中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

欲と制御と反復

スポーツの理論は時代と共に変化します。

昭和時代は、バックスイングを大きくとれ、と言われていました。
それだけ、パワーを溜め込めるからでしょう。

今はそうではありません。
一昨年に在京球団から福岡の球団へトレードされた強打者はこれが原因で長年のスランプに陥っています。
メジャーでも殆どバックスイングはなく、捕手からすると突然バットが出てくるそうです。
投手もおなじですね。

何故?

昔は、今ほどにボールのスピードや多彩な変化球がありませんでした。
ストレートとカーブだけの優秀な投手が多くいました。

最近ではスライダーが中心。
プロはこれにスプリットやチェンジアップが加わります。

何故?

人の体力自体が向上していることが大きいのですが、道具の変化もあるはず。
最近の軟式球は硬式球に弾道が似るように設計されています。
また昔は多少汚れてもそのまま試合で使っていました。
土がこびりついたボールは思ったような変化をしてくれません。
と言うか、変化自体をしてくれないのです。
特にフォーシームの延びの違いは顕著でした。
だから、今で言うカットボールなどは否定されていました。
意識して投げる人が居なかったからです。
でも、ストレートとカーブははっきりと見分けができ、良し悪しが判断しやすく、要するに練習しやすかったわけです。

結果、そのような単純(先輩方ごめんなさい)な方針なため今ほどの繊細さは必要なかったのかも知れません。


しかし今はもう時代が違います。
バットだってその反発の仕方は昔から比べるとけた違いで改良されています。

そのような中で昔のようなまま、よく言えば豪快なフォームは現代の野球を難しくしてしまいます。
それでもそれを貫く姿勢は時に必要ですが、まずは基本をキチンとしてから豪快さを伸ばす必要があります。


やっと今日の本題です。

もっと強い球を投げたい欲。
そのために右投手の左肩が三塁方向までねじってしまうバックスイング。
いわゆる捻り。
野茂投手は特別。
そこを目指すなら並大抵な下半身トレーニングでは駄目。
相当な覚悟が必要です。
野茂投手の後に同じフォームで成功する投手が居ない事が証明しています。

その欲を抑制し、フォームを安定させる制御を最優先に。
それができたら、自分自身のフォームでパワーの最大化を図る繰返し練習とそこからのチューニング。

この順序が必要。

特に強肩の速球派投手は要注意。
腕や肩肘で投げるのではなく、体幹です。

投球練習を始め、バテてくるとイメージ通りの球が行かなくなる。
すると無理してさらにフォームに無駄を作り始める。
結果、制球できない。
更に無理する。
そして肩肘を故障する。
速球派の宿命でしょう。
若い選手には如何に指導者がキチンとみてあげるかでその選手の将来が左右されます。


上述のような状況になったら、投球練習を止めさせ、例えば外野からのバックホームなどの遠投に切り替えて練習させるなど工夫をしてやる必要があります。
遠投は捻りません。
速球派はガテン系や体育系で考えがちですが、練習を打ちきる厳しい姿勢も指導者には必要でしょう。

少なくとも、私が学生時代にそのようなアドバイスがあったらと、後悔するような思いは大切な選手たちにはさせたくありません。


さてさて、今日はお寒い中での練習始め。
ユタカ以外は体が動いていないようにみえました。
このように間隔が空くと動けなくなるのはもう今の選手の限界なのでしょうか?

来週は、審判講習会なのであまり組織的練習はできないかも。
選手の自主練習に期待。
現2年生はいよいよ時間がなくなってきた。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。