FC2ブログ

中学生野球のコーチ日記

東京で中学生軟式野球のコーチをしています。 2012年11月からは新たに1年生だけのチームで再出発。 毎週の練習日記を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

惜敗

前回ブログの続き。


そう、負けてしまいました。

2-3

3点取られるのは想定内。

しかし、スクイズのゲッツーなど不運もあって、2点足りなかった。




負けた以上は理由がある。

味方のミスをカバー出来なかった。

エラー後のピッチング
最初に取られた1点は正にこれ。
エラーは仕方無い。
プロだってエラーする。
問題はそのあとに易々ととられてしまった。

それと、
エラー想定のカバーリング
相手の3盗時の三塁への送球エラーも続けてしまったが、
2回目に自重するようなチンケな野球はしない。
チャレンジあるのみ。
結果、ミスをしてしまったが、
それでも送球しろ! と指示したのは私。
私はその選手に、『よくぞ投げた』と褒めてやりたい。
もしできるならレフトが2回目には三塁ベース後方に詰めて、
いち早く本塁へ送球できたら・・・
しかし、その時のレフトは1年生。それを指摘するのはまだ酷な話だ。

そして終盤の不用意な長打

これらはー仕方ない。

3点に抑えたのであれば、まあ良しとするか。

問題は、弱い部分を避けていた事。
心当たりのある選手もいる事だろう。
しかし、だからこそ練習は大切なのだ、という事に気付くことができた。
これは大きな財産だ。

普段からの練習で意識をもってすれば、
不運のスクイズゲッツーや2塁走者走っても1塁走者走らず、
このような事は防げたのかもしれない。

最後に同点に追いつくチャンスもあった。
しかし、バットに当てる事すらできず。
また中軸打者も含め、明らかに素振り不足のスイングスピード。


しかし、しかし、しかし、素晴らしい試合であり、
この日に見た4チームの中で最も魅力あるチームであり、
声も素晴らしく出ていて、本当に良い野球をやっていたのは
我々フェニックスだった。

私は、
負けはしたが誇りに思うことのできるチームになったと、実感。

よくぞここまでになった!





最近の練習試合やこの公式戦をみて、守備はかなり出来てきた印象。
守備を作るのに2年掛かってしまった。

しかし、新3年生の上の世代はこのチームには居なかった。
更にその上の代はたったの3人。
要するに3年生の代では1からチーム作りをしなくてはならなかった。
そこで最初に着手したのが守備。



今は3学年揃ったので、今の守備レベルは保ちながら
次は投手の育成に入ります。

まず、ターゲットはタイチ。

敗戦後、責任を感じていたタイチと意思確認。
上述のように弱さを避けていた事を反省し、
投手としてのトレーニングに入ることに。
2年前からの構想でもあり、本人もラスト数か月へ向けて認識している。
やっとそこに来たな、という感。
(せめて半年早ければ・・・)



投手の育成として、チームで再確認したいのは、
投手をやる選手の人間性。

明らかに、タイチはその資質はチームNo1。
常にチームメートに声を掛け、
時には叱咤し、
良いところはキチンと褒める。

どうすれば、良いチームにすることが出来るのか、
真に強いチームというのは、良いチームであることがその前提。

選手間でのコミュニケーションや態度はそれを左右する。

私は、勝つ事だけを目指すような野球はしない。
技術はその人間性の上で初めて技術としての真価を発揮するのである。
肝に銘じなければイカン。




野球を通じた人間形成。

これが理念であるべきですね。







関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 野球ブログ 中学野球へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。