今日の結果は予想できました。
5イニングを2回。

第一ゲームは勝ちましたが、第二ゲームはボロボロ。

声を出さない選手が結果的に致命傷に繋がるエラーに。
エラーは良いとしても、そこから自ら悪いムードへ。
すぐにパニックになってしまう。これが悪循環への原因。
そのムードを投手の四球が後押し。

エラーと四球はまだ良いのだが、自分たちで払拭する雰囲気を作れるようにならないとイカン。
タイチも一人だけでチーム全体へ声がけをしても流石に雰囲気を払しょくするまでは難しい。

最も残念なのは二遊間。
ここは、野球の要。
第二試合で、遊撃タマ、二塁ユタカの新フォーメーションを試してみた。
そこそこかな。
この2人の動きは正に遊撃手と二塁手のコンビネーションの基本に近いものは感じる。
それでも寒い時間が長くなってくると・・・



まあ、守備にエラーはつきもの。
投手に四球はつきもの。
だったら打って獲り返せば良い。

その気迫があるか?
なぜ、普段の練習でやっていることが出せない?

『彼らはこの程度なんだ』と現状把握して再出発?



何度も同じことを言って注意している。

でもそれができない。

これはどういうことか?

そうそう、寒いから。だったら良いのですが・・・


選手達の『悔しい』という気持ちがもしあるのなら、
それが唯一の希望でしょう。
そこから今年の締めくくりと来年への再スタートに繋がる。



さてさて、
第一ゲームの途中まで撮ったビデオを見たいと思うメンバーは居るのかな?
全員のスイングが鈍かったのがよくわかります。
準備する事の重要さがわかります。
何を考えるべきか、という事がわかります。
悔しさがあればの話ですが。




否定的な事ばかり書いてしまいましたが、
そんな中、実は個々での工夫や頑張りも垣間見られました。

少なからず成長はしています。
だからこそ歯がゆい!



ヒロ、バット選択と3塁ランナー時のスタート
タマちゃん、初ショートでの無難な送球
タイチ、盗塁阻止とチームへの掛け声
ユウタ、粘りの複数安打
トモ、新打法と新投球術
ダイキ、腕を畳んだスイング
ユウスケ、試合を締めるスクイズ
ユタカ、打席でのカウントの作り方
リョウ、エラー後のモチベーション
サトシの・・・


サトシは、昨日の打撃練習でのレベルスイングは見事。
ドアスイングだけどレベルで振れているので矯正よりスイングスピードを目指そう。
もっと練習に出てくることが先決。


などなど。









関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。