中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新入部員

昨日は、新入部員候補の3人が見学にきました。
とうとう、現1年生は先輩に!

参加
中2:ユウタ、タイチ、ヒロ、ユタカ、トモ、ユウスケ
中1:リョウ、タマ、サトシ、カイ

私の参加時間がいつも以上に遅れてしまったので、
見学の3人に特別な練習を体験させてあげる事はできませんでしたが、
最後に伝えたメッセージは・・・


ここは『野球部』ではない。
English School です。いやいや、『クラブチーム』です。
(ヒロがクラブのスペルを正確に言えました)
という事は、
・強制する練習ではない。
・もしシンドイ時があったら練習中でも自由に言ってもらって休憩して良い。
・普段の学校生活でできない事を試してみる事ができる組織。
・普段の生活で嫌な事があったらそれを忘れる事のできる時間。
是非、自分自身のポテンシャルを試しながら引き出して欲しい。


同じような事は毎年言っているのだが、
1,2年生はわかっているのでしょうか?


流石に2年生の残り時間が少なくなってきました。
最後の外周は1年生6周、
2年生は全員でまとまって走り周回数は自分たちで決めるようにしました。
もう指示されて練習する姿勢から少しずつ自分達で判断するようにしてほしい。


結局2年生は4周走ったそうです。
まぁ、何周でも良いのですが、
彼らが、
1年生の周回数との差をどう考えるのか、
外周ランの練習に取り組む姿勢に対してどう考えるのか、
それが大切。


最後には真摯に取り組んだ者のみが、
・感動を知ることが出来、
・経験としての人生の財産が得られ、
・自身の精神力や仲間という強力な武器を持てるようになる。


彼らには全員にそのチャンスがある事を理解してほしいものです。






さてさて、来週末は3連休ですが、日曜日のみの活動とのこと。
また別の小学生チームから数人規模で体験にくるそうです。
そのチームOBのリョウがいろいろと世話役をしてくれているようです。


11時ころまで体験練習をしてから、
練習試合との事。



そろそろ、先発投手にタイチを考えないと・・・
でも、オーソドックスにユタカか?

思い切ってリョウにやらせてみたらどうなるかなぁ。






関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。