中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

好調発進!

※だれかコメントくれたのですが、誰だかわかりません。
 名乗ってくれれば解説しますヨ!



練習試合、2連勝!
来週から始まる公式戦。その前の練習試合は2勝1敗で行こう!
と目標を立てたが、その上をいく2勝無敗。

参加
新中3:ヒロ、タイチ、ユタカ、トモ、ユウスケ(練習のみで帰宅)
新中2:リョウ、タマ
新中1:ヒロト、シュン、シンノスケ、ダイキ、リョウガ、ミッキー(練習のみで帰宅)



勝ったから、というわけではないのだが、
今日は、選手の成長を感じた試合でした。


ダイキ
レフト線への痛烈なライナー。
抜ければ確実にランニングホームラン。
これを好捕。実にグレートなプレー。
厳しい守備練習の賜物。本当に凄いプレーだった。
6年生でこのプレーができるなんて!
正に完投したヒロを助けるプレーでした。
ダイキはすでに3塁または左翼を十分に任せられる。

シュン
2試合目の先発。
見事に3イニングを0点に抑えた。
ステップする足の出し方がまだ上からドスンと行ってしまう事と
1塁ランナーを見るときに肩のラインがななめになる癖がある。
本人に伝えたが理解できている様子。
すぐに修正できるだろう。

そしてなんと言っても、ヒロト。
上級生から左中間へヒット。
ちょっとおよいだが、しっかりと叩いて小学生とは思えないクリーンヒット。
打席に向かう前に、
ボールに合わせるのではなく自身最高のスイングをしろ、
そうすれば投球にスイングが必ず勝るから投手寄りに立て、と指示。
その直後だった。素晴らしい。
2試合目もこれまたクリーンに三遊間。
新4番へ向け、リョウ、シンノスケとの争いに1歩抜け出た!

新2年生ではリョウ。
1試合目で三遊間へ強めのゴロ。
今までだったら遊撃に譲っていたところ、かなり無理して捕りに行った。
これが素晴らしい。
これこそ三塁手。
しかしファンブル。
ここからがもう一つの成長。体を回転させながらほぼノールックで1塁へ。
このプレーを褒めてやりたい。
エラー後の動作が速いのだ。1塁のトモを信頼して素早くアクロバチックスロー。
あそこで強いワンバウンドを投げられたのは正にチームプレー。
よくぞここまでになった、リョウ!
普段から言っている、捕れなくて良い、その本質がここにあるのだ。

そして新3年生、トモ。
リョウのそのボールをベースから離れないで一か八かのギャンブルプレー。
ベースから離れた位置でのハーフバウンド。
1塁手としては本当に難しいプレーだ。
トモはこれを安パイとしてベースから離れないで捕りに行った。
これこそがチームプレーだ。
リョウの思いがあるからこそ打者走者を刺しにいくためのギャンブル。
難しいハーフバウンドを捕るだけではなく、ぎりぎりまでベースにつく足を粘ってアウトに。
打球に対するファインプレーなんてそんな簡単にはいかない。
しかし、仲間の悪送球はゼッタイに止めてやれ。これは正にそのプレーだ。


※これこそがフェニックスが目指すチームプレーだ!
ぎりぎりのゴロにチャレンジし、トモを信頼して送球したリョウ。
そのリョウをカバーできる位置に回り込んでいたユタカ。
リョウのチャレンジを生かすためのギャンブルキャッチでアウトにしたトモ。
これです。これが、ずーーーーと追い続けていたチームプレーです。


最後に、ヒロとタイチのバッテリー。
今日は素晴らしかった。この二人は今日で一皮むけたか。
午前の練習から相当な球数を投げているはず。
練習中に一つ技術的アドバイス。
ボールを離さないつもりで腕を振って投げろ。
無茶な要求ですが、指先でボールを切る感覚を持つためにトライです。
当然、かなり手前でワンバウンドします。かなり難しい練習。
これが効いたのかどうかはわかりませんが、今日の投球は安定していた。
驚いたのは、3ボール2ストライクからスライダーで三振をとる。
このようなシーンは今日何度かありましたが、3-2からのスライダーです。
もし私がヒロの捕手だったら絶対にストレートを要求します。
これは、如何にタイチがヒロを信頼していたか、という事。
素晴らしい。
1度、捕球ミスで3塁ランナーがホームインしてしまいましたが、
今日のタイチのキャッチングはそれを十分に補うものでした。
最後の2イニングはさすがにヒロのフォームも疲労して、
上げる足の高さが不足し始めましたが、ここは今後の練習課題でしょう。
とにかく今日のバッテリーは素晴らしかった。
ヒロも自分の好調さを気づいていましたが、それはチームメートがいてこそのもの、
ということに気付いているだろうか?
一つ、バッテリーにケチをつけるとしたら変化球に便り過ぎ。
例えば前半と後半とで、ストレート主体と変化球主体など変化を付けるとか、
または、下位打線には徹底して速球で押すとか。
同じパターンで多めの変化球。
鍛え抜かれたチームにはたとえ今日の好調さでもそう簡単にはいかないだろう。

最後にユタカ。
やはり頼りになる。
盗塁しまくり。
ヒロとユタカの1,2番は非常な攻撃力を持ち、相手にダメージを与えるコンビ。
守備も最高にうまい。
恐らく8年間の私のフェニックスコーチ経験でNo1だろう。
遊撃から深追いしてレフト前ヒットにしてしまったのもユタカのポテンシャルあってこそ。
レフトが1年生だったのでそのコンビが慣れてくれば問題無。
ただ練習試合とは言えど、ユニフォームを忘れてくるのは論外。
なので試合中は体験練習生としての扱いだった。



特に目立った選手のみ紹介しましたが、
皆良いプレーがありました。
4番主将がいなくてもこのような試合運びができたのは大きな収穫。

チームワークは人を助け、自らを成長させてくれる。
やっと、実践できるようになった。
もう少し早く実践していたら、もっと多くのメダルを手にしていただろうに・・・。




ただ、皆のスイングスピードがまだまだ弱いのは素振りを怠っている証拠。
公式戦まであと1週間。
明日はなんとか都合つけて細かな戦術を徹底することとしましょう。





関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

俺はどうでした?

| URL | 2014-03-10(Mon)21:41 [編集]


Re: タイトルなし

> 俺はどうでした?
俺って誰?
名乗ってくれればちゃんと解説するよ!

yak_baseball | URL | 2014-03-10(Mon)22:40 [編集]


にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。